「他人を思いやる気持ち」ユニクロ柳井会長、2年連続「日本一の富豪」に。

caramelhoney
米経済専門誌「フォーブス」は先ごろ、アジア版4月号で「日本の富豪50人」を発表し、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(写真左)が155億ドル(約1兆4800億円)で2年連続のトップとなった。昨年の資産は106億ドル(現在のレートで約1兆400億円)。

米フォーブスが日本の富豪50人を発表しました。

やっぱり1位は、この人

柳井会長はユニクロを世界的なSPA(製造小売り)企業に育て上げた人物として知られる。

4年連続日本一

日本一ですって。

なぜ、富豪となりえるのか

柳井会長「ユニクロは高すぎる」
柳井会長「ユニクロは高すぎる」 – livedoor ニュース

「アジアで圧倒的No1になるためにはユニクロの価格は高過ぎる」とも

心得は、著書にある

この本を書くことは、
一経営者としては正しい判断ではないかもしれない。
だが、書かずにはいられない。

私はこの国に生まれ、この国を愛しているからである。
かつてあの時代に、松陰が覚えたであろう危機感を、
いま私も強烈に感じている。

1人でも多くの日本人に、その危機感が伝わってほしい。
そして誇れる日本を取り戻すには何をすべきか、
読者1人ひとりが考え抜いてほしい。

本書は、私の大和魂である。

ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井 正
『現実を視よ』… 本書は私の大和魂である/柳井正 | 書評 | PHPビジネスオンライン 衆知|PHP研究所

他人を思いやる気持ち

組織に対する忠誠心

勤勉で努力を惜しまない

清潔できれい好き

謙虚に学ぶ姿勢

異質のものを受け入れて昇華させる懐の深さ

偲び寂びや人情の機微がわかる力

企業としてのありかたを書いたエッセンス本。だけど個人としても当てはまることが多い。

今でこそドラッカーが愛読書だという柳井会長

『企業は社会の公器である』

『すべての正解はお店の現場に』

『ユニクロで一番重要なポストは店長』

https://matome.naver.jp/odai/2136558324679888001
2017年11月02日