美容にもNG!睡眠不足は女性ホルモン減少につながる!?

hozu_7
生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調につながる睡眠不足。ホルモンの関係で女性は睡眠コントロールが難しい!?

睡眠不足が続くと、エストロゲンの分泌が低下
睡眠不足は女性ホルモンを減らす:日経ウーマンオンライン【眠れる夜の美女】

エストロゲンには、女性らしさや、肌のハリ・ツヤの維持など、美容的にも重要な役割を担っています。

●女性ホルモン(エストロゲン)の低下が招く症状

生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調、イライラ、不安、不眠、物忘れなどの心の不快症状、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどのお肌のトラブル

睡眠不足などで脳の機能が低下していると、ホルモンの分泌が乱れ、さらにホルモンの分泌が乱れることで脳や体の機能も低下
快適お目覚め術 » vol.20 睡眠リズムと女性ホルモンの深い関係-女性の眠り1 – 快眠[カラダ]:朝時間.jp

女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。

“朝すっきりと起きられない”は女性の方が多い!?
“朝すっきりと起きられない”は女性の方が多い!? – 寝具と睡眠に関する調査 | ライフ | マイナビニュース

睡眠についての悩み・不満を聞いたところ、「疲れがとれない」「睡眠時間が足りない」「眠りが浅い」「朝すっきりと起きられない」などが上位となっている。
「朝すっきりと起きられない」女性30代以下では4~5割が悩んでいることが分かった。

●快適な睡眠を得るために

「90分1セット×4マイナス30分」とすると330分、5時間半あるいは、多めに寝て7時間弱が、すっきりと起きられるサイクル
眠れない女性たちへ 安らかな睡眠を約束してくれるヨーロッパ流「眠り姫になれる方法」 | 美容ブログ [女性の美学]

女性ホルモン分泌と良質な睡眠のために
・規則正しい生活を心がける
・ゆったりとお風呂に入る
・体を冷やさない
・ストレスをためない
・無理をしない

床に入る1~2時間前にぬるめのお風呂にゆっくりつかり、一度体温を上げてから体温が下がるタイミングが床につくタイミング
眠るための工夫を – 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部

、眠れないときは部屋の温度は一年を通じて通常よりも低めに設定し、寝具などを工夫して睡眠に入りやすい環境を整えましょう。特に更年期のほてりやのぼせなどは寝付きを悪くする大きな原因。寝苦しいときは、氷枕などで頭を冷やすと深部体温が下がって眠りにつきやすくなります。

https://matome.naver.jp/odai/2136517280429259101/2136517482329726503

朝の小さな楽しみを思い描いて眠ることも安眠に効果的。
眠れない女性たちへ 安らかな睡眠を約束してくれるヨーロッパ流「眠り姫になれる方法」 | 美容ブログ [女性の美学]

朝食でもいい、翌日の服でも、朝の太陽でもいいのです。ポジティブな想像をして眠りにつくと、心が落ち着き、安眠に導きます。

https://matome.naver.jp/odai/2136517280429259101
2013年04月06日