【貴方の運命のドレス選びに】ウェディングドレス種類と解説【日本人の体形向き】

sasakoto
ウエディングドレスは種類が沢山!
ウエディングドレス選びはとっても大変!
選んでいるうちにわかんなくなってしまったなんて事も多々あります。。。また、自分の持っているイメージと試着してみたイメージが違っているという事も多いでしょう。

そんな悩める花嫁達に自分にぴったりの運命のウエディングドレスを見つける渡し船サイトです。

◆Aラインドレス

ウエディングドレスの中でも人気の高いAラインドレスはかのクリスチャン・ディオールが発表したシルエットラインです。

シンプルなシルエットは体型をスマートに美しく見せてくれるので
可愛いアレンジやエレガントなアレンジにも自由にその人に合わせてコーディネートができる優れモノです。

【Aラインドレスの特徴】

ウエストより上はタイトに、ウエストより下のスカート部分は裾に向かって自然に広がっており、アルファベットのAの様なシルエットが特徴、

シンプルなウエディングドレスがおもですが、最近はゴージャスな刺繍や特徴のあるカッティング、フリル、長いトレーンなどバリエーションも豊富なところも見逃せません。

【Aラインドレスの似合う人】
●背が低くても高くても似あいます。
●肌の色もオールマイティ!色白でも日焼けした健康な肌でも上品に。
●ぽっちゃり体型でも可愛くノースリーブが着る事が出来ます。
【ドレスのコーディネート】

髪はアップにしてスリムなシルエットにするのが基本ですが、髪を下ろす場合はあまり派手になりドレスと打ち消しあわないように。

下ろす場合は長いストレートヘアなどがぴったりでしょう。

ヘッドドレスはティアラ、生花、コサージュなどが最適でしょう。
また、ブーケはクレッセントブーケやアームブーケも似あいます。

◆マーメイドラインドレス

マーメイドラインのドレスは、人魚のシルエットをベースにデザインされたドレスです。

スレンダーありつつ女性らしさをヒップラインで強調されるフェミニンでエレガントな花嫁を演出してくれるウエディングドレスです。

ボディーラインがはっきりと出るので、マーメイドラインドレスを着たい花嫁は、ダイエットやヨガなどで挙式に向けてのボディメイクが望ましいでしょう!

【特徴】

上半身から比ざまでは体にフィットしたタイとシルエットで膝からはヒレの様に広がった、人魚の様なシルエットが特徴です。

また、広がった裾にはエレガントな印象を与えるギャザーや、レースが使われているドレス多く、優雅でセクシーな大人の花嫁を演出してくれます。

【マーメイドラインが似合う人】
●背が高い花嫁
●スリムで痩せた体型の花嫁
●ギャザーやドレープで立体感を出して、背の低い方でも似あうマーメイドラインもあります!試してみてください
【ドレスのコーディネート】

背が高くスタイルのいい体型の花嫁にお勧めのマーメイドラインですが胸がないとメリハリのないリントなるのでパッドなのでラインを作りましょう。

アップ、ダウン、どちらのヘアスタイルでも似あいます。
またペリーショートでも似あうのがマーメイドラインドレスです。

ウエディングベールは清楚でエレガントを演出するマリアベールがお勧めです。

◆プリンセスラインドレス

プリンセスラインのウエディングドレスは日本人の体型を非常に美しく、可愛く演出してくれる人気のウエディングドレスです。

ウエディングで着用されるドレスのほとんどが プリンセスライン、もしくはAラインのウエディングドレスです

【ドレスの特徴】
ウエストより上はキュッと体にフィットして、
ウエストより下はパに絵よりふんわりとボリューミィで女性らしいボディラインに。胸元のゴージャスな刺繍や、スカート部分の刺繍、素材の重ね、スカート部分の素材などによってゴージャスでかわいらしいまるでお姫様の様な演出もできバリエーションも豊富です。

【プリンセスラインが似合う人】
●可愛いタイプ
●背が低い花嫁さんもスラっと着こなせます
●ぽっちゃり体型でも可愛く演出してくれます
プリンセスラインにお勧めのヘアスタイル

プリンセスラインは写真のようにアップでもおろして巻紙にしても似あいます。

ヘアスタイルを色りおアレンジしても似あってしまうのプリンセスラインの特徴です。

ヘッドドレスはティアラが人気ですが、クラウンも似あうと思います

◆スレンダーライン

名前のとおりスレンダーなシルエットで花嫁を上品にスタイリッシュに演出してくれるドレスです。

シンプルなドレスラインの為、ボディラインが強調されますが、Aラインとスレンダーラインとの中間のソフトスレンダーラインはスカート部分がやや広がりがありスレンダーラインよりボディラインが出にくいドレスとなっております。

【スレンダーラインの特徴】

スカートの膨らみがほとんど無く、上から下までストレートのシンプルなシルエットが特徴です。

レースやトレーンの長いスレンダーラインドレスは上品な印象に、シンプルなスレンダーラインはモードな印象を演出してくれます。

他のドレスに比べて動きやすいのも特徴で、
レストランウエディングやハウスウエディング用として人気があります。

【スレンダーラインが似合う人】
●背が高い花嫁
●スリムで痩せた体型の花嫁
●鼻立ちがはっきりした花嫁
【ドレスのコーディネート】

シンプルなドレスラインなので、メイクやヘアメイクもやや派手に演出できます。

アクセサリーやコサージュなどのドレスアイテムでどんどん遊べるのもスレンダーラインの特徴です。
特に黒など落ち着いた色合いのものが品が良い印象になるでしょう。

可愛いものよりエレガントなブーケをお勧めします。

エンパイアラインドレス

近年日本でも人気が出てきたウエディングドレスのラインで「アンピールライン」とも呼ばれます。

エンパイア とは皇帝の意味。ナポレオン・ボナパルトの皇妃ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネがこのんで着用していたことから「エンパイア」と呼ばれた説があります!

ウエストを絞めつけず、緩やかなウエディングドレスとして、おもにマタニティの花嫁たちから注目されているドレスです。

ほかのウエディングドレスと比べるとバリエーションは少ないですが、ヘッドドレス、ブーケなどのコーディネートによりエレガントかつ、貴方だけのウエディングドレスになります。

【エンパイアドレスの特徴】
ウエディングドレスの多くはウエストに切り返しがあり、ウエストウィ絞ったデザインですが、エンパイアドレスは胸下から切り返しがあるため、ウエストの締めつけがなく、スリムで背が高く見えるのが特徴です。
また、胸からの切り返しの為バストアップの効果があります。
古代ギリシャの服装がベースのデザインになっており、ギリシャ彫刻の女神像と同じ仕様になっています。女神さまだけに気品や自由で開放されたイメージがあり年齢を問わず着こなせます。

【エンパイアドレスの似合う人】
●背丈は関係なくデザインにより可愛くもエレガントさも演出できます。
●ウエストを締め付けないのでマタニティの花嫁にもお勧めです。
【ドレスのコーディネート】

短いベールより、長いベールやマリアベール(写真左)などの方が気品があり美しい印象を与えます。

ヘアー歌いるはアップの方がエレガントに見えます。
髪を下ろす場合は少しカールさせるとかわいらしい印象になります。

バストアップの効果があるため、バストの大きい花嫁はノースリーブより気品のあるコーディネートにする場合はノースリーブを避けましょう。

◆ベルラインドレス

中世ヨーロッパの貴族達に愛された衣装のラインがベルラインです。
日本人でもトリディッショナルなウエディングドレスとして人気の高いドレスラインです。

ふわっと丸く膨らんだスカート部分は可愛く、上品な花嫁を演出してくれます。

ブランドドレスとしても多いのがこのタイプのドレスです。

【特徴】

ウエストより下の部分がベルのおうなふわっとしたシルエットが特徴です。

プリンセスラインよりスカート部分の広がりは小さく、ウエストに切り返しがないプリンセスらいに比べベルラインはウエストに切り返しがあります。
このウエストの切り返しによりスタイルが良く見えるようになっています。

また、ベルラインのボディーラインは他のドレスの比べ丸見を帯びています。

ベルラインドレスが似合う人
●背が低く、可愛いタイプの人はハイウエストのベルラインによってより女性らしさとスリムさを演出できます。
●背が高く、スリムな方はローラインのベルラインによりエレガントなイメージになります。
●マタニティー初期の方にもお勧めです。
【ベルラインドレスのコーディネート】

シルエットがかわいらしいベルラインドレスは上下のバランスを考えたコーディネートがとっても重要で、メイクヘアメイクをやりすぎるとコスプレの様になってしまいます。

花嫁の身長やイメージ、ブーケの種類、着る場所によってコーディネートに樹を使うのがベストです。

ヘッドドレスはティアラが非常に良く似あいます。
披露宴では、生花などを使うのも素敵でしょう。

◆ミニ丈ドレス

キュートでセクシーな花嫁を演出できるミニ丈のウエディングドレスは格式の高い挙式にはお勧めできません。

カジュアルな雰囲気での披露宴、2次会でのドレスとしてお勧めです。

【ミニ丈ドレスの特徴】
スカート部分がひざ上からカットされ、足が露出しセクシーな演出ができます。
短いミニでは膝上10センチタイプもあり、スカートのデザインや、ドレスの色などバリエーションも豊富です。
【ミニ丈ドレスが似合う人】
●スタイルが良い花嫁
●背の高い花嫁は、立体的なデザインが似あいます。(写真左)
●背の低い花嫁はよりシンプルなものや、キュートなデザインが似あいます。(写真上)
【ミニ丈ドレスのコーディネート】

ヘアースタイルやヘッドドレスなど、自由なコーディネートでファッションをドレスに合わせて楽しめるのがミニ丈の利点でもあります。

足元が注目されるので、ヒールはスラッとした足をより綺麗に見せるタイプのものが良いでしょう。

◆アンクル丈ドレス

落ち着いた花嫁を演出できるアンクル丈のウエディングドレスは大人な雰囲気な花嫁にふさわしいでしょう。

動きやすいという利点もあるので
披露宴会場やレストランウエディングにお勧めです。

【ドレスの特徴】

スカートの長さがくるぶしまであり、シューズが見えるのが特徴です。

シンプルなシルエットに足首が見える洗練された大人の雰囲気で、落ち着いた雰囲気の花嫁にお勧めです。

【アンクル丈ドレスが似合う人】
●ある程度背の高い花嫁
●落ち着いた雰囲気の花嫁
●20代後半からの花嫁
【アンクル丈ドレスのコーディネート】

ヘアースタイルはダウンよりアップの方が全体的にバランスがとれ美しいでしょう。 目鼻立ちがはっきりとした御顔のかたならダウンでも似あうと思います。

足元がポイントとなるので、ヘッドドレスとブーケはコンパクトでシンプルな上品なものが良いでしょう。

足元が見えるため、シューズや案くれっとなど足元のおしゃれは大事です。

https://matome.naver.jp/odai/2136468900388339601
2013年03月31日