【ナニソノ記念日】3月30日:国立競技場落成記念日

StorageSpace

今日は何の日?【ナニソノ記念日】では毎日ユニークな記念日1つをピックアップしてまとめています。

———————————————–

1958年(昭和33年)の今日、神宮外苑に建設中だった国立霞ヶ丘陸上競技場が完成、落成式を行ったことに由来。

総工事費13億円以上の巨費をつぎ込んだ競技場は、敷地面積は22000坪で約58000人の収容能力を持ち、1964(昭和39)年には東京オリンピックの開閉会式の会場になった。

++新国立競技場が2020年東京オリンピックのメインスタジアム候補に

1月7日、特定非営利活動法人東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会及び東京都は、2020年オリンピック・パラリンピックの詳細な開催計画を記載した立候補ファイルをIOCに提出した。同ファイルには、大会のビジョンや競技会場など全14項目が記載されているという。


https://matome.naver.jp/odai/2136436775106310301/2136436878006458303
新国立競技場のデザイン案

そのなかでも大きなトピックとしてあげられているのが、メインスタジアムとして予定されている新国立競技場の存在だ。なんでも現在ある国立競技場を解体し、その場所に新たなスタジアムを建設するというのだ。2019年完成予定という新スタジアムは、去年の11月に最終審査が発表され、最優秀賞にイギリスの女性建築家ザハ・ハディド氏が代表を務めるザハ・ハディド アーキテクトの作品が選ばれた。
スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト | SUUMO

———————————————–

https://matome.naver.jp/odai/2136436775106310301
2013年03月27日