飛行機恐怖症の克服方法

uni55chako55
本気で知りたい!!
Senior Woman Sits in a Plane, Anxiously Pouring Herself a Whiskey

飛行機恐怖症

飛行機恐怖症の克服方法

飛行機恐怖症の克服 – リラックスしてご搭乗いただくために
.
Lufthansa ® – 飛行機恐怖症の克服

飛行機恐怖症 原因

本当に飛行機は安全なのか

290万分の1

西側諸国(主に欧米)製作の機体のロスについては、290万運行回につき1件平均となった。

毎日乗っても事故にあう確率は438年に一度?

ディスカバリー・チャネルによると、 飛行機は運航回数当たりだと、毎日乗っても事故にあう確率は438年に一度だという。

飛行機恐怖症の著名人

映画監督のラース・フォン・トリアーはアメリカ合衆国を舞台にした映画を度々制作するが、ヨーロッパから出たことが皆無で、代わりに陸路移動で済むスウェーデンなどでロケを行っている。

アメリカンフットボールのコーチ・解説者であるジョン・マッデンは、飛行機恐怖症のため、広大なアメリカを試合のたびにマッデン・クルーザーと呼ばれるキャンピングカーで移動している。このマッデン・クルーザーには、彼の選んだホース・トレイラーと呼ばれるMVPの顔を週ごとに塗装していた。飛行機で無ければ行けない、ハワイ・ホノルルで行われるオールスター(プロボウル)での解説は皆無である

サッカー元オランダ代表選手のデニス・ベルカンプは極端な飛行機恐怖症で、可能な限り陸路で長時間をかけて移動していた。代表や所属クラブチームが遠隔地で試合を行う場合、直前の試合を欠場して先に出発したり、遠征直後の試合に間に合わなかったりすることもあった。ベルカンプは、オランダ代表の先輩で「空飛ぶオランダ人」と呼ばれたヨハン・クライフと対比され、「飛ばないオランダ人」と揶揄された。

元プロ野球選手の江川卓は国内の移動の場合、どんなに時間を要しても常に鉄道などを用いる。飛行機でなければ行けない、ハワイで開催された名球会のイベントの取材時には長嶋茂雄から「江川さん、よく飛行機乗れましたね」と言われたほどである。ちなみに、江川の妻は元客室乗務員である。

元プロ野球選手の牛島和彦も飛行機恐怖症で知られる。現役時代、解説者時代、そして横浜ベイスターズの監督時代も、時には始発の新幹線や夜行列車を使うなどして極力陸路で移動している

日本の人気プロレスラーとして知られる高田延彦さん。

https://matome.naver.jp/odai/2136320441680542801
2013年03月20日