日本国内から外国の見える場所

mosir
わざわざ長い距離を飛行機やフェリーで行かなくとも、日本国内から外国の土地が見える場所はあります。ここでは、そんな場所をピックアップして集めました。

【北海道】宗谷岬

北海道の宗谷岬からロシアのクリリオン岬までは、宗谷海峡を挟んで43km離れています。
晴れている時には、水平線に見えるそうです。

水平線の彼方へ、かすかに見えます。
ズームだと、もう少しよく見えます。
雪の目立つ季節で空気が澄んでいる日は、さらにくっきりと。
宗谷岬の石碑には、分かり易い地図まで付いています。

【北海道礼文島】スコトン岬

礼文島のスコトン岬からロシアのモネロン島までは、86km離れています。
地質的には、モネロン島と礼文島は海底山脈で繋がっていて、兄弟のような関係になります。

さすがに86kmもあると遠くなります。
雪のある時期だと、島の立体感が判りますね。
岬は、非常に自然の豊かな場所にあります。

【沖縄県与那国島】西崎

与那国島の西崎から台湾までは、111km離れています。
ただし、見えるのは非常に晴れた日に限られ、その頻度は年に数回程度のようです。

雲は回りにありますが、輪郭はくっきり見えていますね。
台湾は高い山が多いので、距離の割に大きく見えます。
地図で見ると、本当に近いですね。

【長崎県対馬】韓国展望所

対馬から韓国の釜山まで、49.5km離れています。
これは、対馬から日本本土までの距離の半分であり、それだけ釜山まで近いといえます。
対馬の韓国展望所、または異国の見える丘展望台から眺望出来るようです。

建物の形すら判ります。
夜になると街の明かりがくっきり。手前は自衛隊の基地。その奥が釜山です。
距離が近いため、韓国からの観光客が多いそうです。

※番外 【北海道】納沙布岬

納沙布岬から、北方領土の歯舞群島の貝殻島まで、3.7km離れています。
満潮時には沈んでしまうため、正確には島ではなく岩礁の扱いのようです。
ここで「番外」にしたのは、日本が領有権を主張している反面、ロシアが実効支配している難しい地域のためです。

この灯台のある所が、貝殻島です。
https://matome.naver.jp/odai/2136257930959168901
2013年03月07日