ドライビングスクールで学ぶ恋の法則♪ 運命の人に出会いたかったらまず、この方法で!

popynighter
ハインリッヒの法則というのを聞いたことがありますか?教習所に通った方はきっと耳にしたことがあると思います。また保健の教科書でもでてきたはず。恋愛とはまったく無関係のこのハインリッヒの法則をあえて恋愛に当てはめてみると…

ハインリッヒの法則とは?

ハインリッヒの法則 (ハインリッヒのほうそく、Heinrich’s law) は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。(Wikipediaより)

別名ヒヤリ・ハットの法則

ハインリッヒの法則はヒヤリ・ハットなどとも言われます。

1:29:300

1つの重大な事故
29の軽い事故
300の小さな驚き

つまり重大な事故を起こすには300の小さな驚きを集めればいいわけです。

恋愛は事故

人生において恋愛は重大な事故と言えるでしょう。
なお、今回は300:30:1で考えたいと思います。

重大な事故が「付き合うこと」だと考えると、
あなたは300人の異性に惹かれ、その中の30人に好意を持つようにになるでしょう。
そしてその中の1人と付き合うことができます。
惹かれる異性300人に出会うためには3000人の異性と出会う必要があります。
30000人の異性を知る必要があります。

重大な事故が「結婚すること」だと考えると、
300人を好きになり、30人と付き合い、1人と結婚することができます。
3000人の異性と出会い、30000人の異性に惹かれ、300000人の異性を知る必要があります。

最近“婚活ブーム”と言われていますが、結婚相手を見つけたければ、
“300000人の異性を知る”というのは大袈裟かも知れませんが、
何よりもまず、多くの人と出会うことが必要だといえるでしょう。

https://matome.naver.jp/odai/2136253568348294001
2020年05月04日