「脱AKB」に苦しむ前田敦子

ktoshio
「脱AKB」に苦しむ前田敦子、このままだと消える・・・

映画「一九〇五」(黒沢清監督)がお蔵入り

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(11年)は興行収入10億円に届かず

ヒロインを演じた「苦役列車」(12年)も原作者の西村賢太が「この映画を2度見ることはない。時間の無駄」と酷評。
「脱AKB」に苦しむ前田敦子(ゲンダイネット) – エンタメ – livedoor ニュース

5月公開予定の「クロユリ団地」では主演を務めるが、すでに「あっちゃんが出るから当たらない」なんて囁かれている。
「脱AKB」に苦しむ前田敦子(ゲンダイネット) – エンタメ – livedoor ニュース

「充分すぎるほどがんばってると思う!だから心配しないで!その努力を見てくれている人は絶対いるしその気持ちはファンの人にもきっと通じる!あとは失敗を恐れず当日の公演をただー所懸命やればいい!少なくとも私は研究生のファンだよ!以上!」「たかみなからのメール」by前田敦子

じゃむ@yk_nadia

前田敦子の演技力の評判がかなり悪い(。・ω・。)
https://matome.naver.jp/odai/2136208868259900501
2013年03月01日