なぜかき氷を食べただけで頭キーンとするの?意外に深い理由。

21z
かき氷や冷たいものを食べると頭がキーンとしたことありますよね?それ、実は身体の不思議な反応であったことがわかりました。しかも、吉幾三さんの入院にも関係することなんです・・・。

なぜかかき氷を食べるとキーンとする頭。

ともえ@Shary69084381

かき氷食べたら頭がキンキキッズ

実は、「関連痛」という脳の勘違いだった。

関連痛(かんれんつう、Referred Pain)とは、ある部位の痛みを異なる部位の痛みと脳が勘違いをすることによって発生する。
人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、脳は同じ神経束を源とする場合や、隣接する神経束の信号伝達を痛みが発生している場所と勘違いをする場合がある。

アイスクリーム頭痛という現象。

アイスクリームやかき氷を勢いよく食べると眼の奥やコメカミが「キーン!」と痛むことがありますが、これを「アイスクリーム頭痛=icecream headache」と呼び、口腔の関連痛としてよく知られている現象です。冷たいものを急に食べると、その冷たさが喉の奥を刺激します。その刺激により顔全体の痛みの感覚を司っている三叉神経が活動を始め、直接には触れていない額やコメカミなどに刺激を受けて脳が勘違いを起こすのです。
内臓異常のシグナル「関連痛」

関連痛(連関痛)で有名なのは、カキ氷を食べた時に咽頭神経が刺激されて後頭部やこめかみが痛みを感じること、心臓の痛みを上腕部の痛みと勘違いすることなどです。
関連痛(連関痛、異所性疼痛)【歯科大辞典】

この関連痛、実は結構ヤバイ。

関連痛はそれぞれの筋に特有のパターンがあり、筋だけでなく、腱、靭帯、骨膜および皮膚の刺激によっても生じる事を報告しています。
4-1 関連痛ってなに? | トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因

例えば心臓発作は、本来なら胸の左側が痛くなるものと捉えがちですが、初期段階では左小指の痛み、左腕または首や顎が痛いと感じることがあります。この痛みは心筋梗塞の初期段階として重要なシグナルでもあります。また、「胃」と「心臓」は痛みを感じる神経が脊髄の同じ場所を走っているため、心臓の不調を胃の痛みと勘違いすることもあるのです。
内臓異常のシグナル「関連痛」

吉幾三も心臓疾病で関連痛を起こしていた。

吉は今年に入り「疲れやすい」などと、体の不調を訴えていたという。今月20日に健康診断を受けたところ、心臓に異常が見つかり、すぐに手術を受けることになった。
吉幾三 25日に心臓疾患手術 病名不明も「命に別条はない」 — スポニチ Sponichi Annex 芸能

以下のリンクから痛みからどこが悪いかチェック出来ます。

肩こり、腰痛、コメカミの痛み、お腹の痛みなど、少しでも痛みがあったら気をつけたほうがよさそうです。

https://matome.naver.jp/odai/2136176729296241901
2013年02月25日