【危険】首からさげるウイルス除去剤でヤケド相次ぐ!幼児が重傷

MonohaStar
消費者庁は「この製品の使用を直ちに中止してほしい」と呼びかけています。

首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷

塩素成分でウイルスを除去するとうたった携帯型空間除菌剤「ウイルスプロテクター」でやけどの被害事例が相次いでいるとして、消費者庁は18日、「この製品の使用を直ちに中止してほしい」と呼びかけた。
朝日新聞デジタル:首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷 – 社会

問題の製品は中国で製造されたもので、「ダイトクコーポレーション」(石川県)が1月25日に販売。漂白剤などに含まれる次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤の入ったパックを首からさげて使うことで、ウイルスを除去できるとしている。
朝日新聞デジタル:首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷 – 社会

ところが、今月2日に千葉県で幼児が重傷の化学やけどを負い、ほかにも少なくとも各地で5件、軽傷の被害事例が報告された。錠剤に汗などの水分を含ませると強酸性になり、服の上からでも皮膚に強い刺激を与える恐れがあるという。

国内で70万個流通しており、厚生労働省が近く、同社に自主回収を指導する予定。消費者庁は「皮膚が赤くなったらまず洗い流し、早めに皮膚科に受診してほしい」と呼びかけている。
朝日新聞デジタル:首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷 – 社会

70万個も流通しているとは…。
もし、家族や知り合いが「ウイルスプロテクター」を購入していたら、使わないように教えてあげてくださいね。

●事故情報について – 消費者庁ホームページより

1) 重大事故等

除菌剤(プレート型)を首から下げて幼児を抱っこしていたところ、幼児の胸部が体幹接触皮膚炎の重症。
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

2) 重大事故等以外

自治体からの情報

母親が友人から通販で購入した空間除菌を謳う、ウイルスプロテクターをもらい、子供の首にかけて利用したところ、胸にやけどのような赤い跡が出来て水疱になった。
(平成25 年2月発生 男性10 歳未満)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

インフルエンザに効くとある首から下げるカードをポケットに入れていたところ、大腿部にやけどを負った。情報提供したい。
(平成25 年2月発生 男性10 歳代)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

医療機関から

腹部にⅡ度のやけど。衣服の上から密着。洋服は脱色。数時間密着か。汗をかいた。
(女性50 歳代)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

腹部にⅡ度のやけど。衣類の上から、かけていた。
(男性40 歳代)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

肌着の上からつけた。子どもを抱っこしていたら穴の空いたほうが皮膚側になっていたようだ。3時間位たったらひりひりした。
(女性30 歳代)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130218kouhyou_1.pdf

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2136119988886310001
2013年02月19日