知らないと怖い、年収1,000万円の落とし穴

u1m

原因は夢の「大台1000万円」というイメージにありました。
年収1000万円より年収300万円カップルの方がリッチ? [家計簿・家計管理] All About

年収が300万円の人は、収入を月の手取りの数字(18万円とか20万円)で把握しています。しかし、世帯年収が1000万円のご家庭は「我が家の年収は1000万円なの!」と、1000万円という数字の印象だけが強く頭に残ってしまい、毎月の手取りや自由に使えるお金を把握するのをすっかり忘れてしまいます。

困ったことに収入が高いと、そんな状態でも家計が何とか回ってしまう。
年収1000万円でも「お金がたまらない」家計の課題 :マネーHOTトピックス:マネー :日本経済新聞

そもそもおカネのたまらない人は、財布を見れば分かるという。「レシートやカードがごちゃごちゃと整理されずに詰め込まれている。おカネに関心がないから、おカネを大事にしない。基本的なマネー知識もないからますますたまらない。おカネは大事にしないと逃げていくんです」。

資産が1000万円あるか、ないかが、分岐点となっている
第1回 年収1000万円こそ、老後が危ない:日経ビジネスオンライン

実は年収1000万円家族こそ老後が危険というお話。人並み以上に支出をしがちなプチ富裕層、年収1000万円世帯の意外な実態がサラリーマン1万人アンケートで明らかになった。そもそも、公的年金以外に老後資金はいくら必要か?同研究所のサラリーマン1万人アンケートでは、平均2989万円。世帯年収1000万~1500万円の層に絞ると、平均4101万円とさらに高くなる。

家計を見直さずにさらなる収入減に見舞われると大変なことになる
年収1000万円でも「お金がたまらない」家計の課題 :マネーHOTトピックス:マネー :日本経済新聞

過去の蓄積で金融資産はあるが、残業代が出なくなったなど、収入減で現在は貯蓄ができていない。お金がためられない典型例を見ていくことで、改善すべきポイントが浮かび上がってきます。

年収1000万円世帯でも、約2割が老後資金の準備を全くしていない。驚きです
年収1000万円世帯でも老後不安、原因は資産不足 :マネーHOTトピックス:マネー :日本経済新聞

フィデリティ退職・投資教育研究所がサラリーマン1万人を対象に行ったアンケート調査を改めて分析したところ、平均よりも高年収にもかかわらず、「老後に不安が多い」層がいることが分かった。

老後もなるべく生活レベルを変えたくないと思えば、当然、多くの老後資金が必要になります。
高収入家庭の落とし穴 金持ち老後の新常識 :マネーHOTトピックス:マネー :日本経済新聞

総務省の「家計調査」(2010年)によれば、年収約900万円以上の家庭の消費支出は月に約45万円です。急に生活費が半分以下になって、暮らしていけるのでしょうか。現役時代に収入が多かった家庭でも、「金持ち老後」が実現できるとは限りません。そこで今回は、注意すべき「老後の新常識」を5つ採り上げます。アンケート調査などからデータを読み解くことで、今後どのような問題が起こりそうなのかを確認しましょう。

世のサラリーマンたちが、幾多の苦難を乗り越え、出世の階段を上った末にたどり着く年収1000万円のステージ。しかし、この ステージに着いた途端に、冷徹なスナイパーが、彼らの財布に「待ってました」とばかり狙いを定め射撃を開始する──。

https://matome.naver.jp/odai/2136114029971936501
2014年05月01日