twinkleとV2CをSync2chで同期させたので備忘録

sat04323
先日のアップデートでiOS向け2ch用App「twinkle for iOS」にもSync2chで同期できる機能が追加されました。これでMac OS X上の専ブラである「V2C」とお気に入りの同期ができるようになったので、やり方をまとめてみました。

1.はじめに・・・・・

現在私が使っている環境は
OS:Mac OS X 10.8.2 Mountain Lion
Twinkle:ver3.1
V2C:ver2.11.0
となります。
これ以外のOS、バージョンだと、仕様が異なる可能性があります。先立ってお断りしておきます。

こちらがV2CのHPとなります。V2Cを入れてない人は入れてください。

そもそも、twinkleを入れてない人は、こちらを入れてください。一時期無料だったので、私はその時に入れましたが、現在は元に戻って250円となっています。

まずはSync2chに登録するところから。一部メールアドレスが使用できないようなので、ご注意を。

2.スクリプトの配置


https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082266158303
ログの保存先フォルダを設定
初めてV2Cを開いた場合、画像のような画面がでてきますので、「ランチャーのフォルダ」を選択してください。何故か「デフォルト」では上手くいかなかったので・・・

次に、「アプリケーション」フォルダに飛び(Finderからの左メニューでも見てください)、「script」という名前のフォルダを作成してください。既にある場合は結構です。

そして、このzipファイルを任意の場所にダウンロードしてください。

ダウンロードしたzipをダブルクリックで解凍すると、「v2c_sync_1.1.txt」がでてきます。
これを、先ほど作成した「script」内に貼り付けてください。

3.コマンド登録

次に、Sync2chをV2Cの外部コマンドとして登録します。


https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366159003
ツールバーの隙間を副ボタンでクリック
(注意:私は既に登録しているので、同期ボタンがありますが、初期状態では存在しません)
画像の赤丸っぽいところをWindowsで言うところの「右クリック」してください。
すると、メニューがでてくるので、「コマンドの登録」をクリック。

https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366159103
コマンドを登録
ラベル:Sync2ch同期
コマンド: ${SCRIPT:A} v2c_sync.txt
と入力。
それ以外は放置で。

同じ手順で、もうひとつボタンを登録
ラベル: 同期設定
コマンド: ${SCRIPT:A} v2c_sync.txt option


https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366159303
すると、こうなります

4.twinkle→Sync2ch

ここで、一度twinkleを開いてください。
私はiPadもってないので、iPhone向け解説になりますが、iPadも同じはず。


https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366159603
twinkleでSync2chの設定
ID、API接続用パスワードを入力し、「利用する」をオンにしてください。
API接続用パスワードは、Sync2chの「アカウント情報」から確認できます。ログイン用パスワードとは違いますので、ご注意を。

https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366159703
twikleのお気に入りをSync2chに同期
クラウドタブをタップし、「Sync2ch」欄の「同期」ボタンをタップしてください。
条件によってアプリごと落ちますが、同期はできてるっぽいです。

なお、現在の仕様でば自動的には同期してくれないので、毎回同期ボタンを押す必要がある模様です。

5.Sync2ch→V2C


https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366160003
同期設定
同期設定をしてください。出てくる画面に従い、ID、パスワードを入力します。ここでのパスワードはもちろん、「API接続用パスワード」です。

https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801/2136110082366160103
いざ同期
図の赤丸内のボタンをクリックすることで、同期が開始されます。左下に「同期完了」と出てくれば、成功です。

6.同期が上手く出来なかった場合は・・・

V2Cの同期ボタン押したのに、同期できない場合は、もう一度twinkleで同期作業をしてください。あと、もしかしたら同期に数分かかるかもしれないので、気長に待つことも大切かもしれません。

最後に・・・・・

途中でも触れましたが、現在の仕様ではtwinkleでもV2Cでも自動的に同期はされません。毎回双方の同期ボタンを押す必要があるので、注意してください。

https://matome.naver.jp/odai/2136109447065009801
2013年02月18日