【今からでも】通信制高校【間に合う】

mizore100
通信制高校の要点をまとめました。どの学校も出願期間が長いので、今からでも間に合います。

高校を中途退学した方へ 各学校で春入学の案内をしている時期です。

出願期間の真っ最中です!

通信制高校とは~高校卒業要件・単位制・転編入など~/高卒資格.
全日制とまったく同じ高校卒業資格です。

通信制高校の要点


https://matome.naver.jp/odai/2136031796207693201/2136032282208436903
入学要件
最低3年以上、基本的に4年が目安とされているが、在校生の中には10年以上、学校に通っている人もいたりする。
他の高校に通っていた場合は、その分の単位や年限が考慮される。
入学に必要な物は、中学校の卒業証明書(卒業した中学校に申請すればもらえる。廃校してる場合はその管轄だった市区町村の教育委員会へ)と住民票などを用意する。

https://matome.naver.jp/odai/2136031796207693201/2136032282208437003
15歳から、学校によっては60歳以上の人も通っている。 登校日が決められていないため、自由に通ったり休んだりできるが、最低限度の出席日数を確保しないと単位が取れない=卒業できない。

私服の学校も多く、学校によってはバイクや車でも登校が可能。
年齢年代問わず、多様な友達を作ることも可能だが、30歳以上の生徒は極めて少ない。 多くは10代と20代前半で占められる。


https://matome.naver.jp/odai/2136031796207693201/2136032282208437103
スクーリング(面接指導)とレポート。
簡単にいえば、登校日と宿題。 学校ごとに決められた授業数とレポート提出をしなければならない。内容はさほど難しくないが、計画的にやらなければ単位は取れない。
よって、勉強嫌いで不真面目すぎる人=不良には卒業が困難。そういう人は入学した矢先から学校に来なくなるので学校は平和な時間が続く。
アニメ&マンガオタクが多く存在し、その次に髪の毛の色が変わってる人が多い。自然とグループ(世界)が分けられていく不思議。

https://matome.naver.jp/odai/2136031796207693201/2136032282208437203
対象となる生徒は公立高校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度が受けられる。家庭の事情によっては相応の支援もある。
学費も学校によって異なるが、公立高校では、全日制より断然安い。

入学して最初の一年をまじめに過ごすことができれば、多くの人は卒業が期待できる。 不良や勉強を継続できない人は必然的に不登校…学校に来なくなる。

通信制高校・あずさ第一高等学校|単位制・普通科 【広域通信制高校】
通信制高校・サポート校の検索結果一覧 – 通信高校ナビ

高等学校通信教育の法的な根拠は、学校教育法(昭和22年法律第26号)の第45条(第51条の9で準用する場合を含む。)に基づいて制定されている、高等学校通信教育規程(昭和37年文部省令第32号)などにある。
高等学校通信教育においては、「全日制の課程」と違い、毎日学校に登校する必要はない。主として、自宅や学校が設置する学習センターなどで学ぶことができ、添削指導および面接指導(スクーリング)、ならびに、試験によって単位を修得し、卒業要件を満たすことにより、学校を卒業できる。
高等学校通信教育における学習は、「高等学校」または「中等教育学校の後期課程」の、「通信制の課程」での学習であり、高等学校通信教育によって学校を卒業することは、「全日制の課程」の卒業、および「定時制の課程」の卒業と同一の効力(高卒学歴)を有する。

【入学条件】
入学時に満15歳以上であること。(ただし、中学校等を卒業していない場合は、学校によって取り扱われ方が異なっている。)
年齢上限なし。
高等学校在籍・中退者で、転学、編入学(退学者の場合など)を希望する者。
事情により、「全日制の課程」に在学・在籍できない者。
事情により、「定時制の課程」に在学・在籍できない者。ただし、「定時制の課程」の教育のみで卒業必要単位をそろえる高等学校のみで、定通連携制度のある高等学校の場合は、必要単位の一部を通信制課程の教育で充てることができる。

【入学時期】
受験時期は春、秋の2回という学校が多い。 学校によっては随時受け付けているところもある。
ほとんどの学校では面接試験(作文などあり)のみということが多く、相当な問題がある人で無い限り、合格できる。

【「添削指導」と「面接指導(スクーリング)」】
すべての学習が自宅などにおける自己学習で完結するわけではなく、一定の添削指導が終了するたびに試験を受けて、単位を修得する必要があることや、面接指導(スクーリング)があるというのも重要な事項と考えられる。
面接指導(スクーリング)とは、学校が指定する場所で、教員と生徒によって学習活動・教育活動を行うことである。体育等の実技科目はスクーリングによる指導をもとに単位を修得することが多い。
例えば、教科「国語」の科目「国語表現」であれば、単位数は2単位で、添削指導に係わるレポートが6通、面接指導(スクーリング)2時間、教科「数学」の科目「数学Ⅰ」では、単位数3、添削指導に係わるレポート9通、スクーリング3時間という状況となる。面接指導(スクーリング)の方法は、学校によって異なる。毎週1回、あるいは3~5回から、1年間の一定期間(夏休みなど)にまとめて、というところもある。
テストやレポートで合格できなくても、その科目の単位が取得できなかったということで、全日制や定時制のように留年ということにはならない。必修科目の場合はテストやレポートで合格するまで再学習やスクーリングの再受講が必要となる。
卒業に必要な単位が揃わなければ、最短修業年限で卒業できず、実際には卒業時期が先延ばしになる。

学年形態・卒業要件
高等学校通信教育 – Wikipedia

高等学校通信教育のほとんどが「単位制による教育」を採用しており、「全日制の課程」や「定時制の課程」しばしば見られる学年・進級という概念は、「単位制による教育」において大きな意味をもたない。
よって、一度、「高等学校」や「中等教育学校の後期課程」を中途退学した人については、過去に在籍していた学校での修得単位も一定の範囲で認定、卒業単位に算入する学校が多い。
高等学校通信教育においては、学校に3年以上在学し、必要単位数74単位を修得すれば卒業することが可能である。ただし、基本的な教育カリキュラムは1988年以前の”4年以上在学”を条件とした当時と変わっておらず、3年で卒業するには、高等学校卒業程度認定試験(略称: 高認、旧: 大学入学資格検定, 大検)で、合格した科目を単位(但し、単位認定は学校の判断)に算入したり、学校の設定する補習スクーリングを受講したりする必要がある。
また、技能連携校や定時制と連携した高校については、高等専修学校や定時制課程での履修を一部卒業単位に組み込むことで3年で卒業できることが多い。

近年、自分にあった学びかたとして通信制高校を積極的に選ぶ人が増えています。
現在中学校を卒業見込みの人、中学校を既に卒業した人、高等学校を中退し単位習得がない人は、新入学としてNHK学園で高校生活をスタートすることができます。

日本全国に通信制高校はあり、安価な学費が魅力な公立高校もあります。

https://matome.naver.jp/odai/2136031796207693201
2013年09月15日