身体だけでなく心にも効く『プチ湯治』のススメ

perryさん
お年寄りのイメージが強い湯治ですが、若い女性を中心に『プチ湯治』が密かなブームになっているらしいです。普通の温泉旅行とは全く違う『湯治』を見直してみませんか?

『湯治』ってなんのために行くの?

そもそも湯治とは疲労回復や病気の療養のため通常2週間〜1ヶ月の長期間に渡って温泉に滞在して、過ごしますが、現代では難しい!
そこで注目を集めているのが週末や連休などを利用した『プチ湯治』
普通の温泉旅行とは違う、心身の『癒し』に重点を置いた湯治を今ぜひ見直してみたいと思います。

ストレスが多い現代社会では、温泉自体が持つ効能に加え、山、海、森など自然豊かな場所へ行くことによる「転地効果」にも高い注目が集まっている
プチ湯治のススメ〜週末は温泉でほっこりしたい!〜|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

『転地効果』ってなに?

普段とは違った環境、特に自然の中で五感が刺激されることで、脳内物質の分泌や呼吸器系統、消化器官などの働きが整えられ、ホルモンバランスや自律神経にもよい影響をもたらされる
転地効果とは?:旅行が大好き!おすすめ国内旅行ガイド

自宅から100km以上離れた場所で、期間はあまり長期になると慣れが生じるため4、5日〜1週間ほどが効果的だそうです。
気分転換以上の効果があったんですね。

効果はどう?

リウマチや消化器疾患、皮膚病などの患者215人を対象に療養前後の病状の変化を調べたところ、76%の人に改善効果がみられた
短期湯治 効果あり 温熱、水圧、浮力が作用 / 医療・健康 / 西日本新聞

湯治期間が3日以上14日未満と14日以上の2グループに分けた療養効果の比較。なんと改善の度合いに差はほとんどなかった
短期湯治 効果あり 温熱、水圧、浮力が作用 / 医療・健康 / 西日本新聞

食事付きもいいけれど…やっぱり『自炊』

料理が苦手な方は食事付きのプランを用意している旅館も多いので大丈夫。
出来たら『自炊部』への宿泊をおすすめします♪
何よりも滞在費が安くおさえられます。連泊するのでこれは重要!
調理器具や食器など必要なものは大抵借りる事が出来るので、温泉の合間に
その土地のおいしいものを買ってきて料理するのも楽しいですよ。

おすすめの宿

湯治といえば自炊でしょう。滞在費が安く抑えられます。

ご飯とみそ汁は旅館が用意してくれて、自分でおかずを自炊する『素泊まりプラン』などがありリーズナブルな価格でのんびり過ごせます。

日本一深い天然岩風呂。お風呂の底からは源泉が湧き出ておりもちろん源泉100%かけ流し。
混浴ですが女性専用時間も設けられています。
宮沢賢治も訪れたそうですよ。

https://matome.naver.jp/odai/2136028567998257301
2013年02月11日