身体も部屋も ”懐も” ぽかぽか 大作戦!

Madoka_Cameron

■秘訣1 暖気を分け合う

家族が集まって暖気を分け合えば「エアコン代は別々の部屋で使うのに比べ半分以下になる」(矢野さん)。コツは、夕食後に家族をリビングに引き留めること。「ボードゲームを楽しむのがおすすめの方法」(高田泰幸さん)だ。温かい鍋料理を囲めばリビングの暖房の設定温度が低くてすむ。暖気が外に逃げるのを防ぐために、ドアやふすまを開けっ放しにしないように気を付ける。
今すぐできる家庭の節電防寒術ランキング  :日本経済新聞

■秘訣2 冷気を遮断

「窓からは部屋全体の約5割の熱が流出する」(和田さん)。断熱シートを貼ると二重サッシに近い防寒効果がある。ただ、窓ガラスのタイプによって使えないものもあるので確認が必要だ。カーテンを長く垂らすのも有効だが、出窓などガラスが床に接していないタイプの窓で長く垂らすと冷気が下に流れるため「裾におもりを付ける」(来海さん)などヒラヒラしない工夫が必要だ。
今すぐできる家庭の節電防寒術ランキング  :日本経済新聞

■秘訣3 空気を循環、加湿

暖房で暖まった空気は軽く、浮く傾向がある。特に天井近くのエアコンから出る暖気は部屋の上部にたまりやすい。扇風機で空気を循環させ、エアコンの設定温度を1度下げれば「年間1000円以上の電気代節約につながる」(矢野さん)。加湿も大切。湿度が10%下がると体感温度は1度下がるといわれる。「湿度を50%程度に保てば結露も起こりにくい」
今すぐできる家庭の節電防寒術ランキング  :日本経済新聞

環境省が推奨する暖房の設定温度は「20℃」。ちょっと低いと感じるかもしれませんが、工夫次第では暖かさをアップできるんです。
温かい空気は上にたまるので、扇風機を上向きにしてかけると、空気が循環して部屋全体が暖まります。また、湿度が高い方が体感温度は上がるので、加湿器を利用したり、洗濯物を部屋干しにしたりするのも効果的です。
エアコンに頼りすぎない節電防寒テク | お部屋も家計も心もホットに!この冬の節電ライフ | いっしょにeco(エコ) | 花王

部屋全体を効率よく温めるならエアコン、キッチンで足元など体の一部を短時間で集中的に暖めたいときには、電気ストーブやヒーター。また、昼間に一人でじっとしているときはホットカーペットで。
状況に応じて暖房器具を使い分けるのもいいですね。
エアコンに頼りすぎない節電防寒テク | お部屋も家計も心もホットに!この冬の節電ライフ | いっしょにeco(エコ) | 花王

暖房の効率を上げるためには、窓からの冷気を防ぎましょう。カーテンを厚手で床まで届く長いものにすると、下からの冷気が防げます。
また、窓ガラスには断熱シート、ドアにはすき間テープを貼るのも効果的です。
エアコンに頼りすぎない節電防寒テク | お部屋も家計も心もホットに!この冬の節電ライフ | いっしょにeco(エコ) | 花王

防寒のコツは、首・手首・足首の「3つの首」を温めること。
襟や袖のすぼまった洋服、ネックウォーマーやレッグウォーマーなどで、しっかり保温しましょう。
最近は、保温性の高い機能性肌着が人気です。薄くて暖かいので、たくさん着込まなくても快適に過ごせますよ。
エアコンに頼りすぎない節電防寒テク | お部屋も家計も心もホットに!この冬の節電ライフ | いっしょにeco(エコ) | 花王

上手に色を使って目をだまそう:心理効果を理解し、あたたかさを感じさせる暖色系の色や生地を選ぼう。暖色系と寒色系の体感温度(心理的な温度差)は約3℃もあるそうです。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

ラグを敷こう:床が冷たく感じる場合などは、ラグ・マット(床に部分的に敷く敷物、ちなみにカーペットは敷物全般の総称)を敷くのが効果的。 防寒には「重ね敷き」推奨。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

あったか料理にしよう:シチュー、ロースト肉、キャセロール、スープ、鍋や煮込みなどほっこりと体が温まるレシピを実践しよう。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

あたたかい飲み物を選ぼう:紅茶、ココア、コーヒーなど温かい飲み物をマグカップに注いで、手をあっためよう。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

日光をうまくとりいれよう:日中はカーテンやブラインドを開けて、お日様の光にあたってポカポカしよう。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

防寒寝具に変えよう:シーツをフランネル生地にしたり、ブランケットの数を増やそう。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

家をキレイにしよう:部屋が片付くだけでなく、掃除などの運動で血流がよくなり、体温が上昇する。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

部屋を蒸し暑くしよう:室内に加湿器を入れよう。加湿器がなければ、入浴時にバスルームのドアを開けておこう。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

洗濯はこまめにしよう:乾燥機から出したてのホコホコ温まった服を着よう。もしくは着替える前に、服を先に温めておくとよし。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

単独行動は避けよう: 友人らに身体を「ぴとっ」と寄り添わせよう。一人じゃ「おしくらまんじゅう」ができません。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

寒い布団の中を快適にしよう:寝る前に布団の中に湯たんぽなどを入れて、温めておく。ペットボトルで代用する場合は、耐熱性のペットボトル(キャップを外したとき注ぎ口が白)を使うこと。また、80℃で変形するので沸騰したお湯を入れるときには先に3割くらい水を入れて冷ますのがコツ。米や乾燥豆を詰めた袋を電子レンジで加熱したものでもOK。
着膨れせず暖房費節約!家計を助ける14の方法 : ライフハッカー[日本版]

https://matome.naver.jp/odai/2135876214479707601
2013年01月21日