神ゲーム列伝 – Basic 編 –

app25Today
AppStoreランキング25以内にランキングされた、神iPhoneゲームアプリの歴史をまとめています。Basic 編

◆iPhoneアプリ 歴代の神ゲーム集

■ 株式会社ベーシック


https://matome.naver.jp/odai/2135840793839706301/2135840993348233503
株式会社ベーシック

マッチに火を付けろ

◎最高位◎ 総合1位 2012/8/31 ~ 9/5 総合1位

マッチに火をつけろ

「マッチに火をつけろ」

2012年夏、iPhoneアプリ界に一大旋風を巻き起こした「マッチに火をつけろ」
8/31に総合1位に輝くと、そのまま1週間1位をキープし続けた2012年のカジュアルゲーム界を代表する大ヒット作。
マッチをしたから上にスワイプさせ、マッチ以外のキャラクターが出現したら、横にスワイプではじくゲーム。一定時間内に火を付けたマッチの本数を競うのだが、マッチを擦るときの「シュッ」という音がまるで本当にマッチを擦ったかの感触を覚え、テンポよく擦る感覚が小気味よい。ゲームをプレイ中は気付き難いが、マッチを擦った際のマッチ棒キャラの表情が変化するなど、非常に凝った作りとなっている。登場するキャラクター達のデザインも秀逸で、ひとつひとつのキャラクターがコミカルに描かれている。
「マッチに火をつけろ」を開発したデベロッパーBasicだが、2012年春にアプリ開発企業向けのマーケティング支援サービスを開始し、試しに自らも開発してみようというところから初めて開発をしてリリースした作品という経緯がある。初リリース作品が200万ダウンロードを超えるとは驚きの一言であると共に、決してラッキーヒットでは無く計算し尽くされた結果であったことも付け加えておきたい。
2週間で制作されリリース後2ヶ月で700万円の収益を上げたとは、まさに「神ゲーム」と呼ぶに相応しい名作中の名作である。

超くりひろい

◎最高位◎ 総合8位 2012/9/10 総合8位

「超くりひろい」

2012年秋、「マッチに火をつけろ」に続き大ヒットした「超くりひろい」
栗の木のなる栗をスワイプでかごに入れ収穫する。梨や栗以外のキャラをかごに入れると「くりちゃうわ」怒られる。栗によく似た”たわし”や、収穫しないでいると栗が緑に変色し「くさっとる」と怒られる等、遊び心満点の演出がニクい。
ゲームが終了すると新しい”くりキャラ”が解放されコレクションされるのだが、収集好きユーザーも納得の作りになっている。
シンプルなゲームながら、細かな演出が全体を引き締めている。
ユーザーに違和感を感じさせない広告表示方法が素晴らしく、アプリを研究しつくしての開発だったことが読み取れる。
「マッチに火をつけろ」程のダウンロードはなかったが、収益は3倍の収益をあげたとのことも驚きである。
前作1本で学んだノウハウを遺憾なく発揮し、ヒットと共に収益も3倍という完全にプロ集団の仕事と言えるが、自分が何をしたいかではなく、ユーザーが何を望んでいるかとうユーザー視点での制作であることがこの結果を生み出したと言うことに間違いはない。
2012年下半期を代表する傑作であった。

◆神ゲーム列伝

https://matome.naver.jp/odai/2135840793839706301
2013年01月17日