【あたたまる】美人になる温泉6種類【だけじゃない】

bewith221
冷え込みが厳しい季節になると、温泉に入りたくなりませんか?なんとなく有名どころに行ってみたけど、ここのお湯はどんな効果があるの?という方も多いはず。今回は、女性目線で温泉の『美容力』について効果別に紹介してみたいと思います。

まずは温泉の心得から!

1、入浴15分前には水分補給をしましょう。
2、かけ湯は必ずしましょう。大体10杯が目安です。
3、湯尻からゆっくり入り、カラダを慣らす。
4、タオルは絶対に直接お湯につけない!桶を必ず使いましょう。
5、湯上りにも、必ず水分補給しましょう。

クレンジング効果のあるお湯

「炭酸水素塩泉」は、古い角質や汚れを落としてくれるクレンジング効果があり、お肌がつるつるになる効果があります。また、「アルカリ性の温泉」は、肌の皮脂と結びついて石鹸のような作用が起こります。まるで美容液に入っているかのようなぬるぬるの感触の温泉もあり、肌をなめらかにしたい人にはぴったりです。

~保湿ケアでよりもっとすべすべな肌に!~
「炭酸水素塩泉」はクレンジング作用が強いため、入浴後は全身の肌が洗顔後のような状態になります。湯上り後は10分以内に「保湿ケア」を行えば、美容効果がアップしますよ。スッキリした肌にたっぷりと栄養を吸収させて美肌を目指しましょう!

〔炭酸水素塩泉〕
宮城県:東鳴子温泉、中山平温泉
岐阜県:平湯温泉
和歌山県:龍神温泉
佐賀県:嬉野温泉など。

〔アルカリ性の温泉〕
神奈川県:箱根湯本温泉
静岡県:修善寺温泉
岐阜県:下呂温泉
大分県:湯布院温泉など

化粧水効果のあるお湯

毎日のスキンケアに欠かせないのが素肌に潤いを与える化粧水。「硫酸温泉」は化粧水はもちろん、しっとり系化粧品や入浴剤などにも取り入れられてきた潤い成分のひとつを含有しています。まるで化粧水のような作用で、衰えがちな肌に潤いを与え、活性化させていきます。

~温泉効果を持続させるには~
温泉から上がる時には、温泉が出ている湯口から桶に直接お湯を汲んで適温に冷まし、最後に上がり湯としてかけ湯をすると、温泉効果が持続します。

〔硫酸温泉〕
宮城県:作並温泉
山形県:天童温泉
群馬県:四万温泉、法師温泉
神奈川県:大涌谷温泉
静岡県:桜田温泉
石川県:山代温泉
熊本県:黒川温泉など

血行促進のお湯

血行促進作用が期待できる「二酸化炭素泉」は血の巡りを良くして、滞りがちなリンパの流れも促進。天然のマッサージをしたようにむくみ対策につながります。炭酸ガスはゆっくりと作用するので長い時間じっくり入浴すれば血行が促進されてぽかぽかになるでしょう。

~むくみを取るには足湯から~
まずは湯船に腰掛けて足湯で10秒。その後、腰まで入って10秒、それから肩まで入ります。お湯から出るときには、その逆で出てみましょう。水圧作用でスッキリ感が倍増します。

〔二酸化炭素泉〕
福島県:奥会津大塩温泉
大分県:七里田温泉など

デトックスのお湯

「色白は七難隠す」という言葉があるほど日本では白い肌が美人の象徴とされてきました。肌色よりいかにくすみのない透明感がある素肌であるかが大事です。「硫黄泉」には、過剰な皮脂を乳化して落とす作用があるので、大人ニキビや毛穴の汚れが気になる方にお勧めの温泉です。毛細血管の拡張作用もあることから、末梢循環が良くなって滞ったメラニンの代謝を促進してシミ・くすみ対策も期待できます。血流が良くなると酸素や栄養も順調に供給され、滞りがちな老廃物まで運び出してくれるので、カラダもスッキリ!外と内から働きかけて透明感のある美肌へ導いてくれます。

~肌をこすらず、洗い流すこと~
「硫黄泉」は強い作用のある温泉。入浴時に肌がピリピリとした刺激を感じたら、刺激が強いというシグナルです。そんなときは、できるだけ肌をこすらないように入浴し、最後にシャワーで洗い流してみましょう。それでも十分に温泉効果は得ることができます。

〔硫黄泉〕
北海道:川湯温泉
秋田県:乳頭温泉郷
宮城県:鳴子温泉
栃木県:奥塩温泉
群馬県:万座温泉
和歌山県:湯の峰温泉
長崎県:雲仙温泉など

収れん作用のあるお湯

肌のキメを整えたり、たるみに対抗する作用が期待できるのが「酸性泉」。皮膚や粘膜を活性化させる収れん作用がある泉質で、酸のパワーで肌の状態をリセットしてくれるのです。入浴時にピリピリとした刺激やしみることもあるので、アトピーなど敏感肌の方はご注意を。

~入浴中は肌をこすらない!~
ピーリング作用があるので、入浴中は肌をこすらないようにして、シャワーで洗い流してからあがりましょう。強い作用の泉質なので、湯上り後の休息はゆったりと。

〔酸性泉〕
秋田県:玉川温泉
山形県:蔵王温泉
群馬県:草津温泉
大分県:明礬温泉など

保湿・保温のお湯

「塩化物泉」に含まれる塩の成分が皮膚表面の皮脂やたんぱく質などと結びついて「塩皮膜」を形成。薄い保護膜のような働きで湯上り後の保湿・保温作用を期待できます。皮膚温度の上昇や発汗促進作用もあるので、冷え性・メタボリックシンドロームが気になる方にもおすすめですよ。

~のぼせには注意しましょう~
想像以上にカラダの芯まで温まる塩化物泉。入浴時間は5分程度を目安に湯船の外で休むなど、のぼせには注意。じんわりと汗をかいてきたら上がり時です。

〔塩化物泉〕
北海道:定山渓温泉
神奈川県:宮ノ下温泉
静岡県:熱海温泉、熱川温泉など

皆さん是非とも温泉観光地でリフレッシュしてください!

https://matome.naver.jp/odai/2135790762162955201
2013年01月12日