じわじわくる漫画家の「作者コメント」集

MonohaStar
冨樫義博さん,尾田栄一郎さん ほか

冨樫義博さん

我らが冨樫義博大先生が未だ呆れずにファンでいてくれる読者たちに向けて送った、
8ヶ月ぶりに出たハンターハンター最新刊の感動的な作者コメントがこちらです。 twitpic.com/biu5ln
HUNTER×HUNTER 31巻のコメント

「柿の種 最強。」

先日、冨樫義博先生の作者コメントが「柿の種 最強。」ということが話題になりましたが、その続報です。
『友情』という熱いテーマを2巻に分け語った、冨樫先生の感動的な作者コメントを是非ともご覧ください。 twitpic.com/bpxm7i
HUNTER×HUNTER 32巻のコメント

「ピーナツが支えていればこそ。」

みんだ@minda_n

作者コメントでここまで笑ったの初めてです。将来を見据えていたかのようなすばらしいコメント pic.twitter.com/0flTzTBb
HUNTER×HUNTER 1巻のコメント

「富樫義博です。久々の週刊連載が始まり、あっという間に第1巻の発売となりました。これもひとえに皆様のご支援のおかげです。ありがとう。
(中略)
これから10巻20巻とだしていけるようにがんばるつもりです。だからもう弱音吐きません。逃げません。切れません。と思います。多分。」

尾田栄一郎さん

“海賊もの”を描くにあたって海賊に関するいろんな資料をかき集め読んでいたが、
少年の日に憧れた海賊達は過去の記録書には記されてない。
どうやら、自分達の冒険が、あまりに楽しすぎて後世に名を残す事を忘れてしまったらしい。
まったく、海賊って人種は、これだから困る。
もみたモミヲ万歳 【漫画家】 人気漫画家達の偉大な作者コメント〜冨樫大先生多め〜

ワンピース 1巻のコメント

みんな知ってるかい?イカスミスパゲティとか食べたら便が黒くなるんだ。まっ黒なんだ。
じゃあ、あれかしら。虹色スパゲティを食べたら虹色うんこがでるのかしら。
どうなのかしら。どうでもいいのかしら。
ワンピースのコミックの表紙の裏の作者のコメントのセンス良いよね:キニ速

ワンピース 6巻のコメント

そういえば、この前実家に帰ったら親が初めてONE PIECEに対する意見を言っていた。
「あのしかの話がええのよねぇ」・・・・・・しか?
ワンピースのコミックの表紙の裏の作者のコメントのセンス良いよね:キニ速

ワンピース 24巻のコメント

少年達との格闘の日々が10年を数えました。連載開始10歳だった子は、20歳。あそこの毛もぼーぼーです。
言っておきますが、僕が言ったのはわき毛の事です。わき毛です。
だいぶ長くなりましたが、(わき毛ではなく、連載の事です。)まだまだ描きたい映像があります。つるつるの少年も、ぼーぼー少年も、もう少しだけ、おつきあい下さい。
もみたモミヲ万歳 【漫画家】 人気漫画家達の偉大な作者コメント〜冨樫大先生多め〜

ワンピース 45巻のコメント

荒木飛呂彦さん

はっきり言うと、この作品のテーマはありふれたテーマ──「生きること」です。
対照的なふたりの主人公を通して、ふたつの生き方を見つめたいと思います。「人間」と「人間以外のもの」との闘いを通して、人間讃歌をうたっていきたいと思います。
この作品がみなさんに喜びを与え、気に入ってもらえますように。
──それでは、どうぞ。
ジョジョ百科事典 ~コメント集~

ジョジョの奇妙な冒険 1巻のコメント

ふだん友人とかに、よくきかれる質問「火事の時ひとつだけ持ち出せるとしたら、それはなぁーに?」。ポケーっと考えてみた………(間)。ない!
ぼくにはなぁにもないのである。貴重品とか高価なものとか、こせき先生のサインとか、おしいものは、ぜーんぜんない。すごくさみしくなった。ぼくは必死にさがしてみた。すると…あった!たったひとつだけ!それは…!?(4巻につづく)
ジョジョ百科事典 ~コメント集~

ジョジョの奇妙な冒険 3巻のコメント

ぼくの一番大切なもの────
それは、’79年の6月から8か月間だけつけた、900円のノートの日記帳です。ある作家の出版した日記を読んで「いいなあ」と思って、つけはじめました。
今、自分の日記を読みかえすと…これが、おもしろくって、感動して、涙まで出てくるのです。
過去の自分がいる…過去の友人たちがそこにいる…。その感動なのでしょう…。
ジョジョ百科事典 ~コメント集~

ジョジョの奇妙な冒険 4巻のコメント

ファンレターを読むのは、とても楽しい。たいていは『ジョジョ』を読んだ感想が書いてあるのだけれど、中には『ジョジョ』に、まったく関係のない自分のプロフィールや学校での生活、趣味のことなどを書いてある手紙がある。
そんな手紙をまっさきに探してしまう自分に気がついた。読者が『ジョジョ』の運命を知りたいように、ぼくも読者が、どんな人か知りたいからだろうと思う。
ジョジョ百科事典 ~コメント集~

ジョジョの奇妙な冒険 5巻のコメント

[子供のとき]母親がカゼをひいたので、ぼくに「悪いけど、(近所の)お医者さん行って、お薬もらって来てちょうだい」とお使いをたのまれた。ぼくが待合室で待ってると、先生が出て来て-。
「さ! 荒木君、そでまくって注射するから」
「え! ぼくじゃあないよ!」
「うそだよ」
すごく恐ろしかった。でも、とてもおもしろいと思った。これがマンガ家になるキッカケだったと今、思う。
ジョジョ百科事典 ~コメント集~

ジョジョの奇妙な冒険 30巻のコメント

その他の漫画家さんのコメント

高橋和希さん
遊戯王 28巻のコメント
松井優征さん
暗殺教室 1巻のコメント

「「殺す」というのは、とても不思議な言葉です。頻繁に口にされる事がありながら、最も実行に移されない意思表示。

そんな奇妙な単語ひとつを軸に、物語をひとつ作ってみました。

最後まで楽しんで頂けたなら、殺されてもいいほど嬉しいです。」

尾玉なみえさん
純情パイン 1巻のコメント
https://matome.naver.jp/odai/2135787585459686101
2013年01月15日