【2016卒必見】【就活祈願】就活で企業に祈られないためにお祈りする就活お守り

chory
お参りして損はない!?先輩就活生が進める就活お守り!不景気で“就活参拝”が増加!就職&資格試験お守りも人気に!学業だけじゃない、就活にも御守が必須アイテム!?

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2136664060194449903
明治神宮
明治神宮神楽殿では、厳かな神楽舞を奉納して、ご家族皆様の幸せを願う家内安全、身体安全祈願を始め、厄祓い、受験生の合格祈願、そして会社の隆昌を祈念する社運隆昌、商売繁昌祈願など随時執り行っております。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2136664037194296303
「就職成就」守り
明治神宮では平成25年元旦より、「就職成就」お守りをお授けすることとなりました。皆様の志が遂げられ、国家社会に貢献なされますよう、祈念をこめております。これから就職活動をされる皆様、どうぞお受けください。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352503
湯島天神
湯島天神は学問の神、菅原道真を祀る神社。“天神様=試験”というイメージから、以前から国家試験などの突破を目指す参拝者はいたが、禰宜(ねぎ)の押見さんによると「新卒者だけでなく、再就職の方も多い」と言う。就活をする本人だけでなく、家族や友人が影ながら願って絵馬をかけていくことも多いそうだ。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352603
就業御守
「就職守」(700円)は参拝者の要望で、15年ほど前から置くようになった。数年前に資格試験突破を願う「資格勝得守」(700円)の授与も開始。最近は就職守をしのぐ人気で、国家試験以外にもさまざまな資格試験で訪れる人が多いと言い、資格を持って就活を有利に進めたいという人々の心が垣間見える。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352203
前鳥神社
前鳥神社は、就職・修学・学問の神様を祀る、全国でもとてもめずらしい神社です。
神奈川県の西部と都心からはちょっと足を伸ばさないと行けない場所ですが、ここ最近就活生の参拝者が急増しているそう。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352303
就勝守
前鳥大神様は日本で初めて習い事をした神様と言われています。その時に論語と千字文を学ばれたので、学問の御祖神(みおやがみ)、資格取得の神と言われます。またその時に学ばれた事を活かし、産業、経済の発展に大きく寄与されました。その時に現在で言う所の莫大な雇用を生み出したとされています。それが、前鳥大神様が就職の神と言われる所以です。
またご利益ですが、就勝守のお礼参り率は7割(お守りを受けて、就職できた人が神社にお礼に来た人の割合)と先程の調査会社の報告にありました。本年度の就職内定率と比べてみれば、やはり効果があると言えるのではないでしょうか。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352903
平塚神社
勝ち運 病気平癒 開運厄除 騎馬上達(交通安全) 武芸(スポーツ)上達 立身出世(就職 昇進) 事業繁栄 魔除け 心願成就 その他

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278352803
就職御守
自分にあった職業、就職先が見つかる御守

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278353103
神田明神
神田明神は大切な勝負ごとにご利益がある神社として知られています。徳川家康が関が原の戦いの前に、神田神宮で戦勝祈願を行い、大事な戦いに勝ったと言われていることが由来です。

https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001/2135722146278353203
勝守
初穂料500円。2種類。当社の神職は、家康公の戦勝を毎日真心込めて祈願いたしました。すると見事に勝利し、さらに勝利した日が九月十五日という神田祭の日にあたったということで、家康公は非常に喜ばれ、江戸開府以後、神田明神は江戸幕府に厚く崇敬されるようになり「江戸総鎮守」として称えられるようになりました。「勝守」は江戸時代のそうした御由緒にあやかったお守りです。今日においては、勝負事はもちろんのこと、商談成立、学業成就の強い見方として多くの方々に授与されていきます。
https://matome.naver.jp/odai/2135721890178073001
2015年04月24日