「カルビー ポテトチップス」のないコンビニが増える理由〜棚取りを巡る仁義なき戦い

tabbata

毎日、何気なく利用するコンビニ。しかし、その店内には、めくるめくドラマとミステリーに満ちている。

その謎は、ポテチを愛する日経ビジネス記者、日野なおみさんのふとした気づきから始まった・・・。

仕事帰りに近所のコンビニエンスストアを訪れた。目当ては「カルビー ポテトチップス」だ。しかし、である。どんなにじっくりと棚を見ても、目当ての「カルビー ポテトチップス」は見つからない。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121029/238740/

念のために、小さな店内をくまなく回った。あるわけないと思いながら、日用品の売り場やインスタント食品の売り場、飲料やアイスクリームが並ぶ冷蔵・冷凍ケースもチェックした。けれどもやっぱり「カルビー ポテトチップス」は見当たらない。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121029/238740/

なぜ???コンビニにカルビーポテトチップスがない??????

カルビーのポテチ、どこいってもうたんや・・・
カルビーのポテトチップスがないコンビニなんて、「クリープがないコーヒー」みたいなものじゃないか!

しびれを切らして、店員に聞いてみると・・・案内されたのは・・

セブンプレミアム 厚切りポテト石垣の塩味」
こんぶの旨みを加え、じゃがいも・塩のおいしさを更に引き出します。。石垣の塩がしっかり馴染むギザギザカット、「シンプルな贅沢」を実現したポテトチップスです。
セブンプレミアム 丸大豆醤油で味付けした厚切りポテト 丸大豆醤油味
丸大豆醤油で味付けした和風味のポテトチップスです。丸大豆醤油の香りがお口いっぱいにひろがるギザギザカットのポテトチップ!

気づいてみると、菓子売り場の棚は「セブンプレミアム」商品しか並んでいなかった。

このままでは、コンビニの棚からメーカー品が消えてしまう?

コンビニの棚は現代社会を読み解く鍵である。そこには、消費者と小売店とメーカーとの欲望がせめぎ合うドラマが日々、静かに繰り広げられている。

セブンプレミアムって最近良く見かけるようになってませんか?

お菓子からカップラーメン、お惣菜まで・・・どんどん増えるセブンプレミアムの商品
2011年度の販売実績は4200億円、アイテム数は1500アイテムにまで拡大。

そもそも、セブンプレミアムとは?

「セブン-イレブン」「イトーヨーカ堂」の店頭に並ぶ「セブンプレミアム」。お手ごろな価格ながら一定以上の品質を持った製品をとりそろえ、人気を博しているプライベートブランド(PB)商品だ。

セブンプレミアムは、急激な勢いで伸びている。前期4200億円の売り上げは、今期には4900億円を超える勢いだ。セブン&アイホールディングス(以下「セブン」)は、この勢いをさらに加速する。

セブンプレミアム、好調ゆえの悩み〜15年に売り上げ1兆円へ倍増
http://toyokeizai.net/articles/-/12123

12月12日の記者会見には鈴木会長自らも出席、自社のプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」の売上高を、15年度までに1兆円にまで高めると発表した。

さらに、ますます加速する「セブンプレミアム」へのシフト。

しかも、セブンプレミアムに代表される、いまどきのPB商品は安いだけじゃない!?

『鈴木敏文会長いわく「6割の人は安さを求めていても、品質にこだわる残る4割に価値を提供していく」

日経MJ@nikkeimj

【17日付日経MJから】プライベートブランド「セブンプレミアム」の売上高を2015年度に2倍の1兆円に引き上げる目標を掲げたセブン&アイ。特に力を入れるのは高品質の「セブンゴールド」です。鈴木敏文会長は「6割の人は安さを求めていても、品質にこだわる残る4割に価値を提供していく」

あれ??プライベートブランド商品って、安さだけが取り柄じゃありませんでしたっけ?

「安かろう、悪かろう」じゃありませんでしたっけ?

2010年代のプライベートブランド商品を舐めてはいけない! 品質や味への拘りもメーカー品に全く劣らないものが増えているのだ!

実は、セブンプレミアムの商品の多くは、実際の製造は有名食品・飲料メーカーが担当する。

例えば炭酸水なら・・・

セブンプレミアム そのまま飲める炭酸水

実は「セブンプレミアム」の炭酸水はアサヒ飲料が製造。

あれ?アサヒ飲料と言えば・・・ 三ツ矢サイダーの製造元

例えば、ビールのお供の定番商品、「柿ピー」なら・・・

こだわりの柿ピー
厳選した粒ぞろいの大粒落花生と、カリッとした食感の柿の種を組み合わせました。ピリッと辛くて香ばしい柿の種と風味豊かなピーナッツとの相性は抜群。ビールのおつまみにもぴったりです。

実は「セブンプレミアム」の「こだわりの柿ピー」は亀田製菓が製造

あれ?亀田製菓と言えば・・・ 亀田の柿の種の製造元

亀田製菓やアサヒ飲料にとって、自社のブランド品と、自社が作っているセブンプレミアム商品が同じ棚に並べられるということは・・・

商品同士が、共食いをしている?
亀田の柿の種と、セブンプレミアムの柿の種、品質は同じで、値段はセブンプレミアムが安いんでは??

しかし、そもそも何のためにセブン&アイは、「セブンプレミアム」商品をプッシュするのだろうか?

「(NB品と比べて)PB品の粗利益率は7〜8%高い」(村田紀敏社長)。傘下のセブン―イレブン・ジャパンでは、11年2月期に商品の粗利益率が0・3ポイント改善し、30・6%に達した。

http://www.shopbiz.jp/rt/news/78221.html

つまり、セブンプレミアムのようなPB品を売ったほうが、儲かる!

https://matome.naver.jp/odai/2135577495508351301
2012年12月18日