トビウオはさっさと陸で住めばいい

0125mili
なぜトビウオは陸で住めばいいのか、気が向いたら説明します。

トビウオは陸で住めばいい

トビウオ

トビウオ(飛魚、鰩、 (魚へんに飛)、英: Flying fish)は、ダツ目トビウオ科に属する魚類の総称。太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯から温帯の海に生息する海水魚で、世界で50種ほど、日本近海でも30種弱ほどが知られる。
「トビウオ」の名前の由来は、水上に飛び出し、胸ビレを広げて滑空することから。九州や日本海側ではアゴの別名で呼ばれる。
島根県の「県の魚」に指定されている。

トビウオがアゴと呼ばれてるなんて

トビウオはどれだけ飛ぶのか

観測史上最長の記録は、なんと”500メートル”である。
どうやって計測したのかは分からないが、
きっとトビウオならそのくらい飛んでしまうだろう。

なぜトビウオは飛ぶのか

トビウオは敵から逃げるために飛ぶ。
しかし、500メートル飛べるなら、さっさと陸にあがればいい。

最後に色んなトビウオ紹介

トビウオ科には世界で50種ほどが知られている。
ハマトビウオ属 Cypselurus
ホソトビウオ C. hiraii
アヤトビウオ C. poecilopterus
アリアケトビウオ C.starksi
ヒメアカトビ C.angusticeps
ハマトビウオ* C. pinnatibarbatus japonicus
トビウオ(ホントビウオ)* C. agoo agoo
ツクシトビウオ* C. heterurus doederleini
アカトビ* C. atrisignis
オオメナツトビ* C.unicolor
* 別属の Cheilopogon 属に分類されることがある種
ニノジトビウオ属 Hirundichthys
ホソアオトビ H. oxycephalus
サヨリトビウオ属 Oxyporhamphus
サヨリトビウオ O. micropterus
ツマリトビウオ属 Parexocoetus
バショウトビウオ P. mento
イダテントビウオ属 Exocoetus
イダテントビウオ E. volitans

https://matome.naver.jp/odai/2135570823800955801
2012年12月17日