さりげなく彼にアピールできる”恋メール”テクニック8選

1209sun
メールは面と向かって話をしない分男性の本音や本心が表れやすいと言われるメール。女性とちがってメールが苦手という男性は周りでも多いはず。そんな彼とメールを続ける方法、彼にうざがられず、自分の気持ちを伝えられるテクニックを紹介します。

♥相手の文字数、相手のペースに合わせる

何回かやりとりすると、相手の傾向が見えてきます。ロングメール派なのか、短いのか? 朝通勤時にメールか、夜寝る前なのか?相手のメールのペースに合わせることで、負担を軽くし、相手も楽しめるメールを送ることができます。
アドレス交換したばかりの異性と親密になれるメールテクニック5つ | 恋愛jp

まずは”この子とメールしていると楽しい!”と思わせるところからはじめましょう。

♥メールが来たら、即返信する

即返信することで、男性を「俺のこと好きなんじゃないか?」という気持ちにさせ、喜んでもらえます。また、スムーズなメール交換が可能となりますので、話も盛り上がりやすいですね。
メール | もてる女になる方法|女性の為の恋愛コミュニケーション – Part 2

ただ、いつも即返信すると「暇な人」と思われるリスクがあるので、その時々で他の「メールの返信タイミング」も併用したほうが良いでしょう。

♥ハートの絵文字を使う

男性は勘違いしやすい生き物なので、女性からハートマーク入りの絵文字が入っていれば、 好意を持っていなくても、すぐに女性に恋心を抱いてしまうことでしょう。

現にモテる女性は彼氏持ちであっても、 好意を持っている男性に対しては遠慮なくハートマークを使用して男を落としにかかる傾向があります。 また、 ハートマークだけではなく、他の絵文字や顔文字、デコメなどを使う事も男心をつかむテクニックと言えます。 絵文字が入っているだけで「一生懸命自分のためにメールを打ってくれているんだ」と感じさせる効果があります。

♥返信にも”件名”をつける

件名:「Re:今週末の件について」

件名:「ありがとう」

最近では「件名なし」を常識とする人がふえています。あなたのメールを見返してみてください。「件名なし」のメールがほとんどではないですか??
そんな中、もし件名の入ってるメールが来たら、絶対好印象!
+10秒で他のヤツと差をつけるメールのコツ | nanapi [ナナピ]

あなたから送るメールに件名はもちろんのことつけますが、返信メールにもちょっと件名をつけるだけで、他の多く送信されてくるメールに紛れることのない、ひと味加わったセンスのあるメールに変身、効果絶大です!
またタイトルだけで思いが伝えられるので忙しい彼も喜んでくれるはず。

♥メール本文に彼の名前を入れる

人は自分の名前を呼んでもらうと嬉しいものです。これは心理学でも実証されています。メールだけでなく、普段の会話でもちょっと意識してみるといいかもしれません。
すぐ実践出来る!彼をドキドキさせる5つの方法 | nanapi [ナナピ]

あまりたくさん名前を入れたメールを送ったり、会話で名前を呼び過ぎると馴れ馴れしく思われたり、不快に思われるので気をつけてくださいね。

♥突然、メールをやめてみる

男性にとって女性から毎日メールがくるということは、自分に好意を持っているということだと認識しています。好意を持っているはずの女性のメールがある日突然届かなくなったら…? 好意がなくなったのか、忙しいのか、などいろいろ思いを巡らせるはず。
メール不精な彼からメールをしてもらうには 2011/08/20(土) 17:34:37 [サーチナ]

彼としても、気になったら必ずメールをするはずなので、そのときに「メールを送ってくれて嬉しいな」と伝えましょう。ただし、送らない期間が長過ぎると好意をなくしたと彼が感じてしまうかも。効果絶大ですが、タイミング要注意です。

♥質問は彼を褒めてからする

返信をもらおうと文末を疑問文「~?」のメールで送る人がいますが、これは褒め言葉とセットにするとより効果的です。
アドレス交換したばかりの異性と親密になれるメールテクニック5つ | 恋愛jp

「○○さんって兄弟いるの?」と聞くよりも「○○さんって長男でしょ? 面倒見がいいし、みんなに頼られてますよね!」と、一度わざと決めつけた質問をして、さりげなく褒め言葉をプラスする。これなら相手も反応しやすいし、嫌な気持ちもしません。ただ質問だけのメールよりも返信率も高いんです。

メールは上手く使えば、とっても便利なモテアイテムですし、使い方が下手だとマイナスしか生みません。上手に使って、自分の好意をアピールしましょう!

♥「好き」の気持ちは別の言葉に置き換える

直球勝負で、「あなたが大好き」とストレートに書くよりも、変化球を投げるつもりで、「あなたの一生懸命な姿、すごくカッコよかったよ♪」と遠まわしに。
恋の本質を捉えてメールを書く

遠まわしに書いた方が…

「あいつ…もしかしたら、俺のこと〝好き〟なのかなぁ‥」、と相手のイマジネーションを駆り立てますし、気持ちをグッっと惹き付けておくことができます。

とにかく恋メールは焦ったらダメ!じわじわと戦略的に攻めていくのがコツです。

https://matome.naver.jp/odai/2135564384095602201
2012年12月16日