最強ビジネス書ダイレクト出版本の読み方と紹介!

fujma

発売してすぐなので、定価以上の取り引きですね。

アマゾンでも流通量がまだ少なく4000円以上をキープしています。

ダイレクト出版は、ダイレクトレスポンスマーケティングを行なっている会社なので、一度本を購入すると、頻繁な営業メールと、購入時のDMがついてきます。
アマゾンなんかはさっぱりとしたものですが、楽天より頻繁なメールはうざい人にはうざいかもしれません。
注文をしてからの納期は、アマゾンなどと比べないで下さい。本によってや、タイミングによっては、じっくりと待つ必要があり、「現在、好評につき本の出荷が◯◯日になります」というお詫びメールより早く「只今、売り切れて取り寄せ中の□□の本はいかがですか?」と営業メールが来るほどです。
しかし、そのデメリットを吹き飛ばすくらい、翻訳本の価値は高く、返品90日OKという自信は間違いではなく、読んだ後にアマゾンなどの中古市場に出しても、中古価格が安定しています。

ダイレクト出版の著書は、世界の著名な執筆者が出した本の中から厳選されたものを、書店を介さず日本語に翻訳して素早くお届けしています。

一般の書店では取り扱いが一切無く、アマゾンなどのネット通販書店でも新冊の取り扱いはありませんので、希少性が非常に高いです。

よって、購入する場合はダイレクト出版より直接購入を行います。

かなり古い出版物はアマゾンなどの中古マーケットに出て若干安くなっているかもしれませんので、中古価格もチェックする必要があります。

しかし、ダイレクト出版の出版物にほぼ「ハズレ」はありません。アメリカなどで「良書」とされたもののみを扱っているからです。

なので、新品で4000円近くの高額な本となりますが、半額以上では中古マーケットで取引できます。新刊ならば定価に近いかそれ以上の値段で取引できます。

ただの「高い本」ではないのです。是非新品購入し、アマゾンで売るというサイクルを作りだし、この希少価値のある知識をどんどん頭に吸収させましょう。

アマゾンでもまだまだ2000円代です。

アマゾンで中古でも高値で取引されています。

アマゾンで中古でも高値で取引されています。

アマゾンで中古でも高値で取引されています。


ダイレクト出版からのダイレクトメール。
ダイレクト出版の収益の柱は、本などの購入後に、高額な月額商材を契約してもらうところにあります。
特に本と同時に送られてくるDMには要注意です。必要なら契約は良いかもしれませんが、
煽られないように注意が必要です。

過去、ダイレクト出版の社員が、お客様の個人情報を流出させてしまったことがあるようですね。私の場合は、月に数回クレジットカードの状況をチェックしていますが、ダイレクト出版に限らず気をつけていきたい問題ですね。

本の購入後についつい月額契約してしまった方用の、サポートサービス。
必要なら問題ないんですけどね。何しろセールスレターがうまい人のHPなので。

https://matome.naver.jp/odai/2135505694037420801
2013年01月21日