【拡張現実】こんな使い方が在る、最先端のAR情報!!

もぐもぐ1224
拡張現実です。昨年度からぽつぽつと話題になりつつ在る業界ですが、その最新の動画を集めてみました!

参考にしたサイトです。
一日一件必ずARの情報が更新されるのでARに興味ある人はお勧めのサイトです。
https://www.facebook.com/reifrontier
http://development.blog.shinobi.jp/
http://www.explainingthefuture.com/augmented_reality.html


この動画では、カードの様な物を机の上にあるカメラに認識させる事で、ディスプレイに3Dのロボットが出現し、様々なアクションを起こしている様子を見る事が出来ます。

遊戯王やマジックザギャザリングに代表されるカードゲームに対して、モンスター同士の戦いからトラップのエフェクト、さらにはライフポイントの表示まで再現できたらカードゲームの表現がかなり広がりそうです。

国内カードゲームの市場は1000億円とも言われており、その市場規模は年々増加の傾向に在ります。それに加えて、ARという新技術を使った事例もちらほらと出てきている事からも、今後目の話せない分野になりそうです。


“インターネットの普及と、ザッポスの成功により、ネットで靴を購入するという事も大分一般的になってきました。従来のウェブサイトを利用した靴の販売では、靴の値段やデザインを見る事は出来ましたが、自分が実際に試着した様子を見る事は出来ませんでした。

しかしながらこの動画では、キネクトを利用する事で実際に自分がその商品を試着している様子を見る事が出来るようです。

靴は履き心地がわからなければ意味が無いという意見も在りますが、それはザッポスの成功が示しているように、気に入らなければ返品が可能な事も在り、この履き心地という問題点は特に障壁とはなり得なさそうです。”


“この動画は、ARの技術がニュース番組で使われている事例を次々に場面を変えて紹介しています。

スタジオを全て認識して3D表示している物から、ブロックやサッカーボールを認識してグラフやポットの様な全く関係の無い物まで、3D表示している様子が見て取れます。

中でも個人的にかなり印象に残ったのが、ブロックにグラフが表示されるシーンで、上手くやればプレゼンテーションにARが利用出来そうな気がしてなりません。”


“体験学習と、疑似体験学習、それぞれメリット、デメリットが在ります。とくに課外活動で得られる体験は人の五感を刺激する事になるので、得られる情報というのは紙の教科書で得られる情報より多くなります。ただ、動物の生態を学ぶといったような直接行ってもその様子が見られるかどうが分からない授業に対しては、体験学習と疑似体験を併用するとより効果が出そうです。

この動画では、疑似体験をするのにAR技術が使われています。カードにデバイスのカメラを向ける事で、3Dで表示された動物達が表示され、動物達の生態を知る事が出来るようになっています。


“この動画では、ARを利用して、目の前においた木を認識して、その形状を基にジェンガを楽しむ事が出来る様です。

ビデオを観る限り、かなりスムースに操作していますが、なかなか操作は難しそうに感じます。このゲームが形状にとらわれずに回りにある建物を利用して遊べ、克つ対戦プレイが出来たらといろいろ妄想が加速して止まりません。

視点や切り口を変えれば物事の別の顔を見る事が出来る、ARの技術はそういった体験を最も手っ取り早く知る事が出来る技術と言えます。”


“この動画では、スクリーンに映像を直接映しだすのではなく、スクリーンにスマートフォンのカメラを向ける事で、各々のディスプレイで車の紹介動画を見る事ができる様です。
ユニークな紹介方法だと思います。ただ、どうしてもスマートフォンを対象に向ける必要性が在り、その結果片方の手が使われてしまいます。もしヘッドマウントディスプレイでが使えたらこのようなイベントが増えるのかもしれませんね。しかしながら、そのデメリットを抜きにしても色々な見せ方を想像させられる事例です。”


“動画では、特殊なマーカーを必要としないで、写真、ポスターなどの物体を検知してリアリティの高いARを実現している様子をみることが出来ます。マーカレスとは行っても、何かしら認識するポイントが在りましたが、この動画を見る限り、どのような場所でも利用する事が出来そうです。

恐竜が新幹線を前に走り回っている様子は怪獣映画の様ですね。このsmart ARを利用すれば、個人で3Dを利用した映画製作とか出来そうな気がしてなりません。”


“この動画では、ロンドンで開催された3Dプリンティングショーの様子を見る事が出来ます。展示されている3Dプリントされたオブジェクトにタブレットのカメラを向ける事で脳の内部の動きや、建物周辺の風の動きなどを見る事ができるようです。

3DプリントとAR技術を組み合わせる事で、新しい切り口で教育という分野にアプローチ出来そうな気がしてなりません。たとえば、理科や、数学の立体図形の解説、地理のっ授業など、その応用範囲はかなり広そうです。”

https://matome.naver.jp/odai/2135200955280848401
2012年11月16日