【速報】ハリケーン:「サンディ」米北東部に接近 非常事態宣言も

安全第一ちゃん
巨大ハリケーンサンディーの影響で 週明29日の米国株式市場取引を中止すると発表。ハリケーン接近に伴い、ニューヨーク州が非常事態を宣言したほか、ニューヨーク市の一部地域には避難命令も出ている。

【ニューヨーク時事】ニューヨーク証券取引所(NYSE)を運営するNYSEユーロネクストは28日、巨大ハリケーン「サンディ」の影響を受け、週明け29日の米国内の株式取引を全面的に取りやめると発表した。また、ナスダックOMXグループも、ハイテク株が多いナスダック市場での株式取引を中止すると発表した。
いずれも30日については未定だが、中止になる可能性もある。
NYSEは当初、ニューヨーク・マンハッタンにあるNY証取の立会場での取引を29日から取りやめ、同証取の上場銘柄の取引は、グループの電子取引所「NYSE Arca」で実施するとしていた。両取引所は、他の取引所や市場参加者、規制当局などとの協議の結果、中止を決めたとしている。
原油先物などを取引するニューヨーク商業取引所(NYMEX)を運営するCMEグループも28日、NYMEXの29日の立ち会い取引を取りやめ、電子取引のみ実施すると発表した。
ハリケーン接近に伴い、ニューヨーク州が非常事態を宣言したほか、ニューヨーク市の一部地域には避難命令も出ている。

首都ワシントンでは29日の連邦機関の臨時休業が決定。

強い勢力のハリケーン「サンディ」が米北東部に接近し、大西洋沿岸の各州は非常事態宣言を出して厳戒態勢をとっている。

ニューヨークにハリケーン(Hurricane SANDY)接近中 : ニューヨークの …

また米大統領選の両候補が、ハリケーン被害の予想される激戦州での遊説をキャンセルするなど、最終盤を迎えた選挙戦にも影響が出ている。

ハリケーン「サンディ」、米北東部に上陸の可能性

カリブ海で20数人の犠牲者を出したハリケーン「サンディ」は26日現在、バハマ北部近くにあり、気象学者らは、早ければ29日にも米国北東部を直撃する可能性があると警告している。

国立ハリケーン・センターによると、サンディは大西洋を北東方向に進行、早ければ29日夜にもニュージャージー州付近に上陸する見通し。風雨や高潮、洪水と、それらに伴う停電被害などが予想されている。サンディの被害を受けたカリブ海諸国では、計60人以上の死者を出した。

現時点で影響を受ける地域を予想するのは困難だが、コンピュータの予測では、ノースカロライナ州とバージニア州の州境からコネティカット州までの間のどこかに上陸すると見られる。しかし、その地域には人口密集地も含まれており、大きな被害が予想される。コロンビア特別区、ペンシルベニア、メリーランド、バージニア、ニューヨークの各州はすでに緊急事態を宣言しており、メーン州知事も限定的な非常事態宣言に署名した。

米株式市場、29日の取引中止=NY証取とナスダック―ハリケーンで

https://matome.naver.jp/odai/2135149668622747501
2012年10月29日