韓国との関係改善への道を探る自民党―麻生元首相に続いて二階元経産相も

yamadayama
李明博大統領の竹島上陸によって冷え込んだ日韓関係。何時までも冷え切った状況では駄目だと、打開を図る動きが徐々に表面化してきました。自民党の麻生太郎元首相と二階俊博元経産相の発言等をまとめました。

二階元経産相「観光交流で日韓関係改善へ」

二階代議士は韓国の姜東錫・麗水万博組織委員会委員長と感謝状を交換し、互いの友好を確認。
121025

いつ空が晴れるか分からないが、いつまでもこういう状況を続けるわけにはいかない。お互いが冷静になって考え、対応しないといけない。
121025

安倍総理時代の自民党総務会長。
福田・麻生内閣では経済産業大臣。

自民党が政権奪還後の目玉として掲げる、200兆を使う「国土強靭化計画」の総合調査会長でもある。

互いに険しいことがあっても交流を続けることが重要だと認識してほしい。観光交流が関係改善の一翼を担うることは歴然としており、この道をみんなで推し進めよう
121025

関係改善の糸口を―麻生元首相訪韓

李大統領は天皇謝罪要求発言の背景について麻生氏から質問を受け、「真意がそのまま伝わったら、より理解されたはず」と答えた。これに対し、麻生氏は共感を示したという。
李大統領が麻生氏と会談 天皇謝罪要求を釈明 | Joongang Ilbo | 中央日報

麻生元首相は、両国で歴史認識が一致するのは難しいが、未来志向の関係を築くことが大事ではないかと話したという。
FNNニュース: 韓国・李大統領、麻生…

李大統領の竹島上陸以来、日本の政治家が大統領が正式な形で会うのはこれが初めてだった。会談には中曽根弘文元外相も同席した。

李明博大統領と麻生元首相

両氏は未来志向的な両国の発展に向け協力し、世界経済危機の解決や北東アジアの安定・平和のため、信頼に基づいた両国関係が必要とのことで一致した。
李大統領が麻生氏と会談 天皇謝罪要求を釈明 | Joongang Ilbo | 中央日報

麻生元首相「日韓は価値観を共有」

韓日はアジアの中で最も歴史のある民主主義・資本主義国家で、アジア内の安定勢力
日本の麻生元首相「韓日、外交・経済協力メカニズムを構築すべき」 | Joongang Ilbo | 中央日報

両国が外交・経済安定のための地域協力メカニズムを作らなければならない
日本の麻生元首相「韓日、外交・経済協力メカニズムを構築すべき」 | Joongang Ilbo | 中央日報

日韓関係というのは基本的にはきちんと、少なくともここは一党独裁でもありませんし、民主主義、そういった形で選挙というものを行って議員を選んでいる、いわゆる代表を選んでいる、そういった少なくとも日本と共通の価値観というものを有している部分が多いところだと思います
外務省: 外務大臣会見記録(平成17年10月)

お隣の韓国は、その意味でわれわれにとって、価値観の基本的なところを共有する頼もしいパートナーです。これからはわたくしたち両国、アジアの二大民主主義国という気概をもって、共にアジアの安定・発展に尽くしていきたいものです
外務省: わたくしのアジア戦略 日本はアジアの実践的先駆者、Thought Leaderたるべし 外務大臣 麻生太郎

李明博大統領と麻生元首相

ネットの反応

リンク先はネット掲示板です。

関連記事

https://matome.naver.jp/odai/2135114033486135901
2014年06月11日