体からバナナの香りがしてきたら危険信号!!あなたの臭い、チェックしてみて

hokkoricafe2
病気になると体の臭いも変化するといわれています。あなたの臭い、大丈夫ですか?何かの病気のサインかもしれませんよ。

甘ったるい“バナナ臭”や“ココナッツ臭”がするのは危険のサイン

甘い臭いは糖尿病のサイン

糖尿病の人の体臭に多く、すい臓から出るインスリンが少なくなると、体内の脂肪が脂肪酸に変わり、さらに脂肪酸が“ケトン体”に変化します。このケトン体が、甘いニオイの正体なのです。

原因はケトン体、糖尿病やダイエットで起こりやすい

あまり食事をしないでいると、エネルギーが不足して脂肪酸の分解が追いつかなくなり、やはりケトン体が生成されていきます。そのため、甘い体臭は“飢餓臭”“ダイエット臭”ともいわれ、不健康な状態を示すニオイなのです

糖尿病とは・・・

血液の中に含まれる糖の濃度が高い状態が長く続く病気です。
症状は糖尿病の症状は気づきにくく、血糖値が多少高いくらいではまったく症状のない人がほとんどです。そして、徐々に糖尿病が悪化し血糖値がかなり高くなってくると初めて、のどが渇く、トイレが近くなる、尿の匂いが気になる、できものができやすい、傷が治りにくい、足がつる、だるい、疲れやすい、食べてもやせるといった症状が現れてきます。さらに、血糖値が極めて高い状態では、昏睡(こんすい)に陥ることもあります。

ケトン体とは・・・

アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸のことをまとめてケトン体といいます。
ケトン体は脂肪の分解により肝臓で作られ、血液中に出されます。ケトン体は心筋、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器でエネルギー源や脂肪の合成に再利用されますが、肝臓はこれを利用出来ません。

病気になると通常とは違うニオイがしてくる

疲労臭 ツンとしたにおい

働き過ぎで肝機能が低下して起こる

べたべたする寝汗を大量にかいて、それがニオう

結核や白血病の可能性が

ネズミのような臭い

肝臓疾患の場合

汗や尿や口臭から魚臭さやアンモニア臭が臭う

腎臓病の場合

腐敗臭(うんこ臭い)

胃腸の病気

アーモンドのような臭い

フェニルケトン尿症

リンゴのような臭い

黒死病(ペスト)

マツ材の香り

死にかかっている人(昏睡状態の人)

焦げ臭いニオイ

心臓の障害

炊きたてのご飯のニオイ

自律神経失調症

古いビールのニオイ

痛風

がん探知犬、においで患者ピタリ…精度9割超
日本のがん探知犬第一号は、マリーンという名のラブラドルレトリバー。マリーンはがん患者の吸気とそうでない人の吸気を嗅ぎ分けることができる犬なのです。

一時的対策

体臭や口臭などの臭いを治す食べ物(ワカメのメカブ、モズク(石川産)など)

このワカメのメカブ、モズクのヌルヌル成分には、F-フコイダン (肝細胞成長因子HGF)の産生を誘導)とアルギン酸(臭いを包む)という2つの食物繊維が含まれており、この2つが腸や肝臓の機能を高め、血液をきれくしたり腸をきれいにします。

甘い体臭は“飢餓臭”“ダイエット臭”ともいわれ、不健康な状態を示すニオイ

https://matome.naver.jp/odai/2135082282251502501
2012年11月01日