「あれ?家の鍵どこだっけ」を助ける、かわいいキーカバー。

cerisier
おうちの鍵が見当たらない!なんてことをなくすため、鍵を可愛くしてしまいましょう。
たまにある光景(1)
「あれ?鍵どこだっけ?」

カバンの中で行方不明になってしまう鍵。

たまにある光景(2)
「どれが家の鍵だっけ…」

車の鍵、実家の鍵、事務所の鍵、これは彼の家の合鍵だし…

■「キーカバー」を上手に取り入れよう!

鍵を見やすく、そして可愛くしてくれる「キーカバー」。
お気に入りのものを見つけたり、鍵ごとに色を変えたりすることで判別しやすくなるし、
不思議と愛着も湧いてきます。

おすすめは革のもの。
「使うほどに馴染んでゆく」革の特徴が、
自分だけの特別感を持たせてくれます。

●色、形がおもしろいキーカバー。

革の質感や色で選んだり、変わった形で選んだり。

鍵の種類ごとに色を変えたり、お気に入りの1色をみつけたり。
形でわけても良いですね。
表情がチャーミングなロボットモチーフ。
こちらは少し変わった形。
鍵を通す紐が長くとられており
ストラップ的なアクセントになっています。

●ハンドメイド感が魅力のキーカバー。

余った布や革のハギレで自作する人も多く居ます!
アンティークなモチーフをつけたり、レースをつけたり、アレンジは様々。

スタッドとレザーの相性は抜群。
こちらはアンティークなモチーフ付き。
小さなキー型のモチーフがかわいい…!
鳥の巣箱形。このまま首から下げていてもカワイイかも。

●アニマルモチーフのキーカバー。

特徴的でわかりやすいし、愛着も湧きそう。

こちらはモチーフがついているタイプ。
形がアニマル!
こんな目で見つめられたら、
どこかに置き忘れたりなんて絶対しなくなりそう。

●ステッチやワンポイントが印象的なキーカバー。

ハンドメイド風のステッチが◎ですね!
カラフルなレザーにステッチも鮮やか。
形はシンプルだけど、ワンポイントがいいアクセントに。
家の鍵がちょっとしたアクセサリーみたいになるのがキーカバーの不思議な魅力。

●すっぽり隠れるタイプのキーカバー。

首から下げたり、カバンにつけてもカワイイのがこのタイプ。

使うときは鍵を引っ張りだして、
使わないときはすっぽり隠すのがこのタイプの特徴。
鍵の上部にかぶせるタイプよりも大きい分、
デザインにも幅が出ますね。
猫の手型。キュートすぎ。
紐の部分を短くすればカバンにつけてぴったりのサイズに、
長くすれば首からネックレスのように下げられるサイズに。
鳥かごみたいなシルエットが素敵。
ハンドメイドだそうですが、クオリティ高い…!

●革以外の素材のキーカバー。

革よりも扱いやすい分、アレンジがききそうです。

レトロ感がかわいい。
お子様に喜ばれそうですね。
おうち型のキーカバー。
大きなものだと、2つくらいは鍵が入ります。

■作り方の参考リンク集

https://matome.naver.jp/odai/2134967910127392601
2012年10月08日