GoogleAdsense(アドセンス)で収益をあげるための8つのポイント

mfafi0101
GoogleAdsenseについて、収益を向上させるノウハウを書いた記事をよく見かけますが、内容が似ているものも多かったので、重要と思われるポイントを8つにまとめました。

1.広告サイズはレクタングル(大)が最も効果的

クリック率の高い広告サイズは、レクタングル(大)、レクタングル(中)、ワイド スカイスクレイパーの3つです。
その中でもコンテンツ直下のレクタングル大、サイドバーのワイドスカイスクレイパーは威力が絶大です。

2.サイトと広告の背景色を統一させる

クリック率を高めるためにはサイトの背景色と広告の背景色を合わせる必要があります。
背景色を合わせることで、より広告っぽさがなくなり、無視されにくくなります。

3.稼げるキーワードを見極める

キーワードにはクリック単価が高いキーワードとクリック単価の低いキーワードがあります。
一般的に単価の高いキーワードは競争が激しく、単価の低いキーワードは競合が少ない傾向にあります。またクリック率の高いテーマ、低いテーマも存在します。
自分のレベルに合わせて、競争に勝てる範囲のテーマで単価が高く、クリックされやすいキーワードを探しましょう。

4.テキスト、リンクの色に気を遣う

最も効果のあるリンクの色はWebの標準リンク色である青色です。
※ウェブサイト全体のリンク色を変えている場合はその色と同じ色にした方がクリック率は上がります。

また、リンクの色だけでなくテキストのフォントサイズやインデントをWebサイトのコンテンツと揃え、調和性を持たせることでより効果は高まります。

5.広告を記事の中に埋め込む

効果の高い広告の挿入位置は記事の中と記事の直後です。

また、GoogleAdsenseはページの内容の文脈によって広告内容が変化するため、文中や文末であればその内容に一番マッチした広告となり、クリック率も高まります。

6.広告に合わせてテーマを設定する

コンテンツを作成して、広告は自動取得ということがよくありますが、広告をクリックさせやすいテーマがあります。
特に、広告内容とコンテンツがマッチすると、広告に記載されている説明文に自然と目が行き、クリック率は飛躍的に向上します。
Googleまかせの広告表示ではなく、広告を意識したテーマ設定を心がけましょう。

7.収益性の高いページへ読者を誘導する

ページによって収益性の高さには差があります。
広告をクリックしたくなるようなページ、もっと情報がほしくなるようなページに読者を誘導するように心がけましょう。

8.広告の成果を分析する

収益向上の方法に絶対はありません。
ユーザーは常に学習を続け、効果的な手法は日々入れ替わっていきます。
当然、サイトによってとるべき対策も異なる中で、トライ&エラーを繰り返すことがあなたのAdSense収益を確実にあげるためポイントです。

参考サイト

https://matome.naver.jp/odai/2134902036061144001
2012年10月01日