水泳の起源

twcritique

およそ9000年前に人が泳いでいる姿を示す壁画があったといわれ、古代ギリシア時代には水泳が盛んであったことも当時の絵画や彫刻からわかる。
競泳 – Wikipedia

古代ギリシア・古代ローマ時代の身体訓練では、水泳が重要な科目とされており、3000年前に西南アジアにあった古代王国アッシリアの旧地から発掘されたレリーフには、兵士が泳いで川を渡っている姿が描かれている。記録としては、古代エジプトのパピルス文書(紀元前2000年)、アッシリアのニムルド出土の兵士の図(紀元前9世紀)、古代中国の荘子、列子、淮南子などがある。

古代ローマ時代には、文化人の条件として文字が読めることとともに、水泳ができることが必要とされていた。
競泳 – Wikipedia

その頃の泳ぎは動物の模倣で、犬掻きや平泳ぎに似ているものであったとされている。中世においても動物の泳ぎを模倣した段階であったが、19世紀に入ってイギリスの産業革命後にブルジョワジーが賭けレースをするようになったため、泳ぎにスピードが求められるようになった。そのため泳ぎに改良が加えられていき、もっとも原始的な泳ぎの形とされている「両手で同時に水を掻き、両足で同時に水を後方に押しやる泳ぎ」から「両手で同時に水を掻き、両足を左右に開いたのち勢いよく水を挟んで前進力を得る『蛙股(現在のウェッジキック)』」が考案され、平泳ぎが完成した。

画像のタイトルを入力

これまでのレクリエーションとしての水泳に飽き足らなくなったイギリス上流階級の子弟を中心とする青少年たちにより学校対抗の形式で競技が始められ、ロンドンにあるハイド・パークのサーペンタイン・レイク(池)をプールのように区切り、1837年に世界初の競泳大会が行われた。
競泳 – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2134878438637153901
2017年09月24日