家族が末期ガンと診断されたら家族は何をするべきなのか?

mahku
もし家族が末期ガンを宣告されたら、まわりはどうするべきなのか?私は取るべき行動をとれなかった後悔がありますので、「こうすればよかった」ということをまとめます。それぞれの家庭や症状、考え方によって取るべき行動はちがいますからあくまで参考程度にしてください。

心の準備もなく父親が急に末期ガン、余命2ヶ月と診断されたときのことをまとめます。診断後にすぐに入院。1週間後には言葉が出なくなり、2ヶ月半で死去しました。
激しい痛みを伴う癌でしたので自宅での療養は不可能でした。
私は自分の取った行動への後悔しかありませんので、同じ境遇の方が後悔しないようにアドバイスします。

自宅療養が無理なら診断を受けたその日からホスピスを探す

末期ガンの症状も場合によりけりで、自宅に帰ることができることができる人も入れば、激しい痛みで、入院せざるを得ないケースがあります。

入院中の病院が手術などをするような一般病院に入院しているのでしたら、診断を受けた日からホスピスを探してください。

病院よりもあたたかい雰囲気の場所で最期を迎えさせて上げたいと思うならなおさらです。心の整理がつかない、なんて言っている余裕はありません。大抵の病院はそういった情報に精通してくれますので、案内状を用意してくれます。

なぜなら療養型以外の病院は手術をして直すことを前提にしていますので長期間の入院はできません。最長で3ヶ月と見たほうがよいと思います。

病院は病気と闘う場所、ホスピスは痛みを緩和する場所と考えてください

病院は病気を治す場所です。そこにいる限り闘病生活は続きます。治る見込みがないのに痛みを伴う治療をつづけるのか、病気にあらがうことをやめて痛みを緩和することのみに専念するのか。

どちらがいいのかは分かりませんが、
脳に転移して意思疎通さえできなくなってしまった父がベッドに縛りつけられ、やせ衰え、痛みで暴れる姿を見た私はどうしても闘病が最善の選択肢であったとは思えません。

ホスピスや緩和治療の施設に移れない場合は、基本的に闘病になると考えて間違いないと思います。

たくさんのホスピスの面接を受ける

とにかくたくさんのホスピスを回ってください。場所は関係ないです。

現状、末期ガン患者と痛みの緩和処置をメインとしている療養施設の数が釣り合っていません。半年〜1年待ちは普通のことです。

現実の問題へ逃避してはいけない

これが一番大事なことです。
親族に末期ガンが見つかると家族の生活が一変します。
ガン保険の一時金受け取りの手続き、病院の手続き、ホスピスの面接などなど。

これを処理することに逃げてお見舞い行かなくなることだけは絶対に避けてください。私はホスピスの面接に逃げてろくにお見舞いに行くことはできませんでした。

末期ガンの家族のお見舞いに行くという苦しみは痛いほど理解できますが、それでもできる限りでいいのでお見舞いには行った方がいいです。

そこで逃げると後悔を一生引きずります

頑張りすぎないこと

とにかく本人のためにやれることはやってあげよう。そう思うはずです。母は毎日病院に朝から夜まで見舞いに行き、私はホスピスやそれに準ずる施設を調べたり連絡を取ったり。

当たり前ですが、そんな生活が長続きするはずありません。
2ヶ月で破綻しました。

妹が高校に行けなくなってしまいました。
気をつけてほしいことは、頑張りすぎた反動が返ってくるのは本人とは限らないということです。突然の父の末期ガン宣告、その対応に焦燥する私と母。それを見ていた妹が最初に壊れました。

あまりに負担が大きすぎると自信の毎日の生活も苦痛になり始めます。
そして「はやく終わらないかな」と考え始めます。
思い出しただけで自己嫌悪しますが、当時そう思ってしまったのも事実です。

今となっては当然のことのように思えますが「人の面倒を見るためには、まず自分の面倒をしっかりと見れること」です。当時はとにかく「私が頑張らないと」と周りが見えていませんでした。

すべてが終わったら

ホスピスや緩和治療の施設へ予約を入れている状態でしたら、それを取り消しましょう。そうすることで同じ苦しみを抱えている人の助けになるかもしれません。

次に自分の生活を取り戻しましょう。会社を辞めてしまった、就職活動を諦めた、学校を休学した。そんなケースは少なくないと思います。私の家庭もそうでした。

しばらくは何も手をつけることができないと思いますが、個人の差はあれ時間が解決します。働かなければ生きてはいけません。自分のペースで元の生活に戻って行ってください。

今年、父の7回忌を迎えました。
ようやく当時のことを冷静に考えることができるようになりました。
末期ガンの家族へのしてあげられることは、その家庭の数によって有り様も様々です。
これは私の体験談であって、すべての人に当てはまることではありません。

https://matome.naver.jp/odai/2134872900231665801
2012年09月27日