岡村隆史の『笑い』への姿勢に学ぶ。ブレない信念を持つ人材の強さ

punkite
「芸人の事故は自己責任」発言をネット上で批判されている岡村さんだが、その『笑い』にかけるブレない信念はすごい。
岡村 隆史
ナインティナインのボケ担当。
身長156.5cm、体重56kg。独身。
身体能力の高さを生かしたビジュアル的な笑いを得意とする。

「芸人の事故は自己責任」発言

「バラエティがやりにくくなってきた。(局が)本人に直接謝るのはええけど、『すみませんでした』って世の中に謝る必要ある?」と疑問符。
ナイナイ矢部が仕事復帰生報告 岡村はけが続出に持論「おもろなくなるで!?」 (オリコン) – Yahoo!ニュース

最近多発している番組収録のタレントのけがについてのコメント

「ケツや太ももが腫れるとかは普通やろ? 森三中の村上(知子)も移動中に足グキッてやっただけ。こんなん…これから、おもろなくなるで!?」と危惧していた。
ナイナイ矢部が仕事復帰生報告 岡村はけが続出に持論「おもろなくなるで!?」 (オリコン) – Yahoo!ニュース

この発言に批判も多数

「自分は仕事選べるからいいだろうが、そんな立場じゃない若手の責任は誰がとるんだ」
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

Tomoko.I@tommo818

体をはることでしか笑いがとれないお笑いタレントは要らん。岡村の発言に疑問。◆ナイナイ矢部が仕事復帰生報告 岡村はけが続出に持論「おもろなくなるで!?」 (ナインティナイン) ニュース-ORICON STYLE- http://t.co/cWc0tsYR @oriconさんから

knob@kiiroshita

芸人が虐められたり、苦しんだり。それを見て、面白いの?そこでしか笑いを取れないの?腕がないだけ。それを見た子どもが、いじめを真似するよ。 >>> ナイナイ矢部が仕事復帰生報告 岡村はけが続出に持論「おもろなくなるで!?」 mixi.at/aeR359S

「芸人の事故は自己責任」発言の真意とは

岡村さんとしては、単純に近頃過敏になっている芸人事故報道への不満ということなんでしょうけどね。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

今回の件に関していえば、発言の一部分だけを切り取って自己責任論だけが先走っちゃっている印象があります。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

『コンプライアンスや何やって、あるかもしれんけど』という発言が、ネットでは岡村さんがあたかも声高に『法令なんて無視すればいい』と言ったかのように曲解されて広まってしまっている。

そういう現象を含めて、事実がきちんと伝わらないネットというものを批判していると言えるかもしれませんね。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

彼が言いたいのは、過剰な報道とそれに過剰に反応するネットユーザーと、また、そうした声に過剰に反応するスタッフへの、「なんなんだか……」という怒りとあきれだ。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

何が問題かというと、制作サイドにとって、世間の風がどう吹いているかということだ。
視聴率を第一に考える制作サイドにしてみれば、世間の風には乗りたい。どうしても乗れないならば、できるだけ身をかがめるしかない。そして過剰防衛をしてしまう。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

しかし岡村はその風に激しく抵抗する。無理にでも立ち向かおうとする。それが性格なのか、わざとそうしているのかはわからないが、これまでの発言や行動を見る限り、ナインティナインの岡村隆史とはそういう信念を持った芸人だ。
ナイナイ岡村「芸人の事故は自己責任」発言に隠された真意とは…バラエティの法令順守と自主規制(メンズサイゾー) – livedoor ニュース

『笑い』への信念を貫く岡村さんの言動

「高野連が怒ってますけど、逆にぼくが遺憾です」
「高校球児がこれを見て腹立ちます、というのならぼくが行って説明しますよ」
オールナイトニッポン

全国高校野球選手権大会で優勝した早実が宿舎に利用した兵庫県西宮市内の旅館で、斎藤佑樹投手が使った酸素カプセル内で岡村さんがオナラを連発し「オナラ王子」と騒いだことなどに、高野連が抗議文を送った事に対し。

バラエティー番組が無くなって教養番組ばかりになったら、
いじめはもっと増えますよ!
「バラエティー番組が無くなって教養番組ばかりになったら、
いじめはもっと増えますよ!
」99岡村隆史の名言・格言

“七人のしりとり侍”は「いじめを助長している」との批判から打ち切りとなっている。

「プロフェッショナル めちゃイケの流儀」の中では放送倫理番組向上機構に寄せられた番組への苦情を岡村が自らシミュレートした。

様々な発言をネットで叩かれてきて、今回の発言でも彼は大いに叩かれている。
しかしそんな岡村さんも現実の仕事では、秋から新番組がスタートするなど絶好調。
ネットでの評判は芳しくなくとも、彼の強くぶれない信念はテレビ業界では有用なのだろう。
今後もその信念を貫いた笑いを追求していって欲しい。

評判に左右され媚びるのではなく、ブレない信念を持つ人は評価されるということだろうか。

https://matome.naver.jp/odai/2134855082813294701
2012年09月26日