ディズニーアニメ最新作「シュガー・ラッシュ」に登場するゲームキャラクター達

inoshiri
ゲームの中の悪役キャラクターも本当は良い奴なんだぜ?
シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)

ディズニーアニメ最新作。

アメリカでは2012年11月2日、
日本では2013年春に公開予定。


日本版予告プロモーションビデオ。

出演が確認されているゲームキャラクター達

ザンギエフ

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

ソビエト連邦(現ロシア)出身で、赤きサイクロンの二つ名で呼ばれるプロレスラー。鍛え上げられた筋肉をもつ巨漢で、全身についた傷跡、剛毛、モヒカン頭が特徴。雪山の中に小屋をかまえ、熊を相手に修練を積んでいる。

ベガ

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

肩にアーマーのついた真っ赤な軍服と帽子に身を包み(黒いマントを着用することもある)、サイコパワーと呼ばれる悪のオーラを操る謎の男。

クッパ

マリオシリーズに登場するキャラクター。

クッパ軍団(初期はカメ帝国とも)のボスキャラクター。怪獣を思わせる姿をした巨大なカメで、黄色と緑色からなる皮膚と赤色のたてがみを持ち、甲羅には10本のトゲが、頭には鋭い角が付いている。また、側面に棘が付いている黒い腕輪と首輪をはめている。

ドクター・エッグマン

ソニックシリーズに登場するキャラクター。

ソニックシリーズを通して敵役として登場する人物で、世界を自らの理想郷である『エッグマンランド』に変えようと、ソニック達の住む世界を統括する『連邦政府』と対立する。世界最高の頭脳と謳われた科学者であるが、自分勝手で子供のようにワガママな自信家である。

グズタ、アオスケ、アカベエ、ピンキー

パックマンに登場するキャラクター。

パックマンを邪魔する4色のモンスター。
それぞれ性格が異なり、動きのパターンが異なる。

リュウ

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

ストリートファイターシリーズの主人公。
真の格闘家を目指すために自身を研磨し続ける武術家。
自分よりも強い格闘家との闘いを求め、世界中を旅している。

シリーズを通して、鉢巻に道着、赤もしくは茶色の篭手(グローブと表現されることもある)を身に付けているのがトレードマークとなっている。

ケン

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

主役であるリュウの親友かつライバル的存在である。
長く伸ばしたブロンドヘアと黒い眉毛に、真っ赤な胴着がトレードマークの格闘家。
アメリカ人の父を持つ母親と日本人の父との間に生まれたクォーター。母方の実家は「マスターズ財団」と呼ばれる大企業の社長で、跡継ぎがいなかったことによりケンが御曹司という立場になる。現在はサンフランシスコ在住。

春麗

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

対戦型格闘ゲーム初の女性プレイヤーキャラクターであり、後に数多く登場した対戦型格闘ゲームの女性プレイヤーキャラクターの開祖でもある。

中国代表の格闘家。インターポールの刑事(麻薬捜査官)で、ベガを首領とする犯罪組織「シャドルー」専任の捜査官。国際公務員である。

キャミィ

ストリートファイターシリーズのキャラクター。

長く伸びた前髪と二房の三つ編み、頬に付いた傷跡が外見的な特徴の少女兵士。帽子とハイレグタイプのレオタードを着用している。細身ながら鍛え上げられた肉体を持ち、レオタード越しにも割れた腹筋が見てとれる。かつてシャドルーの総帥ベガにマインドコントロールされていた過去を持つ。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
ソニックシリーズに登場するキャラクター。
および、セガのマスコットキャラクター。姿は、青いハリネズミ(英語でヘッジホッグ)を擬人化したもの。
特技は音速より速く走れることで、この能力は彼の登場するゲーム上では重要な部分を占め、また、彼そのものを指す大きな特徴でもある。

ディグダグ

ディグダグに登場するキャラクター。(主人公)

後に、ミスタードリラーシリーズに登場する主人公「ホリ・ススム」の父親であり、名前は「ホリ・タイゾウ」という後付け設定が加えられた。

フロッガー

フロッガーに登場するキャラクター。

プレイヤーが操作する主人公のカエル。

パドル1&2
卓球ゲーム、ポン(Pong)でプレイヤーが操作するパドル(ラケット)。
キューバート、コイリー、スリック、アグ

Q*bertに登場するキャラクター。

キューバート(Q*bert)はオレンジ色の主人公。
コイリー(coily)は紫色のヘビ。
スリック(Slick)は緑色のグレムリン。
アグ(ugg)は紫色のクリーチャー。

セガ・バン・ベイダー(Neff)

獣王記に登場するキャラクター。

最終ボスとして登場する魔神で、日本では「セガ・バン・ベイダー」、英語圏では「Neff」(ネフ)という名前。

サイに変身した姿での出演が確認されている。

スモーク

モータルコンバットのキャラクター。

常に周囲に煙を発する「燐塊」の忍者。後に肉体をサイボーグ化され、地球一つを破壊するほどの力が備わる。サイボーグ時のコードネームは”LK-7T2″。Mortal Kombat IIでは、特定の条件を満たすことで戦うことのできる隠しキャラクターとして登場し、早歩きからの投げを繰り出す。

カノウ

モータルコンバットのキャラクター。

犯罪組織「黒龍会(Black Dragon)」の最高幹部。国を追放された日本人でもある。顔の右半分がサイボーグになっている。発音は「カノー」よりは「ケイノー」に近い。右目からレーザーを放つことができ、バタフライナイフを使う。
“Mortal Kombat: Legacy”にも登場。サイバー・イニシアティブの調査で黒龍会へ潜入したソニアを捕らえ、助けに来るであろうジャックス達を待ち伏せして一網打尽にしようとした。ジャックスと一騎打ちになり、その際に右目を潰されてサイボーグ化に至る。

ペーパーボーイ
ペーパーボーイに登場するキャラクター。(主人公)
1984年にアタリが発売したアーケードゲーム。
ナイト
Joustに登場するキャラクター。
1982年にウィリアムズ社が発売したゲーム。ゲームシステムは、任天堂の「バルーンファイト」の元になった。
マリオブラザーズにも影響を与えたと言われている。

バーテンダー
タッパー(Tapper,Root Beer Tapper)に登場するキャラクター。(主人公)
1983年にミッドウェイゲームズが発売したゲーム。バーテンダーを操作して、お客の前までビールをスライドさせて届けるゲーム。

架空のゲーム「Fix-It Felix Jr.」は実際にプレイ可能

主人公の「ラルフ」が悪役として登場するゲーム「Fix-It Felix Jr.」。
これは、1982年に誕生したという設定の架空の作品だが、公式サイトでは実際に遊ぶことができる。(現時点で英語サイトのみ。)


公式サイトで公開されている「Fix-It Felix Jr.」のゲームプレイ動画。

Twitter上の反応

ばなな@banana_exe

シュガーラッシュ予告編のクッパ様が可愛すぎるんだけどちょい役臭漂いまくる

翠玉@suigyoku

シュガー・ラッシュを劇場で観て、BD版と設定画集をしゃぶり尽くすまでは頑張る(目標)

だーかー@Darkerian

シュガー・ラッシュすごい見てみたい!
主題歌、AKBらしいけど、CMだけか知らないけど、音楽Flo Ridaなんだなw

A Groupie Of Werehog@werehognookkake

というかシュガーラッシュのザンギエフイケメンなんだけどwwww

ジョン@akaisitagi

やはり企画とアイディアが洗練されてる。シュガーラッシュ。久しぶりに見たいと思うtrailerだった。
シュガー・ラッシュって映画。SEGAさんとカプコン、完全協力か。ザンギ、ベガ、ネフ、エッグマン、ヘイガーイズ、チュンリーとキャミー、ねぇ………

RIKKUN。@riku_1031

シュガーラッシュめっちゃおもしろそうなんやけど。
シュガーラッシュPVでザンギ悪役とか言ってるしソニックもいるけどどちらも悪役じゃないだろ

沈黙の天使@silent_aries

そう言えば今度のディズニー映画『シュガー・ラッシュ』でザンギエフが何故か悪役扱いだったけど、そう言えばハリウッドムービーではザンギエフはベガの部下で最後改心する悪役だった。原作よりハリウッドムービーを優先したのね……
シュガーラッシュってディズニーの映画にクッパとかエッグマンとかザンギエフとかでてきてすげえ面白そうだから彼女と見に行く #彼女いません
うおおシュガー・ラッシュ見たい

せいんと@seintseiya1002

ディズニーの次の映画シュガー•ラッシュおもしろそ!
https://matome.naver.jp/odai/2134787738750952701
2012年09月17日