ブックカバーにこだわる

kakaku
ブックカバーにこだわってみた。

▼ブックカバー こだわりのポイント

1.本のサイズに合ったものを選ぶ
本の厚みにピッタリとカバーが吸い付いているような状態がベスト。
しっかりとした素材の物を選べば大丈夫。

2.手触りにこだわること
ブックカバーは、その手触りが命。
手触りが悪い素材のものを使うくらいなら、本屋で付けてくれる紙のカバーで十分。
わざわざ購入するのだから、素材と感触にこだわりましょう。

3.妥協はしない
ブックカバーというものは、無くても困らない。
妥協して買ったものは、すぐに使わなくなる可能性も高い。
妥協せず、本当に気に入ったものを買いましょう。

▼こだわりのあるブックカバー

ジーンズのラベル素材で作った文庫本カバー
ジーンズのウエストに縫い付けてあるラベル(紙パッチ)の素材。
とにかく、安くて頑丈な感じ。
Beahouse/ベアハウス - Yahoo!ショッピング
日本製。
コットン100%。
ノンホルマリンで肌に優しい。
ヌメ革ブックカバー
革製なんで長く使えそう。
メモ付ブックカバー
能率手帳から生まれたエコブックカバー。
とにかく、軽くて使いやすいらしい。
木からできたブックカバー

製本に使用される布の裏に紙を貼り付けた素材を使ってる。

伊東屋とかで売ってるみたい。

GROW A PLANT -店舗情報-
伊東屋 銀座本店 2F
伊東屋 新宿店
伊東屋 玉川店
itoya topdrawer 丸の内店

猫耳文庫本ブックカバー

猫グッズとねこ雑貨のお店「雪猫屋」の商品

他にも猫ブックカバーが多数あり。

OXMOX(オックスモックス)
ドイツ製です。
クリプタンって言う素材がいいらしい。高耐久素材「クリプタン」の特徴
・爪で軽くひっかいた程度ではまったく傷つかない。
・汗や水に濡れても変色、変質しにくく、乾けばもとどおり。

▼その他 リンク集

https://matome.naver.jp/odai/2134766700933003301
2012年09月16日