iPhone5発売発表直前!続々と明かされる新機能

maxpanic

1. 4G LTEネットワークへの対応
2. より薄く、細長く、なめらかに
3. カメラ機能の向上
4. バッテリーの長寿命化
5. 内部機能がよりパワフルに
6. 新しいアクセサリー
7. 値段設定は…

iPhone 5用のNano SIMが届き始める

iPhone 5から新しく採用されると言われているNano SIMカードの噂は真実っぽいです。

ドイツの Telekom (T-Mobile)に、届いたのが左の画像。左がNano SIMカード、右がiPhone 4S等のMicro SIMカードです。随分小さくなってます。

iPhone 5の予約開始日は9月14日か
アップルは12日に待望のiPhone 5を発表すると見られていますが、Geeky Gadgetsが信頼できるソースから入手した情報によると、アップルはiPhone 5の事前予約を発表から2日後の14日に開始するとのこと。
iPhone 5発表イベントの壁紙登場
アップルは、9月12日のイベント向け垂れ幕を米国・サンフランシスコのイエバブエナ芸術センターに設置し終えたようです。同イベントではiPhone5と新しいiPodが発表される予定です

(CNN) 米アップルは4日、サンフランシスコで現地時間12日午前10時から招待客限定のイベントを開催するとして、メディア各社に招待メールを送った。かねてうわさされていた多機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」の次期モデルが発表される見通しだ。
招待メールには「もうすぐだ」というコピーだけが書かれ、イベント内容についての説明はない。ただ、日付を示す数字「12」の影が「5」の形に見えることから、次期モデルが「iPhone5」と名付けられたのは確実とみられる。

Siri のアップデート

iOS6の目玉は特に Siri。

Sports
野球、バスケットボール、アメフト、サッカー、ホッケー等に対応。
「最新のサンフランシスコジャイアンツの試合は?」や「Buster Posey の打率は?」「Lebron と Kobeはどちらが背が高い?」といった質問にも答える。

Flyover 3Dマップ
建物が3Dモデルとして表示される。
Sattelite にすることで全く同じような建物が見える(見えるのと同じ!もう迷わないと思うはず。)。まるで鳥が飛んでいるような。
リアルタイムで3Dモデルを描画している。
日本のマップも対応!
PhotoStream
Shared Photostream、PhotoStream 内の写真を選んで「Share」を押すと他人と共有できる。
共有できるのは Mac(Mountain Lion) や iOSデバイス。共有は携帯電話でも可能になる(地域によって異なるかもしれない)。
相手には通知が届いたり、写真にコメントを残せたり。
turn-by-turn navigation
カーナビに似た画面。「次に曲がって下さい」のみ表示され、過ぎると「直進です」と表示が変わるナビゲーション機能。Siriと統合し、「ガソリンスタンド近くにある?」と聞くと教えてくれる。
Facebookとの連動
twitter と同様にiOSに組み込まれる。
画像アプリからの投稿、Map アプリからの位置情報の投稿、App Store のアプリから投稿可能に。
連絡先アプリとの同期や、Fecebook のイベントがカレンダーに表示されるなど。
Fecebook アカウントを使ってiTunes Store, Music, movie, App Store のレビューの投稿ができる。
Movies
現在地や今の時間から観れる映画を教えてくれる。
特定の俳優が出演した作品リストを表示もする。
Rotten Tomatoes と提携し、映画情報やユーザーレビューが探せる
Do not Disturb
指定した時間はマナーモードになる。一切の通知も知らせない。
けれども、指定した電話番号からのコールは音がなるようにもできる。
留守番電話機能が電話アプリに追加
相手が応答しなかった時に指定メッセージを残す。
指定した時間後に、再度自分に知らせる機能など
Passbook
映画や飛行機チケット、クーポン情報などをまとめて管理する。有効期限の管理などもできるように。
アクセシビリティー
Guided Access、ホームボタンを効かなくし、そのアプリしか操作できないようにする。
スクリーンの指定範囲の制限も可能に。
Face Time
3G及び4Gに対応: Wifi環境下でなくてもFaceTimeの使用が可能。
メール
VIPと指定したユーザーのメールを閲覧、管理できる。
メール編集画面に写真や動画を挿入可能
引っ張って更新に対応
Safari
iCloud tabs(タブ情報を mac や iPad と同期する。)やオフラインリーディングリストに対応。
ウェブサイトへの写真のアップロードが格段に楽に。
Smart App Banners、webページ上に「アプリで見たほうが便利だよ」的なバナーが表示される。
iPhoneを探す
iOS 6とiCloudにはLostモードが搭載されるので、「iPhoneを探す」機能を使って、なくしてしまったデバイスの場所を特定したり、それを守るのがさらに簡単になります
またLost Modeで無くした iPhone に電話番号を表示することも可能
友達を探す
友だちや家族とお互いの現在地を共有
アラート機能で子供が学校から帰る時間等に居場所のアラートを出してくれる使い方も
プライバシー
設定アプリの中に全く新しい「プライバシー」セクションが設けられ、位置情報サービス、連絡先、カレンダー、リマインダー、および写真にどのアプリがアクセスできるかをユーザーが指定できる
新しいウィジェット
通知センターに、新しいウィジェットが導入され、「タップしてツイート」や「タップして投稿(Facebookに)」がそれぞれのアプリを起動せずに行えるようになる
ステータスバーの色が変わる
地味だがちょっといい新機能。iOS 6のステータスバーは使用しているアプリに合うように変化する。まだ全部のアプリがサポートされているわけではないが、これは開発者側で有効にする必要のある機能のようだ
iTunes Matchからの音楽ストリーム再生
iOS 6ベータではすぐに曲の再生が始まり、ダウンロードはオプションになった。これはiTunes Matchが事実上ダウンロードサービスからクラウドストリーミングサービスになったことを意味する。
VIPメールボックス
新しいVIPメールボックスでは特定の連絡先を「VIP」(例えばボス)としてホワイトリストに載せることができる他、通知設定をカスタマイズして特定の相手からメールが来たときだけアラートを出すようにできる
歌によるアラーム
アラーム音として音楽を設定できる。
新Safari
Safariのブラウジング性能が向上する
iPhone5の1136×640表示に対応
ホーム画面のアイコンが5行表示対応する
電話
電話がかかってきたときに「こっちからかけ直す」か「この人にテキストする」かを選べる
この機能には「今から1時間」の時間制限をかけたり、Apple「家を出たら」「家に帰ったら」「会社で仕事を始めたら」などの指定ができる。
テキスティングは 『後で電話する』と『一体何なの?』をボタンを押すだけで送れる

その他にも
・ 迷惑防止機能: 就寝時等にセットしておけば着信音が鳴らなくできるが、例外ユーザーも指定できる。
・ Game Centerチャレンジ: ゲームのハイスコアを友人に自慢したり、挑戦したりできる。
・ リマインダーの表示順のマニュアル編集: イベントの優先度に応じて、リマインダーの並び順を編集できる。
・ アラート用ヴァイブレーションのカスタム: iOS 5でも可能だったが、更なる充実が見込まれる。
・ 手ブレ防止機能の向上: iPhoneやiPadでの動画撮影がより安定する。
・ Safari検索の対象がappにも及ぶ: Safari検索がappにもヒットする。
・ Camera HDR機能の向上: HDR撮影のクオリティが向上する。
・ Safariの同期機能: iPhoneやiPadで見ていた画面を、そのままMacで継続して閲覧できる。

https://matome.naver.jp/odai/2134690893865903901
2012年09月18日