Amazonの伝説のレビュアー・ミフネさんがおもしろすぎる

bataashiohji

吉木りさのDVDのレビューで話題に

長いですが、必読です

こちらの商品へのレビューが話題に

これまで私は女優の(ましてやアイドルなどの)フアン的立場は通過してきませんでした。しかし、喜寿を迎えた昨年、孫が持ってきた週刊誌で目にした吉木りさ嬢に私は目を奪われたのです。老眼鏡を掛け直してまで彼女の写真ページを見ている事実とその胸の高ぶりを孫ら家族に気取られぬよう、普段発揮しないほどの集中力を要しました。

目を奪われた後にはすでに心まで奪われておりました。幾ばくかの年金と若いころの蓄えをもって、金太郎飴のようにどこを切っても単調な毎日をただ死に向かって繰り返すだけのそれまでの日常が変容しました。街頭テレビのような白黒だった景色が、地デジの総天然色になった心地でありました。息子がかつて、キャンデーズというお嬢ちゃん達の熱狂的なフアンとなり、折角入った大学での学業もそこそこに、悪友らと揃いの法被を纏い全国各地を追っかけていた時期がありました。私はそれを呆れと諦観をもって眺めていました(追っかけの費用をアルバイトで捻出していたことだけは誉めねばなるまい)。読者諸兄にはさらに自分語りを続けてしまうことを許していただきたく思いますが、回顧すると私はまこと朴念仁でありました。しかし私の今の心境もまた、かつて私自身が嘲笑った息子とおそらく全く同じであろうことをここに恥ずかしながら告白せねばなりません。昨今ネット上で「○○が好きすぎて死にたい」なる言辞をしばしば目にしますが、まさにその心地であります。若者への迎合ではありません。その表現が今の私にはとてもしっくりくるのです。

美しく愛嬌のある顔貌と瑞々しく健康的な肢体、そして耳に心地よく鈴を転がすような声(フアン諸兄には言わずもがなでありましょうが、吉木嬢の声といったらもう…天女もかくや、といった風情です。)に魅せられた私は、このDVDを含め4作品を購入しました。吉木りさ嬢は私にとって中宮寺の伝如意輪観音なのです。慈愛に満ちたご尊顔、たおやかで官能的ですらある頬にあてた指、その神々しさに私はただただ圧倒され、ひざまずかずにはおれません。とはいえ客観的にみると、私は孫ほど年の離れた「グラビアアイドル」のお嬢さんという年不相応なものに傾倒している老人でありましょう。

「キモい」と揶揄されても仕方がありません。何の衒いもないかと問われれば、正直に申して年甲斐もないという照れ、長年の信念を改めることへの不安、世間様から批判される恐れは皆無ではありません。しかし私がより恐れるのは、自身の率直な気持ちを自ら封殺してしまうことです。読んでいただきありがとうございました。長文多謝。
Amazon.co.jp: 吉木りさ DVD『神降臨 -セキララ*彼女 番外篇-』のミフネさんのレビュー

その他のおもしろレビュー

快楽天と間違って購入しましたが、同誌に期待する用途をこれがしっかり果たしてくれた(皆が同様に応用できるとは限りません)のは嬉しい誤算でした。
学習誌だけあってためになる読み物も豊富で、人類の進化の過程を分かりやすく特集しており非常に興味深く読みましたが、北京原人の項で本田博太郎氏のインタビューがなかったのはさすがに片手落ちかと感じました。

この世のいろんなものに嫌気がさし、自暴自棄になり購入しました。なぜか異常なまでに購入に勇気を必要とするビジュアルですが、韓国では一般的に食べられている食材だとか。夕飯のおかずに出したところ主人と義父が「悪ふざけが過ぎる」と烈火のごとく怒りだしました。決して家族にス力●ロ趣味を押しつけるつもりはないことなどを必死で説明してすんでのところで事なきを得ましたが(スンデだけに)、あまりの狼狽のためにお腹が痛くなり、スンデそっくりのものが私のズボンの後ろを膨らませるところでした。

あの「揺れちゃった」シリーズに瀬乃さとえちゃんの登場です。ワカパイの下位互換とか整形とかフォトショ詐欺とか88%Offで投げ売りとか言っている口さがない人も散見されますが、全く理解しかねます。怒り(と性衝動)のため震えてきます。西野カナのお株を奪うくらいにです。確かにパッケージの彼女よりも、実際に動いている彼女は一見タッチが雑で人間として画素数も荒いように見えますが、それはあくまで錯覚です。「揺れちゃった」にとどまらず、「漏れちゃった」、「にじみ出ちゃった」、「甘栗むいちゃった」、「服役しちゃった」など、どんどん新作を出してグラビアクイーンにのし上がっていただきたいですね。

浮き輪やビニールプールに欠かせないエアポンプです。一目で判る使いやすさとコストパフォーマンスは太鼓判を押せます。子供たちも喜んで足踏みしています(笑)
ただ私が心から懸念しているのが、ごく一部の人間が当製品を想定外の用途に転用する可能性です。一例を挙げますと、チューブの先を浮き輪などではなく人間の肛門にアタッチし空気を注入するという遊戯などです。この場合、挿入時に角度や力加減を誤ると、裂肛や直腸壁損傷を来すことがありますし、そうなると創部の重篤な感染症のリスクは無視できません。痔瘻、膿瘍や敗血症への進展も考慮しなければなりません。

例え挿入に成功したとしても、おそらくはその行為はそれに続く空気の注入の前段階に過ぎないでしょうから、必然的にポンプを踏むことが想定されます。そうなると、快感にありつこうと逸る余りに急激な注入を行なった場合、腸壁はある程度の物理的伸展には耐えるとしても浮き輪などよりは格段にデリケートですから、早い段階で下部消化管は穿孔、裂傷、破断といった傷害に至ることになるでしょう。さらに消化管内の内容物が腹腔内に漏出するとかなりの確率で腹膜炎を惹起します。
くれぐれも興味本意から倒錯的な使用に走り自損行為のないようお願いするとともに、消化器外科に入院中の私にカンパをお願いしたく筆を執りました。連絡先は狼煙か脳への直接的語りかけを随時行っておりますので、認識され次第コンタクトをとってください。

良くも悪くもマイルドな薬剤ですので、むさぼり食うように摂取し「へへ…効いてきたぜエ…」などと独りごちジャンキーないしマッドサイエンティストを気取る時に最適でしたが、後々になって強烈な羞恥心にさいなまれるという副作用が見られました。
(※不必要な過剰摂取は厳に慎みましょう。また、被暗示性の高い方はプラセボ的にキマる場合がありますのであしからずご了承のうえ自己責任でお願いいたします)

https://matome.naver.jp/odai/2134689452864241501
2012年09月06日