人に「うっ・・・」と思われないための 口臭 予防 法 まとめ

appareway
知らずに人に不快感を与えているかもしれない「口臭」。あなたはホントウに大丈夫??

口臭とは


https://matome.naver.jp/odai/2134676033652607601/2134676299353016703
口臭は、人であれば、
誰しも少なからずあるものです。
ただ、その程度には個人差があり、
キツい口臭は他人に不快感を与えてしまうことがしばしばあります。

口臭の原因には様々なものがありますが、
その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する
「揮発性ガス」というものです。

この「揮発性ガス」を抑えるためには、
「唾液の量」と「お口の衛生状態」が特に重要なのですが、その他にも虫歯・歯周病なども口臭の原因になりえます。

口臭と自臭症

自臭症とは、実際は大したことがないのに、
本人が「自分は口臭ではないか?」と気にし過ぎてしまっている症例です。

自分の口臭はキツいと思っている人の中には、
かなりの割合でこの自臭症の方も含まれてしまっています。

自分の口臭のことは中々他人に聞けることではないので、
勝手に思い込む気持ちもすごく分かります。

自分の口臭はキツいと思っている方の場合は、
まずは自分の口臭が本当にどの程度なのかを事前にチェックしてみることをオススメします。

通販などでは、口臭チェッカーという器具を簡単に買うことができるます。

【唾液が少なくて口臭がする場合】

朝起きたときに「口が臭いな・・・」と思ったことはありませんか?

唾液にはお口の中の洗浄・殺菌作用があり、
揮発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制するので口臭を予防する効果があります。

寝ているときは唾液の量が減ってしまい、口臭が出てきてしまいます。

寝ているとき以外にも、
体調不良・ストレス・緊張・薬の副作用・加齢・口呼吸・食事の時によく噛まない
といった場合にも、唾液は少なくなります。

唾液を増やすためには

1.水分を十分にとる
2.よく噛んで食事をする。

唾液には、口臭予防以外にも、虫歯予防といった作用もあるため、
日頃の食生活などを改善していくことで、唾液の量を増やすように心がけてください。

【口の中が不衛生で口臭がする場合】

口の中が不衛生だと、口内の細菌の数が多くなってしまい、
当然ながら、「揮発性ガス」の量も多くなって口臭がキツくなります。

対策としてはもちろん歯を磨くことですが、
やみ雲に歯磨きをする回数を増やしたところで、洗い漏れがあれば意味がありません。

また、「舌苔(ぜったい)」を取るように心がけてください。
舌苔とは、舌の表面に付いている白っぽいもののことで、
これは細菌や食べカス、死んだ白血球などの集まりです。

ただし、舌も傷つきやすいため、むやみに舌も磨けばいいというわけではなく、
きちんとした器具を用いて舌苔を取るようにしましょう。

サプリメント

口臭予防のオススメグッズ

https://matome.naver.jp/odai/2134676033652607601
2012年09月04日