ITインターネットの知識による富の格差についてまとめ

cokororo
多くの人は、インターネットを毎日のようにりようしていますが、その情報供給側にはなろうとしていません。しかし、最近成功している多くの企業は、インターネット企業である事は疑いようのない事実です。

ITによる富の格差
ITは雇用を生まずに所得格差だけを広げるのか? 米国の失業率が回復しない本当の理由|シリコンバレーで考える 安藤茂彌|ダイヤモンド・オンライン

三つの要素は労働市場にどのような変化を与えたのだろうか?ITの発達をうまく利用した人々は、大きな所得を得たが、そうでなかった人々の所得は下がった。1983年から2009年の間に、米国世帯のトップ20%の所得は上がったが、その下80%の所得は下がった。更に細かく見ていくと、トップ5%が富の80%を得て、トップ1%が富の40%を得ているという大きな格差を生んでしまった。

今の金持ちになる方法
IT技術が進歩するほど雇用格差が拡大する皮肉 – 格差脱出研究所

現在はこの情報革命のおかげで、インターネットとパソコンという端末が個人にも行き渡るようになり、世界中のあらゆる情報を得ることができるようになります。そのため世界中の金儲けの方法が手に入るようになり、日本にも市場経済を利用した投資という方法が入ってくることになります。欧米において、金持ちになる方法である株式投資、為替取引、先物取引、ネットオークション、ネット商店、ネット広告など様々な方法が日本でも通用することになり、こういった方法を知った人が勝ち組になれる社会へと移行するようになっているのです。

情報弱者は「情弱」と呼ばれて馬鹿にされる時代に
情報格差 – Wikipedia

逆に情報格差の男女比については緩和されつつある。パソコンや携帯電話を含め情報通信端末の使用は男性が圧倒的に多かったが、近年ではあまり差異が見られなくなってきている。この他に地域による情報格差も問題となっており、都心部と比較して村落など地方における情報格差も指摘されている。また、これら情報通信端末の中でもパソコンを使えていない人やインターネットの使用頻度の問題で情報収集能力が低い人の事を「情報弱者」から略して「情弱」と呼ばれる傾向になり、一種のスラングとして扱われている。

昼想夜夢@tyuusouyamu

これから事態がどう急変するかわからない。情弱な日本人を守るため、外務省は「在韓邦人の帰国勧告」、「渡航自粛」を打ち出すべき。事件が起きたら、無作為が問われてもおかしくない。韓流おばさんたちが、行くのはいいよ、行って来なさいじゃなく、行きなさい。

dancyoism_bot@dancyoism_bot

「情弱だったら何をもやっても良い、というわけではないと思うの」
電力供給の格差社会や〜! (ひこまろ)

T島@T_Takashima516

秋葉なう。なるほどね…さすが聖地。すごいの多い。ただ、リア充と非リアの格差社会を実感

S.Umezawa@ume_pon

↓これが極まると「工場持ってる資産家が利益総取り、工場は完全機械オートメーションで24時間働くロボットばかり。工場持たない一般人は全員失業者の貧困層」という超二極格差社会になるだけなんだけどな……ほんとにそれでいいと思うのかね???

mack!(まっきぃ@nobmackey21

格差社会…!

かず@bakaazu

夢わデッカく大金持ち( ̄▽ ̄)
なんせIT系の社長なったら金持ちなれんちゃん(笑)?
https://matome.naver.jp/odai/2134570896160978501
2012年08月23日