すごく勉強になるFXの記事集

イケスケ

トレードは強い相手から逃げる人が強い

「強い相手」とは「勝ちにくい相場」。
つまりはボラティリティと方向感が無い相場です。
では「弱い相手」とは?「勝ちやすい相場」です。ボラティリティと
トレンドが発生している相場のことです。トレーダーなら間違いなく後者の
相場で勝負しますね。強い相手を嫌って、徹底的に弱い相手としか
勝負しない。世間の美徳とは逆のことをトレーダーはやるべきです。
トレードは強い相手から逃げる人が強い:外為コム

トレードルールを考えることの重要性

トレードプランを作成することで、戦略としてトレードを行うことが
出来ます。今日の相場は勝ちやすい相場なのか。それとも方向性が無く
売買するにはリスクが多い相場なのか。そういったことをトレード前に
知ることが出来ます。プランがなければ、相場の状況も分からず
同じ相場の状況でも今日は買い、明日は売りといった一貫性のない
トレードになってしまいます。
トレードルールを考えることの重要性:外為コム

成功する為に重要なのは負けトレードの損切りだ

トレードで成功する為には、一にも二にも損切りです。これができな
ければトレードで成功することはあり得ません。もちろん相場は
上がるか下がるかなので一発当たれば大儲けできるかもしれ
ませんが、大損もしてしまう可能性もあります。こんな博打は
トレードとは言えません。ネットの掲示板なんかには一気に
何千万損したなんて書き込みを見ますが恐ろしい限りです。
成功する為に重要なのは負けトレードの損切りだ:外為コム

FX勝利の聖杯をお探しの方へ

相場には絶対の法則に支配されていて、極秘の手法があってこれを
手に入れれば、絶対勝利が得られるという聖杯を探す旅を続けて
いたのです。

絶対勝利の聖杯は存在しません。
もちろんある程度のエッジのある手法は当然必要ですけれども
トレードをトータル的に考えた時、負けトレードとなる「損切り」も必要に
なってくるのです。負けはトレードの一環。当然の結果なのです。
FX勝利の聖杯をお探しの方へ:外為コム

FXトレード記録をつけて実力をアップさせる

機関トレーダーでない個人トレーダーは誰も監視してくれません。
会社に勤めている機関トレーダーの場合は、上司や先輩といった管理
また監視する仕組みが整っていて常にチェックされていますが、個人と
なると誰もチェックしてくれません。したがって、自分で自分をチェックする
しかないのです。そのチェックの方法が日記というわけですね。
FXトレード記録をつけて実力をアップさせる:外為コム

出典サイト

https://matome.naver.jp/odai/2134567492357534401
2012年08月23日