英雄伝説 SS/二次小説まとめ【空の軌跡/零/碧/閃/エステル/レン/ティオ/おすすめ】

はいぶろ
RPG作品の多くがアクションRPGであるファルコムにおいて、3人称視点のコマンド選択タイプRPGであることがシリーズの特徴としてあげられる。また、主人公も含めた個々のキャラクター像を深め、群像劇として物語を描いているのも特徴となっている。

ドラゴンボールZの孫悟飯が不思議な光にのみこまれ、気がつくと空の軌跡の世界に。
原作では死亡してしまうエステルの母レナを助け、エステルの兄としてブライト家に迎えられる。

女神アテナとハーデスの最終決戦に決着が付き、傷付きながらも帰還するアテナと5人の聖闘士
しかし、突如起こった次元振動に巻き込まれ一人の聖闘士が今までとは違う『世界』に漂着してしまう。これは、異界に舞い降りた不死鳥の新たなる戦いと、出会いの記録である。

信じていた親友、クロウ・アームブラストの裏切り。更には共に戦い抜いてきた仲間達との劇的な別れ。満身創痍のリィンは何処へ向かうのか……そして混迷極まるエレボニア帝国はどのような未来を迎えるのか。
あの衝撃的なラストで軌跡ファンの心を貫いた閃の軌跡の続きを書きます。

この作品は日本FALCOM社より発売されている軌跡シリーズの二次創作です。エステルの兄としてシャルル=ブライトを投入し、王国の再興を目指します。

腐りきった現代社会の中で裏の処理をしていた主人公、そんな彼がトラックに轢かれそうになった時、気が付いたら違う世界にいた。

一人の修理屋の少年、彼は特科クラスⅦ組として《トールズ仕官学校》へ入学してきた。これは、少年とその仲間達の希望と苦難に満ちた2年間を語る物語。

かつて≪神≫として崇められた存在は、いつしか悪逆を尽くす≪狂神≫となった。
長き戦いの果て≪狂神≫は力の大半を失い、異世界へと封じられた。
そして時は流れ七耀暦1204年。
エレボニア帝国トールズ士官学院に運命を背負った3人の若者が入学する。

これは、数多の思惑の中、激動の時代を生きる神殺しとその仲間達の物語――

英雄伝説 碧の軌跡の二年後、やっと平和になったクロスベル自治州

そこで繰り広げられるドタバタしすぎの物語が幕をあけた

――――日、出ずる国で生まれし無刀の剣士。

刀を使わぬ流派、虚刀流七代目当主鑢七花は否定姫とともに日本地図を完成させた後、西はゼムリア大陸へと海を渡った。

――――それから早五十数年。

“鑢”という刀の物語は一人の少女へと受け継がれた。

若者よ、世の礎たれ。その言葉を胸にトールズ士官学院に入学する少年少女たちは成長していく。2つに分断された帝国、平民と貴族、貴族派と革新派、その中で2人の強者が巡り合う。

彼らは多くの仲間たちと出会い、一体何を成すのか?

これは零と碧の軌跡に登場したリーシャ・マオに兄がいたら・・・。そしてそれもチート級の強さを持つ兄だったら・・・。と言う物語です。

只今、多忙のためこの作品に取り掛かることができません。しばらくお待ちください。

彼は海港都市で生まれ、不幸を浴びた一人の少年。
英雄の子供でもない。理に至ることも、修羅に堕ちることもないだろう。
そんな彼は、大陸に生きる一人の人として、苦難を乗り越え、時には挫折し、一歩一歩成長していく。
「もし」という可能性の軌跡を辿って、彼は何を思うのだろう。

トリスタの駅に降り立った一人の少女、赤と銀色が混じった髪、赤い瞳をした少女は新しい空気に大きな喜びと僅かな緊張をもってやってきた、そう、このトールズ士官学院に。

この物語はトールズ士官学院《Ⅶ組》に入った一人の戦乙女の軌跡である。

超一星龍と激闘して勝利した悟空は神龍(シェンロン)とともに天の上に消えて行ってしまう。

時が経ち異世界に移動して トールズ士官学校旧校舎の地下に行くことになる…。

明治時代に不殺の精神でか弱き人々を守りぬいた緋村剣心。しかし彼も寿命には勝てず皆に看取られながら亡くなった。しかし彼の魂は神と赤龍帝ドライグの導きによってリィン・シュバルツァーとして転生する。
彼がリィン・シュバルツァーとしてどう成長して行くのか帝国の動乱をどうみていくのか。

ある日、文月学園の観察処分者、吉井明久は学園長の藤堂カヲルの召喚獣の実験に巻き込まれ、見たことも無い場所に飛ばされる。
そこで明久はトールズ士官学院特科Ⅶ組の生徒と出会い、そこに編入することになる。
そこで明久は己にできることを見つけることができるか……そして元の世界に戻れるか。

あの日、父親同然の剣の師匠が亡くなった・・・それから少年は一人で世界を放浪し、
その中で少年は自分を鍛え続けた。ある日、そんな彼に世界を股にかける組織から声を
かけられる。師匠も加わっていたその組織に彼も加わり、
そして、ある目的を持った少年はトールズ士官学校に入学するーーー

2年前から自宅に一切戻らず、旅をし続けた1人の女子。1年前にサラさんと出会い、好きでない家業から身を引いた1人の男子。そんな2人がサラさんに誘われトールズ士官学院に入学する。《Ⅶ組》の一員としてその2人が歩む道とはーー。
※女オリ主と男オリ主の2つの視点で物語を進めます。視点については明記します。基本的に原作沿いで進めていく予定です。

トールズ士官学院に通う少年、リィン・シュヴァルツァーとその仲間たちのなんでもないような日常
その日常の中でリィンが落として行く女の子の数は…?

もう絶望することはもうないだろう。なにせ絶望に匹敵するぐらいの希望・・・・はないけど根性をもらった。
だからもう折れることはないだろう。だったら後はひたすら足掻くだけだ。

「原作リィンもっと会長にグイグイいけよ!」という不満に基づいた、ちょっと根暗なリィンさん(笑)が、トワ会長と幼馴染だったら、という物語。処女作ゆえ、生温かく見守っていただけると嬉しいです。

16歳で死んでしまった片桐 竜胆は、転生することに!
しかし、与えられた力は身体能力強化と魔力のみ。

竜胆と言うイレギュラーを加え、運命の歯車は回る。

親友を亡くし、その悲しみを背負う少年。
その横には彼を助けたいと願う少女。
これは、二人が織り成す、光と焔の軌跡。

閃の軌跡で新しい人生を向かえる主人公

トールズ士官学院 に作られた新たなクラス【Ⅶ組】。
そのクラスに選ばれた様々な過去を持つ者達は色々な出来事に巻き込まれながらも挫けずに生きていく。そしてその中には本来居る筈ではない【もう1人】が存在していた。

自分の存在すら分からず、唯只管物語に流される少女の様な少年。彼はⅦ組の者達と過ごし、少しずつ知っていく。世界の事。そして自分の事を……。

神々の喧嘩で死んでしまった青年、如月一真。『ネギま』、『リリなの』で天寿を全うした彼が次に来た世界は導力と言われるエネルギーで人々が暮らす世界『ゼムリア大陸』。ひょんなことから知り合いに頼まれとある国の士官学校に通う事になった一真。彼は普通の青春を送ることが出来るのか?

クロスベル独立直後、改めて自分の力のなさを痛感したロイドは無期限の旅に出た。そしてロイドが旅に出てから5年が経った時、エリィ達の元に一通の手紙が届いた……
※かなりのオリジナル設定です。メインはティオです。これらが無理な方はブラウザバックを推奨します

ゼムリア大陸最強の猟兵団《西風の旅団》に所属する一人の少年―――《戦狼》フレイ・イクシアス。

《猟兵王》ルトガー・クラウゼルの死後、彼の仲間達は彼と彼の“義妹”であるフィー・クラウゼルを置いて消えてしまった。

何故、彼らは去ってしまったのか。
何故、自分達も連れて行ってくれなかったのか。

その理由も分からぬまま、彼らは《紫電》に導かれ、トールズ士官学院に入学することになった。

時は S.1205年  ゼムリアタ大陸にあるエレボニア帝国…

そこでは、去年 帝国の内戦を終わらせたメンバーたちが通ったというトールズ士官学院がある… そして今年、新たなる9人のメンバーが Ⅶ組に選ばれるのであった…
物語の舞台は、リィンを除いたⅦ組メンバーが去ってから数日後の世界、新たなるⅦ組メンバーで、帝国はどうなるのか? そしてクロスベルは? 波乱と戦いが終わった世界で、新生Ⅶ組、始動!

*この物語は、作者が書いたオリジナル小説です、英雄伝説 閃の軌跡、Ⅱとの歴史も少しは絡んできていますので、原作をプレイしてから読むのが推奨です

結社身喰らう蛇第七使徒鋼の聖女直属の部下鉄機隊、各々が執行者に匹敵する実力を持っているが中でも最強と呼ばれる青年がいた。そんな彼が世界の広さを体感するためトリスタにある士官学院に入学する。

世の闇にこれでもかと愛されまくった少女がいた。
帝国の闇に。
共和国の闇に。
教会の闇に。

七耀暦1204年 3月31日。
トールズ士官学院にかつて、ある組織に所属していた過去を持つ…一人の青年が入学した。
貴族生徒や平民生徒と違う赤の制服を纏う青年はあることに気づいた。
自分以外にも少数、同じ赤の制服を着た者たちがいるということに。

そしてそれは…これから起こる闘いへの序章であると…このときの青年は知る由もなかった。

ルドガー・ウィル・クルスニク。かつてオリジンの審判を終えた彼だが、閃の軌跡の世界へ来てしまった。ルドガーはⅦ組の者達や協力者達と過ごし、彼は・・・

旧題名『狂った少女の軌跡』です。
内容は変わっていませんが、主人公の在り方を少しばかり変えました。

あらすじ↓
絶望の底にいた私を貴方は救い出してくれた。
だから次は私が貴方を助けよう、たとえどんな運命が待っていようとも……共に歩み、未来を掴み取るために。

リベール王国の準遊撃士の少年が、ある人物の依頼を受けてエレボニア帝国へと足を踏み入れた。《剣仙》より盗み出した流派の一端を手に、微妙に腐った性根を心に、煮えたぎる憎悪を魂に。少年はこの地で何を得るのか?あまりにも非力だった少年の戦いが今、始める。

普通の少年がリィンに憑依したお話。

身分関係なく集められた特科クラスⅦ組。
―――今、彼等14人の波乱に満ちた学生生活の幕が上がるのだった。

9人? いや少ないでしょ、あと五人増やそうぜ!
という感じの勢いで作った次第ですw

中途半端に終わるかもしれませんが楽しんで頂けたら幸いです。
アドバイスや指摘、ご感想などもお持ちしております。

トールズ士官学院VII組に配属する事となった記憶喪失の青年は、突如ペルソナと言う謎の力を手に入れる。
対立が深まる貴族派と革新派、各地で出現し始める正体不明の魔物『シャドウ』。
三つ巴の混乱が巻き起こるエレボニア帝国を舞台に、特化クラスVII組の戦いは思わぬ方向へと突き進んでいく。

かつて、全てを失った少年がいた。
復讐のために研ぎ澄ました”力”は、やがてその意味を変えていく。

時に、自分を繋ぎ止めるために。
時に、守れる人々を守るために。
時に、心地良くなった居場所を奪われないために。

激動が巻き起こる大陸の中で、少年は己を見定めんとする。
もう二度と、理不尽な運命に翻弄されないように。

エレボニア帝国西岸より更に先、シエンシア海に浮かぶ群島の一つ「残され島」。遺跡と神話の島から旅立つとき、彼女の物語は始まりを告げる。特科クラスⅦ組、その誕生の前日譚が。

――これは那由多の先に続く永久の軌跡。

ゼムリア大陸西部、エレボニア帝国。
帝国の地に在るトールズ士官学院。
この物語はそこから始まる。

時は七曜歴1204年。
かのドライケルス大帝が設立したその学院に、1体の龍が舞い降りた。
龍を冠する彼の名は《リィン・シュバルツァー》。
最強に最も近しい者の一人である彼は、学院生活で何を見、何を得るのか。

龍と閃が交わる物語が、今、始まろうとしている・・・。

これはある目的を抱える少年が紡ぐ軌跡。八葉一刀流『全皆伝免除者』《八葉》の軌跡●とりあえず、タイトル変えたけど、 即興で考えたやつだから変わるかも知れない(笑)

閃の軌跡の過去編で、ノーザンブリアが舞台の設定です。原作アンチ、ヘイト表現がややきつめかもしれません。 初投稿ですので、生暖かい目で見守ってくれると幸いです。描きやすそうな場面をアバウトに見繕って書いていくだけで、時系列は滅茶苦茶です。習作のようなものとお考えください。

地球がある私たちがいる世界とはまた違った世界。 そこは、ゼムリア大陸と呼ばれる一つの大陸にいくつもの国々が犇めき合う世界。 その中のエレボニア帝国の一画、ユミルの地において一人の少年が目覚めた。 激動の時代の中、平凡と平穏を求める少年の運命やいかに!? 閃の軌跡にはまり、英雄伝説の二次系で神様転生モノが少ないなあと、思わず衝動的に書いてしまったものです。

英雄伝説軌跡シリーズにオリキャラをぶちこんだ二次創作!!にじファンからの移転です!

リベールに突如現れた男、南斗水鳥拳伝承者レイ、この男が受ける運命とはいかに!この二次作品は北斗の拳と英雄伝説Ⅵ空の軌跡のクロスオーバーになっております!処女作で至らない部分が多々ありますが、了承下さいレイがかなりマイルドになっており、また原作からかなりかけ離れていたり、キャラが崩壊しているなどありますので、それが認められないなどと言う人は回れ右で観覧しないようにして下さい

トールズ士官学院には貴族と平民と言う身分の違う者たちが兵学を学んでいる。そして今年はそれとは別の身分の者が隠してやって来た。お飾りの理事長の意図を知って・・・。 ※この作品は閃の軌跡の創作品となっております。原作崩壊や登場人物の性格が変わったりしていますので、嫌いな方はオススメしません。

これは、不死の英雄の巡礼の旅。が終わった後の生者としての物語。・この小説は零、碧の軌跡の世界にダークソウルの主人公を投入したクロスオーバー小説です。・努力はしているものの、正直ダークソウルをやっていないと理解できない部分があるかもしれません。・亀更新という言葉を超越した亀更新……真・亀更新とでも言うべき更新速度になると思います。

不条理、欺瞞、絶対的権力……あらゆる『壁』を経験し、転生した少年少女たちが歴史を紡ぐとき、ゼムリアの歴史が大きく変わる。その中で失われるはずだった命、歩むはずのなかった道にいる人たち……全ての因果は書き換わり、描かれるはもう一つの『軌跡』の道。時系列的には空三作。オリキャラは他アニメ要素、他RPGや他ゲーム要素多めです。時系列的に被るものは順次やっていく方向性で考えています。

ある場所で一人の青年がその人生に幕を閉じた青年に未練はなくただ意識が遠のくのを待つ・・・・・※前半はオリジナル(作者の幻想)です。※FCのだいぶん前から始まります。この作品が処女作になります誤字脱字、不定期更新、駄文の三拍子揃っておりますが生暖かく見守っていただけると幸いです。

軌跡シリーズの世界に境界線上のホライゾンを放り込んでみた。カルバード共和国→カルバード連合国(いろんな種族が一杯なホライゾンキャラの国)というカオスな作品。いろいろと改変入ると思いますが、一応原作沿いになると思います。

百日戦役と言う出来事から表舞台に現れた人嫌いの青年の軌跡です。この作品は空の軌跡から碧の軌跡までを舞台にオリキャラを登場させたものです。

後に《英雄》と呼ばれるようになる少年・少女たちが、トールズ仕官学院にて研鑽をつみ、世の騒乱の渦に飛び込んでいく物語…に関係しているような、してないような、そんな微妙な立場にある、愉快な平民たちの物語。

七耀暦1204年。 最強の猟兵団の一角に所属していたある少年は数奇な運命の導きの元、トールズ士官学院に入学することに。 猟兵だった頃に比べ色々と制約に縛られることが多く、不自由をしながらも同じ仲間《Ⅶ組》のメンバーたちと帝国の問題へと立ち向かうことになる。※別のサイトですが、同じタイトルの軌跡二次があるそうなので、再び変更します。読んでくださっている方々にはご迷惑をお掛けすること申し訳ないです。

七耀歴1204年3月31日。遊撃士の少年、レイド・ルクソードは《トールズ士官学院》に入学した。《貴族派》と《革新派》が対立を深めていく混沌としたエレボニア帝国で、彼と、彼の所属する《Ⅶ組》の仲間達は想像だにしなかった波乱に満ちた運命に巻き込まれていくのだった。※閃の軌跡の二次創作です。メインヒロインはラウラの予定です。無理だという方はバックを推奨します。そうでない方は読んでくれたら嬉しいです。

第二章(ルーアン編)完結しました!全話対象で加筆・修正中です。現在、十一話まで改訂完了しました。現在都合により更新停止中です……少なくとも次更新は来年くらいになるかと。『空の軌跡』の物語、それは、エステル・ブライトが描いた軌跡の物語。それなら、その軌跡を別な人物が描いたら、どんな物語になるだろうか?これは、リベール王国王太女、クローゼ・リンツが描く、『空の軌跡』の物語。

全てが終わろうとした瞬間。キーアは最悪の可能性を見せられた。それは努力を嘲笑う因果の力の片鱗。無情なまでの世界の残酷。 だからキーアは願った。ただただ、この可能性を回避することを。 それは、一人を呼び寄せた。魔都クロスベルへと。終わりから始まりへと向かう物語は最初から破綻していた。 何故ならば、最初から呼び寄せられた者は……。

暗い過去を持ちながらも、ウォーゼル家の養女として、帰るべき居場所を見つけた一人の少女。そんな彼女が特科クラスⅦ組の一員として、ウォーゼル家の長女として、自分の生きる道を探そうとする物語です。※原作にオリ主を加えたストーリーです。恋愛要素も含まれます。そういった独自設定が苦手な方にはオススメできません。

とある事件で全てを失い、何もかもを奪われた少年。 その少年は何も持たない事を理由に一介の情報屋となる。 千変。顔の無い亡霊。数々の異名を持つ、情報屋として多くの事件に関わっていくのだが、彼が全てを失う事となった過去は彼を繋ぎ止め、そして彼をその始まりの一端である地であるリベール王国。福音計画へと巻き込まれていくのだった。

閃の軌跡の二次創作でよくあるオリキャラを物語に混ぜたものです。閃の軌跡を二週目プレイしてついやりたくなったものです。多少の独自解釈も混じり、更新もランダムなのでそこを理解して楽しんでみていただければと思います。ヒロインはストーリーを見れば理解いただけるかと。出来る限り努力して書くのでよろしくお願いします。

ある宿敵を倒すため、力を求めた少年がいた。知人の助言で士官学院へと入学したその少年は一人の少女と出逢い、復讐のために封印したはずの過去を少しずつ思い出していく。全ては、六年前の悲劇が始まりだった。

永い夢から醒めた気がして、それでも内容は思い出せない。ロイド・バニングスの目的は三年前から変わっていない、それでも何かが物足りなくて。知っている、知らないはずの仲間たち。知らない、知っているはずの強者たち。クロスベル、特務支援課。そこで捜査官の日々が始まる。身に覚えのない鼓動に耳をすませることもなく、魔都の持つ引力に引き寄せられ翻弄される。

──バケモノ。 名も無き村で育てられ、名前も与えられずそう呼ばれた少年。 七曜暦1194年。 その年、その少年は屍で出来た祭壇で、一人孤独に剣を抱え──涙を流した。 時は経ち、十年後──七曜暦1204年。 近郊都市トリスタにあるトールズ士官学院で、その少年は入学式に参加していた。 緑色の制服を着た平民生徒。白色の制服を着た貴族生徒。 ──そのどれでもない、深紅の制服を着た生徒として。

七曜歴1185年、とある大貴族の家系に一人の男子が生まれた。かの男子は庶出でありながら聡明で、武芸に関しても規格外の才能に恵まれていた。そして、導力器なしで導力魔法が使えるという彼の異質性を、彼の親族は畏れ、化け物と罵り、差別の対象として扱った。だからこそ、彼の母や彼を認めてくれる者たちと共有する時間は、彼にとってかけがえのないものだった。しかし、そのかけがえのない時間すら彼は奪われたのだ。

ユミルの領主に拾われた子供は剣に愛された。その子供は剣を振るうことが己の道だと定め嬉々として剣をとる。そんな子供リィン・シュバルツァーの話。

みんな何だかんだと凄いトールズ士官学院と《Ⅶ組》メンバー。そんな中に普通の子がいたらどう思うのでしょう、頑張ってやってけるのかな…?帝国の片田舎から出てきた特別な能力も血筋もない一人の普通の少女が、Ⅶ組のメンバーと共に士官学院生として青春を歩んでゆく等身大の成長物語です。

誰もが一度は考えるであろう話。初心者が勢いだけで書いてるのでアドバイスとか欲しいです。ヒロインはもちろんフィーさん。

エレボニア帝国皇族の中でも特に露出が少なく知名度も低い一人の皇女が、トールズ士官学院で自分に出来ることは何か、成すべきことはなにかを見つけ、Ⅶ組の仲間とともに成長していく手探りの物語です。※この話は閃の軌跡にオリ主を加えて原作をなぞっていくもので、恋愛要素も含まれます。※大前提として、オリ主は兄であるオリビエからリベールで起きたクーデターや異変の概要を聞いています。

『空の軌跡』の二次創作です。Arcadiaにも同じものがあるとされています。エステル成り代わりモノですので、原作のお日様エステル至上主義の方はブラウザバックしてください。
百合要素は(作者の感覚的には)おまけ程度です。
なお、エステルさんがチート仕様です。まあ、鋼の聖女とかには負けますが。
そういった事情で、原作からは初っ端からずれていくようですが、原作沿いのような気がしないでもない。なにしろ原作のストーリーをなぞらないと、主要キャラが揃わないので。具体的にはボクっ子とか。
気が迷っているのは作者です。邪なものを生むのも作者です。

リィン達Ⅶ組の8月下旬から10月中旬までの日常を描く幕間ストーリーです。
基本一話完結で話は進みますが、話の中で彼らが得た人間関係は、次の話に持ち越す形でストーリーが展開していきます。

完結済み:『虹の軌跡ⅡPrism of 《ARCUS》』に続きます。

『虹の軌跡』の続編となります。

原作を軸にしたオリジナル展開となりますが、登場人物の人間関係は前作から全て引き継いでおります。
今作からお読みになられる方は、前作のおまけ、『人物ノート』に目を通して頂ければ幸いです。

彼はそこに存在しない……大国アメリカに与えられた自由は彼を国境のしがらみに縛られず、どんな困難な任務で有ろうとも確実に遂行する。彼等はそこに存在しないゴースト……世界に蔓延る脅威から祖国を守らんとする亡霊は胸に秘める「何事にも全力を尽くす」を信条として……これは彼の物語である。

これは、とある少女の物語。
本来辿るはずのなかった運命の果てに、少女は闇を裂く一振りの刃となる。

神様に呼ばれて、転生することになった主人公。  大きな決意を胸に秘めた彼は、沢山の努力を重ねて自分を高め、一人でできないことには仲間と共に立ち向かう。  そんな彼の紡ぐ物語── 注:なろうからの転移です。   『英雄伝説 空の軌跡』は知らなくても全然問題ないですけど、《ソードアート・オンライン》にログインするまでに何十話も使います。   誤字脱字やアドバイスなど、気づいたところをちょっとでも書いてくださると、とても助かります。

儚き運命の罪と罰に続く長編シリアス物です。原作はSAO。それに英雄伝説の軌跡シリーズの要素を加えたものです。注:主人公のアバターの名前がどっかの風の剣聖と全く同じですが本人では有りません。見た目が若干似てるのと戦闘スタイルだけです。

二つの超大国に挟まれその緩衝地帯としてのみ存在を許されたクロスベル自治州。 その状況をなんとかしようと挑み続ける者たちの物語。

ゼムリア大陸に存在する帝国『エレボニア』……….その領地のひとつである帝国北部『ユミル地方』……….そこには一人の少年がいた…..少年には守りたい人がいた、だが少年はその人を失ってしまう…..悲しみのあまり少年は他人に深く関わることを恐れるようになってしまった…..それから数年後、少年はとある士官学院に入学することになる、これはその少年が歩む軌跡を見る物語である……….

LUNAR×軌跡シリーズ

英雄伝説 空の軌跡

英雄伝説 空の軌跡【TS】

英雄伝説 軌跡シリーズSS

東方×英雄伝説 空の軌跡

テイルズオブジアビス

ドラゴンボールZクロス

英雄伝説 空の軌跡

英雄伝説 空の軌跡 TS

東方×軌跡シリーズ

https://matome.naver.jp/odai/2134425492454218401
2016年06月03日