iPhoneで上手に写真を撮るコツ

kyotote
パシャッと、手元にある携帯電話で手軽に写真が撮れるようになった今の時代。でも、やっぱり素人っぽい写真しか撮れない。ネットにあるアマチュアの写真はあんなに格好いいのに。そう思っている人に、このまとめは読んでほしいです。少し知識をつけるだけで、すぐにプロみたいな写真が撮れるようになるかも!

手ブレを防ぐには

シャッターボタンは、はなしたときにシャッターが切られるから、押したまま構図を決めて、それからはなすと手ブレが防げます。

ボリュームボタンでシャッターを切るときは、こんな構え方をするのがベスト!

究極の手ブレ防止策

究極の手ブレ防止策は、もちろん三脚を使うことだが、もっと簡単で無料がいいという人は、セルフタイマーを使うべきだ。

OneCamというカメラアプリを作っている人のブログ。
セルフタイマーがどれだけ有用かを力説している。

三分割法とは

iPhoneの標準カメラアプリのオプションにある、グリッド線。
この線はどういう風に使うのだろうか。

グリッド線合わせて被写体を持って来るだけで、写真が見違えるようによくなります。
なんだ、意外と写真って簡単かも?

色々な構図

三分割法以外にも様々な構図があります。
お手軽にいい写真を撮りたい人は三分割法だけ覚えているだけでも大丈夫ですが、
もっと極めたいという人にはこちら。

三角構図、日の丸構図、シンメトリー、対角線構図、黄金比分割、引き算の構図。

フィルター!

iPhoneにはカメラアプリがたくさんあります。
使いやすさや機能がもりだくさんなカメラアプリもいいですが、
写真を楽しみたいなら、フィルターがたくさんあるアプリがいいでしょう。

撮ったものにフィルターをかけるのではなく、リアルタイムにかけながら撮影ができます。
使ってみると、その操作性に驚くこと間違いなし!

撮るアプリじゃなく、撮った写真を加工するアプリです。
といっても、まったく難しい作業ではなく、カメラロールに保存している写真を選んで、矢印マークを動かして、好きな色を選ぶだけ。
たったこれだけで、雰囲気のいい写真になります。
適当にやってもいい写真になりますが、センスがある人ならプロ顔負けの写真がつくれるかも?

暗いところで

iPhoneは明るいところでは綺麗な画質で撮れますが、暗いところでは上手く撮れません。
これはもう、iPhoneのカメラがそういうものだから仕方ありません。
しかし、やっぱりアプリってすごいんですね。
夜でも綺麗に撮れるというアプリがあります。

無料のアプリでここまでできるなんてすごい。
コンポジット撮影も便利なのですが、なによりバルブ撮影があるのがすごい。

バルブ撮影? 露光時間?

iPhoneでバルブ撮影。

バルブ撮影、もしくは露光撮影というのは、シャッター速度を遅くして、多くの光を取り入れて撮影することです。
打ち上げ花火なんかも、バルブ撮影だと綺麗に撮れます。

バルブ撮影だと、このような幻想的な写真が撮れます。

標準カメラアプリじゃ物足りない

標準カメラアプリじゃ、セルフタイマーも連射もないし、なんだか不便。
でも、アプリがたくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからない。

camera+は、カメラアプリの中でもっとも評判のよいアプリです。
たしかに使ってみると、使いやすいしはやい。
このアプリさえあれば、他のカメラアプリはいらないだろう、という出来です。
ただ、有料というのがちょっと……という人は……。

セルフタイマーも連射もある。camera+とほぼ同じような機能を搭載していて、なにより無料!
このアプリを使わない手はない!

世界のカメラマンとつながろう!

世界中の写真好きが投稿しているサービス。
登録者数が多いので、さまざまな写真がみられるし、自分の写真にも反応がつきやすい。
iPhoneのアプリには、撮影モードとフィルターがあるので、簡単に撮影して投稿できるというのも魅力だ。

iPhoneography

携帯のカメラなんて、と一昔前まではそうバカにされていました。
でも、iPhoneや、他のスマートフォンのカメラはバカにできないほど画質がよくなっています。
そして、スマートフォンで手軽に加工ができる。
こんなに手軽に写真を楽しめるなんて、いい時代になりました。
それでも、やっぱり適当に撮っているだけじゃいい写真は撮れない。
でも、少しだけ知識をつけるだけで見違えるほどいい写真が撮れるようになる。
少しでも写真好きが増えるようになってくれたら嬉しいですね。

https://matome.naver.jp/odai/2134414410446136901
2012年08月05日