個人住宅でも楽しめる枯山水【日本庭園】

takemori
心の問題が叫ばれている今日このごろ、枯山水で心を和ませましょう。

枯山水(かれさんすい)とは?

枯山水は水のない庭のことで、池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%AF%E5%B1%B1%E6%B0%B4

室町時代、禅の教えとともに発達したそうです。
白い砂が川に見えたり、海に見えたり、水のないところに水を見せてくれる、心の中に風景を描き出してくれる、不思議な造形です。
埋められた石は、何を表しているのでしょうか。想像すると、心が豊かになる気がします。

小ぢんまりとした枯山水

敷地が少し余っていれば、そこに枯山水。

屋上に枯山水

大きなビルの一部にある枯山水ですが、個人住宅の屋上にも再現できるでしょう。

ベランダに枯山水

雑多になりがちのマンションのベランダに枯山水を作って楽しむのもいいですね。
このように、移動できる枠を作ってその中で楽しむ手もあります。

室内に枯山水

「植栽苔と砂の打ち掃くさまで『枯山水』の庭園を小盆上に表現したもの」とのことです。
アルミで作られた花器です。
花を活けたり、石をおいたりして、楽しめるようです。
様々なバリエーションが作られています。
枯山水を思わせる、テーピングで表現した部屋です。
ジム・ランビーというかたの作品です。
床にテープを貼るくらいなら、出来上がりは別として、自分でもできそうです。

作って楽しむ枯山水

砂紋(しゃもん)をつくり、石などアクセサリーを置いて、自分好みの枯山水を卓上で作ることができるようです。
枯山水をイメージして作ったサラダとのこと。
料理で表現するのも楽しそうですね。
猫用のトイレで枯山水。
お金をかけずに、こういうのもアリですね。
自分の体で表現する枯山水です。
自分が砂に埋まってしまうので、出来上がりを眺められないのが難点です。

生活を楽しむ、関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2134403054239280901
2017年06月07日