【競泳】男子100mバタフライ 松田丈志

seiya1123
松田 丈志(まつだ たけし、1984年6月23日 – )は日本の競泳選手で、所属はコスモス薬品(2010年より)。主な種目は200mバタフライ、400、800、1500メートル自由形。
【競泳】男子100mバタフライ 松田丈志
松田の幼少時の練習環境は決して恵まれたほうではなかった。地方都市出身ということもあり、地元には本格的なスイミングクラブも少なく、松田が通っていた東海(とうみ)スイミングクラブは屋根が『ビニールハウス』でできたつくりのものだった。しかし、元旭化成競泳選手だった久世由美子コーチの指導の下、日本選手権で実力を発揮して代表の座をつかむと、その練習環境に注目が集まるようになり、『ビニールハウス生まれのヒーロー』と称されるようになった。
【競泳】男子100mバタフライ 松田丈志
2003年に中京大学に進学。同時にその関係で、所属クラブを東海SCに移した。延岡学園高等学校卒業までとは一変した恵まれた練習環境で、松田は更に力をつけ、オリンピックや世界選手権の代表として数多くの実績を残した。

北京オリンピックの活躍が認められて宮崎県民栄誉賞と延岡市民栄誉賞を受賞した。
2008年12月26日、ミズノ社は同年12月31日を以てミズノスイムチームとの所属契約満了を発表し、松田選手はミズノを退社。その後レオパレス21と契約した。
2009年12月8日、レオパレス21が「契約を今年限りで満了する」と発表し、契約更新されなかった[4]。そのため2010年から暫定的に東海SC所属という形として、新しい所属先を探していたが、2010年10月17日、延岡市創業で福岡県を拠点とするドラッグストアのコスモス薬品と所属契約を結んだことが発表された[5]。
2010年11月13日、広州アジア大会 200mバタフライにおいて国際大会では自身初となる金メダルを獲得。
2012年7月31日、ロンドンオリンピック 200mバタフライにおいて銅メダルを獲得。

https://matome.naver.jp/odai/2134390378030689201
2013年01月21日