サービスマンから学ぶ、サービスを『受ける』時のマナー

pinky.pinky.jp
あなたをおもてなしするのに全身全霊をかけているサービスマン。彼らのサービスをより満喫するために、受ける側にもマナーがあるのです♪

その0

ホテルマンは自らの努力はもちろん、お客様からも一人のサービスマンとして育てられる
サービスを受けるマナー – 元ホテルマンの独り言 – Yahoo!ブログ

これを意識するだけでも、サービスマンへの接し方がかわってきます♪

その1 基本

最高のサービスをしてもらえるように、最高のお客さまとして気持ちよく接すること。

お店で店員さんに対して「お願いします、ありがとう」を必ず言うこと。

そのお店の”ウリ”が何なのかちゃんと知っておくこと、または店員さんに聞くこと。

知らないことは知ったかぶりせず、素直にサラッと店員さんに聞くこと。

その2 応用

クロークにコートを預けるのはなぜなのか?

外気の汚れを食事する場に持ち込まないため

席で脱いで周りの人に手が当たるなどの迷惑を及ぼさないため

食前酒の効果

胃の働きを活発にする

口にしながらゆっくりとメニューを検討できる…ゆったりとした時間を味わうことも楽しみのひとつ

ワイン

注ぐ上限は、グラスの一番ふくらんだ部分

一番面積の広いところなので、一番香りが立つ

「かんぱーい」とカチンとしない。目線のあたりに軽くかかげるだけに留める。

パン

パンをいただく目的は舌の掃除にある

パンによって口の中を一度きれいにし、前の料理の味が残っていないところで次の料理をいただく

ただし、ビジネスランチなら最初からパンをいただいてもOK

ナプキン

ナプキンで拭いていいのは、口と指だけ

ホストより先に広げるのは失礼にあたる

中座するときは椅子の上に置くのがポピュラー

その3 最後に

ゆったりとした時間を味わうことも食事の楽しみ
サービスマンに学ぶ テーブルマナー教室|ちょいよし み~つけた! 出版を実現する“ちょいよし研究家”のブログ

受ける側も提供する側も気持ちのいいマナーを意識しましょう♪

https://matome.naver.jp/odai/2134259680045414301
2012年07月18日