HTMLタグ 基礎

0wktk

文書情報・構造

・・・・・・・ドキュメントタイプを宣言する
HTML5の宣言
使用例

HTML5で作成しました!

 

・・・・・・・・・・・その文書に関する情報(メタ情報)を指定する。ブラウザや検索ロボットに知らせるためのタグ。必ず~間に記述すること。

制作者やキーワード等の情報をname属性で定義して、 content属性でその値を指定します。

文字コードの指定

その文書の文字コードが「シフトJIS」の場合は「shift_jis」、「EUC」の場合は「EUC-jp」、 「JIS」の場合は「iso-2022-jp」を指定。
文字コードの指定は、内などで日本語が現れる前に行う必要がある。

文書の説明・キーワードの指定

その文書の説明(description)・キーワード(keyword)を指定します。 ここで指定した値は多くの検索エンジンで利用されるので、慎重に言葉を選ぶこと。

検索ロボットの制御

検索ロボットに対して登録されないよう(noindex)、また文書内のリンクをたどらないように(nofollow)指定しています。 この指定はすべての検索ロボットに対して有効ではなく、この情報を参照する紳士的な検索ロボットに対してのみ有効です。

基準スタイルシート言語と基準スクリプト言語の指定

その文書のデフォルトのスタイルシート言語とスクリプト言語を指定します。 タグに直接style属性でスタイルシートを指定する場合などに、ここで指定した言語であると解釈されます。 多くの場合これらの指定をしなくてもブラウザが自動的に判断しますが、誤動作を避けるためにも記述しておく方がベター。

別ページへの自動ジャンプと画読み込み

5秒後にaaa.htmに自動的にジャンプします。 またジャンプ先urlを指定しない場合には、その文書を再読み込みします。 古いブラウザではこの機能に対応していない場合があります。(IE3.0/NN2.0よりサポート)

自動的に移動しない場合はこちらをクリック願います。

別のURLに転送

キャッシュの制御と有効期限の指定

文書がブラウザにキャッシュされないようにします。 また、文書のキャッシュが消去される時刻を指定します。
※GMTとは「グリニッジ標準時」を表し、YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD の書式とは異なります。 上の例ではグリニッジ標準時2002年8月31日17時35分42秒にキャッシュが消えるよう指定しています。

文書の作者を表記

その文書の作者(author)を表記します。

文書を作成したエディタを表記

その文書を作成したエディタを表記します。

・・・・・・・・・・・HTML文書であることを宣言する・・・・・・・・・・・文書のヘッダ情報を表す
・・・・・・・・・・・その文書に関する情報(メタ情報)を指定する