海外カルチャーサイトが選ぶ「酷すぎるジャケット」

maoru
カルチャー系サイトThe FWが選んだ「Worst Album Covers」
Gerhard Polt/Leberkas Hawaii
どこから何をつっこめばいいのかわからない
Boned/Up at the Crack
ドーン!
The Frivolous/Sour Cream and Other Delights
着エロとかでよくあるやつ
The Beatles/Yesterday and Today
笑わないでよ!怖いよ!
Millie Jackson/Back to the S__t
あっ…すいません
Tino/Por Primera Vez
光GENJI?
John Bult/Julie’s Sixteenth Birthday
すっごい嫌そう
Orleans/Waking and Dreaming
ホモォ…┌(┌ ^o^)┐
Wally Whyton/It’s Me, Mum!
はい!それ僕です!
Freddie Gage/All My Friends Are Dead
All My Friends Are Dead…
なにあったの?
Paddy Roberts /Songs for Gay Dogs
GayはたぶんHappyって意味なんでしょうが
Ariel Pink’s Haunted Graffiti/Round and Round
レベル99ケモナー
Rhymester/Manifesto
ここでライムスター
他のサイトでは2010年に発売された音楽アルバムの中で世界一ダサイと判定された
Eulenspygel/2
すまん…!
Nelson/Because They Can
セレブ姉妹
Manowar/Anthology
知らないけど都会にはこういうお店あるんでしょ?
Knorkator/Hasenchartbreaker
なにびっくりしてんだよ
Kjell Kraghe/Vind I Seglen
なんで水平線から?
Eilert Pilarm/Eilerts Jul (Eilert’s Christmas)
小学生のころ友達のお父さんがこういうことやってくれた気がする
Roger/The Many Facets of Roger
笑顔の練習やるよね…
Francisco Y Fernando/Vamos a la Playa
おい…水着ギャルどころか人が一人もいねえぞ…
Jeff Beck/Emotion and Commotion
伝説のギタリストでもダサイものはダサイ
Jim Post/I Love My Life
思ったよりショボイ滝だった
William Hung/Hung for the Holidays
え?今日のクリスマスパーティーお前以外来てないの?
https://matome.naver.jp/odai/2134063392114186301
2012年06月26日