マイクロソフトがWindowsタブレット端末「Surface」を発表

itokoichi
マイクロソフトがWindowsタブレット端末「Surface」を発表しました。

ロサンゼルスで開催中の発表イベントで、マイクロソフトが独自のWindows 8 / Windows RTタブレット Surface を発表しました。

Surface はARMベースの for Windows RTと、インテルCore プロセッサの for Windows 8 Proモデルが用意されます。Surface for Windows RT の主な仕様は:

10.6型 ClearType HDディスプレイ、NVIDIA製 ARMプロセッサ、32GB または 64GB ストレージ、microSDスロット、USB 2.0ポート、HDMI出力。デュアル 2×2 MIMO WiFiアンテナ。

厚さ9.3mm、重さ約1.5ポンド(676g)。背面には厚さ0.7mmの展開式スタンド。

厚さ3mmのTouch Cover は、磁石で側面に貼りつくヒンジ付き画面カバー兼、マルチタッチのフルキーボード + タッチパッドとして機能する。

またストローク 1.5mmの実キーボードつきカバー Type Cover も用意。

Surfaceの外観上の特徴は、タブレット端末にノートPCの要素を取り込んだようなユニークな形状にある。ボディは「VaporMg」(ベーパーマグ/マグネシウム蒸着)を用いた造形で、非常に薄い。最薄のモデルでは厚さ9.3ミリを実現した。また背面には折りたたみ式のスタンド「Kickstand」を搭載しており、使用時にはSurfaceをほどよい角度で立てかけられる。ディスプレイは10.6型でアスペクト比16:9のパネルを搭載。HD(1280×960ドット)以上の解像度になるという。

Microsoftは、この新しいタブレットを実際に自ら製造しているわけでない。同社が「Xbox」や開発の終了した「Zune」メディアプレーヤーを実際に「製造」しているわけではないのと同じだ。しかし、同社はこの新しいARMベースのタブレットにMicrosoftの名前を記す予定である。そして、大方の予想どおり、このタブレットによって、Microsoftは同社のPCメーカーパートナーの直接的なライバルになるだろう。

新タブレットは「Surface」というブランド名が付けられている。Surfaceタブレットは、Windows RTベースのモデルと「Windows 8」のモデルの2種類が用意される。

マイクロソフトから最新鋭タブレット「Surface」が発表されました。Windows 8&Windows RT(Windows 8の仲間で主にタブレット用)のMetro UIをスムース&スマート&スピーディに使える、OSを作っているマイクロソフト自らが考えたWindows系タブレットの理想型のようです。

満を持して登場したWindowsタブレット。Microsoftも同タブレットには力を入れているようで、ハードウェアが今までのWindowsマシンにありがちな”有り合わせ”ではなく、OSを含め完全に1から設計したものであることなどがアピールされています。

Androidタブレットはいまいち総合的な動作感がiPadに追いつかず、タブレット市場はiOS一色となっていましたが、Windowsタブレットが今後市場にどのような変化をもたらすのか期待したいところです。

https://matome.naver.jp/odai/2134007160171846801
2012年06月19日