絶対に寝坊しない方法

nonkichi221

https://matome.naver.jp/odai/2133957537614872501/2133957677215065903

つい寝坊をしてしまう人

では、なぜ人間は寝坊をしてしまうのでしょうか。「仕事の疲れがたまっていた」「遊びで夜更かしした」という睡眠不足は寝坊の原因ナンバーワン。これは生活習慣を見直さなくてはいけません。さらに、眠気を妨げる過剰な昼寝やコーヒーの飲みすぎ、というような習慣も寝坊の原因に。また徹夜や休暇中の寝坊が癖になってしまうこともあります。

寝坊の原因は、生活習慣だけではありません。過剰なストレスにより、ベッドに入っても眠れず夜中に何度も目が覚めてしまい、朝方ウトウトして寝坊をしてしまうことに。また、学校や会社での人間関係がストレスとなり、心身が起きることを拒絶して寝坊をすることもあります。こうなると寝坊の根は深く、簡単に解決することは不可能です。

人間は2種類に分けられる。朝、決めた時間に起きられる人と、起きられない人だ。

多くの人が寝坊の原因は二度寝にあると考えているのがわかる。二度寝を防ぐには、いかにスッキリと目覚められるかがカギ。

1.目覚ましを「起き上がらないと止められない場所」に配置

2.目覚ましの近くに「水を入れたペットボトル」を配置

3.朝起きたら目覚ましを止め、ペットボトルの水を飲む

4.あらビックリ!目が冴え渡ります。

目覚ましが鳴ったら、頑張って起き上がって、目覚ましを止めてください。

その直後、目の前にある前日仕込んだペットボトルを開け、半分くらい飲んじゃってください。

酸欠気味の寝起きの身体に、ビックリするぐらい浸透していくのが体感できると思います。


https://matome.naver.jp/odai/2133957537614872501/2133957725415132703

目覚まし時計方法の3段活用

①まずは、枕の近くに携帯電話を置きます。しっかりとスヌーズなどをして一回で切れないようにします。
②次は足元に目覚まし時計を設置します。足元に置くことで止める時に体を起こす必要があるので効果があります。

③最後の1台は、歩かなくては行けない風呂場の近くに置きます。
これにより、起きたら必然的にお風呂場まで行くのでそのままシャワーを浴びれば目がバッチリさめます。

カーテンを閉めない

日が明るくなってから起きる人に有効な方法ですが、カーテンを閉めないと部屋に太陽の光が入ってくるので、眩しくておきます。

何時に起きたいと考える

これは結構重要で、寝る前に何時に起きたいと思うことで脳が勝手に何時に起きたいと覚えているので起きられると言うことです。

寝る前に食べない

寝ている時に胃を動かさなくて良くなるので、体が体の回復に集中するので、深く眠れます。
それにより、朝すっきりと起きられますし、睡眠時間も短くてよくなります。

ポイントは、二度寝防止と朝型生活の習慣づけ。さっそく今夜からお試しあれ!

目覚まし“一発”で起床するために心がけること

眠りが浅くなる寝酒は控え、日ごろからメリハリのある生活を心がけています。とくに、朝食を毎日しっかり食べることは大切。体に毎日その時間に活動を開始させる習慣をつけさせるんです

やはりお風呂ではちゃんと湯船に浸かった方がいいですね。ぐっすり眠れるし、寝起きの快適さが全然違う気がします」と語る。実際、入浴による交感神経の切り替えが安眠に効くことは、よく知られた事実だ。

https://matome.naver.jp/odai/2133957537614872501
2012年06月13日