Googleだけじゃなかったの?独自アルゴリズムの検索エンジン集

明太子味
検索エンジンと言えばGoogleの独り勝ちみたいな雰囲気ですが、他にも独自アルゴリズムを乗せた検索エンジンはあるわけで。そんな独自アルゴリズムを乗せた検索エンジンを紹介してみます。

Google

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

1996 年、スタンフォード大学の大学院生だったラリー ペイジとサーゲイ ブリンが開発した検索エンジン「BackRub(バックラブ)」は、1 つ 1 つのウェブページの重要度をリンクに基づいて判断するというものでした。その成果を事業化して 1998 年に創業した企業が、現在の Google のルーツです。

設立以来、Google は急速な成長を遂げてきました。最初は 1 つの言語の検索だけを手がけていましたが、今では、各種の広告やウェブ アプリケーションを含む多数のサービスを、膨大な数の言語で提供するまでになりました。コンピュータ サイエンス専攻の学生 2 人が大学の寮の 1 部屋で始めた取り組みが、膨大な数の社員が世界各地のオフィスで展開する事業へと拡大したのです。
会社情報

NAVER

人と情報との間に『検索』という行為が登場したはるか昔から今日に至るまで、コンピュータなど多くの検索手段の革新が行われ、私たちは多くの「利便性」を手にしてきました。

私たちに、インターネットで検索することを教えてくれたディレクトリ検索や現在時点で最高のサービスを提供しているキーワード検索もその1つです。

その一方で、インターネットの世界に限らず、世の中の技術革新、サービス革新、社会環境の急速な変化が日々、起こっているにもかかわらず、ユーザーの「検索」行動については、ここ数年大きな変化がありません。

このような状況のなかで、私たちNAVERは、自分たち自身に問いかけ続けました。

“これまでの「検索」は、ユーザーの『知りたい』という想いに本当に応えきれているのか?“と。

人間の『知りたい』という想いは本来、多種多様なものであって、必ずしも単純に1つの回答で満たされるものではない、私たちはそう考えます。
メッセージ – NAVERについて

Ask.com

1996年、Garrett GruenerとDavid WarthenによってAsk Jeeves, Incとして設立され、1997年に、Teomaと呼ばれるエンジンを使用して検索エンジンサービスを開始した。 Ask Jeeves(当時)のシステムを構築しているソフトウェアの設計は、Gary Chevskyが担当した。
2000年9月にAsk Jeevesの日本法人、アスク ジーブス ジャパン株式会社(当時)がトランスコスモスと共同で設立され、企業向けの検索サービス(ジーブスソリューション)の提供を開始した。
2005年3月21日、Ask Jeeves, Incは、アメリカのインターネット複合企業であるIAC/InterActiveCorpに株式交換で買収される契約に合意した。買収費用は18億5000万ドルであると発表された。2005年7月に買収完了。そして2006年3月、Ask Jeeves, IncはIAC Search & Mediaに社名変更し、それに伴いAsk JeevesもAsk.comに名称変更した。
Ask.com – Wikipedia

Mooter

Mooter の概暦
2001年 Mooter は創業者のリーゼル ケイパー(Liesl Capper)により、オーストラリアの大学の小さな研究室から 生まれました。人が何かを知りたいときにその本質を理解すること、Mooter はそこから始めました。 Mooter は、ユーザーが検索結果を予測して検索するのではなく、ソフトウェアがユーザーを予測するという概念に基づき開発されて きた Mooter は、世界から評価を得るまでに至っています。
Mooter 会社情報

Bing

ウェブページの検索を行うことができる。結果画面は三列構成で表示され、幅の狭い左側の列には関連キーワードなど、幅の狭い右側の列には広告が表示される。幅の広い中央の列には上から、キーワードが固有名詞であれば特に関連性の強いサイト、キーワードに対する検索結果、関連キーワードの順に並び、これらを挟む形で広告が数件表示される。一部の検索結果をマウスオーバーすると右側に矢印が表示され、その矢印付近にカーソルを移動させると、そのページの要約が表示される。
検索結果には、画像検索、動画検索、ニュース検索からの結果も一部表示される。
Bing – Wikipedia

百度

2006年下期頃から、Baiduのクローラ「Baiduspider」による日本のサイトへの過度なクローリング行為が目立つようになり、大手電子掲示板を始めとしたサイトで利用者がアクセス困難になる事態が発生し、Baiduのクローラからのアクセスをブロックする動きがみられるようになった。
これについて、Baiduは2007年3月、日本の各ウェブサイトにたいしてBaiduspiderが過剰な負荷をかけたことを謝罪するとともに、クローリングの頻度管理を統一するなどの対処策を発表した[3]。また同年5月には負荷の少ない新型クローラである「BaiduChecker」を導入し、ウェブサイトに与える負荷を平均数百バイト程度に抑えられるようになったと表明している[4]。2009年7月現在 BaiduImagespider、BaiduMobaider、が別途クロールしており、特にBaiduMobaiderはRobot.txtを無視してクロールしている。
百度 – Wikipedia

Yippy

https://matome.naver.jp/odai/2133924531260914701
2012年06月14日