無理してやる気を出さなくても大丈夫!とりあえず動きだせる【環境】にするポイント

DAVE
やらなくちゃいけない事があっても、何をどうやってもやる気が出ない時もありますよね。そんな中でも、とりあえず動き出せるようになるための心構え、環境づくりをまとめてみました。

■初めに

やる気というのは無理に出さないでいいので、
作業が出来るように、まずは環境を整えましょう。

【学校にやる気無くてもいってたと思います。】

環境が整えば、やる気が無くても作業できます。

こんな通学路だったら行きたくなりますけどね~w
まぁ桜がなくても学校いってましたよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■各種方法

目線を動かさないようにする → 余分なものをなくし、作業スペースをシンプルに片付ける

集中力や作業力の減退は、
「目線の運動量」できまります。

まずは必要な物を一カ所にあつめて、
うっかり注目しそうなものは、遠ざけましょう。
(twitterや近くのマンガ、TVなど)

これが第一歩です。

———————————————————————————————

時間を決めてやる

50分間、まずは仕事しましょう。
この時点でやる気無ければ10分休憩。

やる気があれば、
休憩をせずにできるだけ作業進めます。

予定通りきっちり休むと、効率が落ちたりします。

※個人的には50分が無理だったら 5分 ~ 10分の作業でもいいと思います。

———————————————————————————————

重要度を無視して、やれる作業、手っ取り早く完了できそうな作業を優先する

作業のタスクリストを
優先度虫でガンガン削るうちに、
精神負荷も減って重い作業する気になります。

割と優先度重視原則に沿いすぎて、
かえって作業力を減らす時が多いのです。

←の表だと①をさっさと片付けるとか。

———————————————————————————————

満足したら、時間が短くてもやめる

満足だと思ったら、
一日の作業が20分でも、やめる。
満足しなかったら、やりたいだけやる。

そうやって次々に新しい事を
手につけている方が飽きが来ず、
自然に作業できるようになるかと思われます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最後に 個人的3ポイントまとめ

1.長い作業の場合も、5~10分で出来る項目に分解しておく

この記事なら

・ネタをネットで集める
・引用する部分を考える
・全体の見直しをする

とかに項目を分けておく、みたいな。

———————————————————————————————

2:小さい5分くらいの作業をすぐ始められる段取りをつけておく

またまたこの記事なら、
・NAVERまとめを書くときにブックマークを押しやすい位置においておく
・机の上はマウスとキーボード以外なるべく置かない、など。

———————————————————————————————

3.作業が終わる・疲れる・飽きたら別のものに手を付ける

元々人間の脳は飽きやすいとのこと。
1:の分解した作業をループさせるイメージで行なっていると、
意外と膨大な量をこなしていることがあります。

しかしピーコのタイトルすげぇなーw

▼その他おすすめライフハック系まとめ

▼引用元サイト

https://matome.naver.jp/odai/2133919894954795201
2012年10月15日